ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「急成長」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「急成長」に関する情報が集まったページです。

業務を効率化するITツールの最新事情:
イスラエル発の急成長企業、WalkMeが提唱する「DAP」とは?
従業員のアプリケーション操作におけるストレスを解決するDAPは生産性向上の特効薬になるか。(2020/1/28)

経営統合の真意を聞く:
エードット×BIRDMAN デジタルクリエイティブ界の強力タッグが目指す「広告のいらない世界」
プロデュースカンパニーとして急成長中のエードットが総合クリエイティブプロダクションであるBIRDMANを子会社化した。両社が描く未来の広告とクリエイティブの在り方について聞いた。(2020/1/24)

競争が激化:
Uber Eatsに負けないために老舗の出前館はどのようなサイト改修を行っているのか
食品宅配市場が急成長している。Uber Eatsの上陸で出前館は危機感を強めている。認知・集客のカギであるサイト改修をどのようにしているのか。(2020/1/23)

PR:業務アプリ市場を席巻する「Dynamics 365」の可能性 急成長するソースリンクはいかにして課題を解決したか
デジタルトランスフォーメーション(DX)に伴う課題をDynamics 365で解決し、さらに自社サービスの開発まで行っているソースリンク。代表の渡邊社長に話を伺った。(2020/1/30)

「ケンタ」「ワークマン」に続け! 2020年の急成長企業
2019年に業績絶好調だったのが、外食では「ケンタッキーフライドチキン」、アパレルでは作業着大手の「ワークマン」だ。それでは20年に急成長が期待できるのはどこだろうか。(2020/1/11)

「AR」の理想と現実【前編】
「AR」の主戦場はスマートフォンからHMDへ その前提条件とは?
「AR」(拡張現実)技術はまだ成熟途上段階だが、間もなく急成長を迎えそうだと専門家は予測している。AR技術はどう進化し、どう普及するのか。(2020/1/6)

徹底したデータ分析と社員教育でリピーターは驚異の「9割」 人生変えるストレッチ
急成長を遂げているストレッチ専門店。“イタ気持ちいい”施術の裏には、徹底したデータ分析と社員教育があり、なんとリピーター9割という驚異的な数字に結びついている。(2019/12/25)

農業のスマート化で初心者でも特等米 ITとロボット導入から1年で急成長
日本の農業は高齢化や労働力不足など課題を抱えているが、ICT機器とロボットの導入により作業をスマート化。1年で作物の品質を上げる例もあり、農業の発展に期待が高まる。(2019/12/24)

日本経済を揺るがしかねない「アマゾン・エフェクト」の脅威
米インターネット通販大手アマゾン・コムの急成長で、既存の小売店が閉鎖・倒産に追い込まれる「アマゾン・エフェクト」が日本にも及び始めた。(2019/12/23)

日本経済を揺るがしかねない「アマゾン・エフェクト」の脅威
米インターネット通販大手アマゾン・コムの急成長で、既存の小売店が閉鎖・倒産に追い込まれる「アマゾン・エフェクト(効果)」が日本にも及び始めた。百貨店や総合スーパーが苦境に立たされているだけでなく、ネット通販の普及で価格競争が激しくなって物価が伸び悩み、デフレ脱却を阻む要因の一つにもなっているという。(2019/12/22)

急成長の方程式:
「グロースハック」の神髄とは? Dropboxとメルカリの場合
元祖グロースハック企業Dropboxと、わずか数年で世界有数のフリマアプリに成長したメルカリ。急成長のドライバーとなったグロースハックのノウハウが明かされた。(2019/12/16)

「TikTok Ads Annual Marketing Event 2019」レポート:
「TikTok Ads」2019年の振り返りと2020年の展望
もう「踊ってみた」動画だけではない。急成長する広告配信プラットフォーム「TikTok Ads」の現状とこれからについて、「TikTok Ads Annual Marketing Event 2019」で明らかになった内容をまとめた。(2019/12/8)

売り上げは9年でおよそ100倍:
人生100年時代の到来 「30年ぶり現場復帰」の美容師が活躍する急成長美容院
美容院業界の課題「休眠美容師」。うまく活用して売り上げを伸ばし続けている美容院がある。研修制度や現場の効率化を果たし、働いている美容師の半数以上が休眠美容師だ。中には30年ぶりに現場復帰した美容師もいる。(2019/11/29)

キーワードは「メンテナンス」:
口コミ・チラシで集客する「おしゃれ過ぎない」美容院 驚きの立地戦略で売り上げ爆増中
白髪染めなどをメインに手掛けて急成長を遂げているチョキペタ。2011年に営業を開始し、9年間で売り上げはおよそ100倍。カラーリングやシンプルなカットなど、主に40代以上以上の女性を中心に支持を広げている。売り上げ爆増の背景にある驚きの立地戦略とは?(2019/11/28)

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る(12):
低迷続くアパレル業界で急成長 売上高の拡大にこだわり「粉飾決算」に手を染めたレディースニット卸に学ぶ
成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。(2019/11/23)

ソフト企業が7割弱を占める:
北米で最も成長著しい企業は? Deloitteが発表
Deloitteは、北米の急成長企業について年間ランキングを発表した。成長が著しいのはソフトウェアだった。ランク入りした500社のうち非上場企業をみると、その48%は、自社をSaaS企業またはエンタープライズソフトウェア企業と認識しており、12%はFinTech企業と認識していた。(2019/11/15)

今日のリサーチ:
急成長のチャットbot市場、2018年度の売上金額は前年度比倍増――ITR調べ
日本国内のベンダー29社への調査を基にしたチャットbot市場の実績と予測です。(2019/11/13)

インフィニオン テクノロジーズ ジャパン IPC事業本部長 針田靖久氏:
逆風でも堅調、カスタマイズ強化し日本で急成長続ける
省エネ化/低炭素社会のキーデバイスとして、近年注目を集めるパワー半導体。次世代素材の開発など競争が激化する中、主要メーカーはいかに戦っていくのか。今回は、パワー半導体を主力とし世界トップクラスのシェアを誇る独Infineon Technologiesの日本法人インフィニオン テクノロジーズ ジャパンにおいて産業機器分野などを中心に事業を統括するインダストリアルパワーコントロール(IPC)事業本部の本部長、針田靖久氏に話を聞いた。(2019/11/12)

マネーフォワード、「ボクシル」運営元を約20億円で買収 SaaSマーケティングに参入
マネーフォワードがスマートキャンプを19億9800万円で買収。スマートキャンプはSaaS情報の比較・検索サイト「BOXIL」を運営している。国内SaaS市場の急成長を踏まえ、SaaSマーケティング事業に参入して収益基盤を強化する狙い。(2019/11/11)

浜田寿人の肖像【後編】:
「WAGYUMAFIA」 代表・浜田寿人が語る快進撃の秘密 「2万円の高級カツサンド」をいかにして“世界一”にしたのか
“和牛輸出王”浜田寿人がたどってきた道のりから、最高級の和牛ブランドを世界に広めているWAGYUMAFIAのビジネスモデルに迫る――。設立からわずか3年で急成長を続けるWAGYUMAFIAは、国内では堀江の事業というイメージが強いかもしれない。だが、実質的にトータルプロデュースと海外戦略を担当しているのは浜田だ。後編ではWAGYUMAFIAの快進撃の秘密に迫る。(2020/1/10)

浜田寿人の肖像【中編】:
「WAGYUMAFIA」 代表・浜田寿人が明かす“挫折からの復活劇”――そして「世界一」への果てしない挑戦
“和牛輸出王”浜田寿人がたどってきた道のりから、最高級の和牛ブランドを世界に広めているWAGYUMAFIAのビジネスモデルに迫る――。設立からわずか3年で急成長を続けるWAGYUMAFIAは、国内では堀江の事業というイメージが強いかもしれない。だが、実質的にトータルプロデュースと海外戦略を担当しているのは浜田だ。中編では共同設立者の“ホリエモン”こと堀江貴文との再会と、WAGYUMAFIAのブランディングの秘密に迫る。(2020/1/9)

浜田寿人の肖像【前編】:
ホリエモンプロデュースの「WAGYUMAFIA」 代表・浜田寿人が語る急成長の舞台裏――知られざる挫折、転落、苦悩
“和牛輸出王”浜田寿人の生き様を通して、最高級の和牛ブランドを世界に広めているWAGYUMAFIAのビジネスモデルに迫る――。設立からわずか3年で急成長を続けるWAGYUMAFIAは、国内では堀江の事業というイメージが強いかもしれない。だが、実質的にトータルプロデュースと海外戦略を担当しているのは浜田だ。前編ではWAGYUMAFIAの現状と、ソニー本社に最年少で入社後、映画会社を立ち上げるなど若くして起業家として活躍してきた浜田の“挫折”について聞いた。(2020/1/8)

国内WAF運用監視サービス市場、2019年も対前年15.7%増と堅調の見込み 2023年には145億円規模へ――ITR予測
ITRによると、2018年度のWAF運用監視サービス市場は、前年度比18.2%増で急成長した。今後も、クラウド型のWAF運用監視サービスを中心に市場の伸びが見込まれ、2019年度も同15.7%増と堅調を維持する予測だ。(2019/10/25)

ヤフーはスパコン導入:
Amazonが偽造品対策のプログラム開始 楽天やヤフー、メルカリの取り組みは?
右肩上がりで成長を続けるEC業界。B2CのECは直近2018年におよそ18兆円の市場規模を誇る。前年比で8.96%の成長だ。物販分野に限ってみると9兆2992億円で、前年から7.45%の成長をしている。また、フリマアプリなどを含むC2CのECでは、6392億円で前年比32.2%と急成長。そんな中で、偽造品対策を各社はどう行っているのか(2019/10/18)

新製品を世界に先駆け投入:
伊のエピ装置企業、SiC市場狙い日本市場に本格参入
イタリアのパワー半導体向けエピ成膜装置の専業メーカー「LPE」が、SiC(炭化ケイ素)パワー半導体市場の急成長を追い風に日本市場に本格参入をする。同社は2019年10月2日、SiCエピ成膜装置の新製品「PE106A」を世界に先駆け日本で販売開始。東京都内で開催した記者会見で、日本市場に向けた事業戦略などを説明した。同社CEOのFranco Preti氏は、「まずは、全体の売上における日本市場のシェアを現在の5%未満の状態から、5年以内に20%程度にまで上げていきたい」と語った。(2019/10/15)

錦戸亮、Twitter勉強中の姿が「かわいすぎる」と話題に 赤西仁&岡崎体育にレクチャーを受けて急成長を遂げる
ずっと見守っていたい。(2019/10/13)

ヒカキンさんらユーチューバー支援で急成長 「広告代理店」UUUMとは
人気ユーチューバーら多数のクリエイターを支援するビジネスを展開する創業7年目の新興企業「UUUM(ウーム)」が急成長している。ウームのビジネスモデルはクリエイターをメディアに見立てた「広告代理店」。令和元年5月期の売上高は前期比1.7倍で、ウーム専属の著名クリエイターたちはテレビ番組やCMにも進出して存在感を発揮している(2019/9/25)

ヒカキンさんらYouTuber支援で急成長 「広告代理店」UUUMとは
人気YouTuberら多数のクリエイターを支援するビジネスを展開する創業7年目の新興企業「UUUM」が急成長している。ビジネスモデルはクリエイターをメディアに見立てた「広告代理店」。今年5月期の売上高は前期比1.7倍で、専属の著名クリエイターたちはテレビ番組やCMにも進出して存在感を発揮している。(2019/9/25)

5Gネットワークインフラ市場は年平均73.7%で成長、2023年に4000億円規模へ――IDC予測
IDC Japanによると、国内の5Gネットワークインフラストラクチャ市場は、「5G SA」の本格運用が始まる2021年以降に急成長し、2023年には3999億8900万円に達する見通しだという。(2019/8/28)

「BigbeatLIVE 2019」レポート:
真に「顧客の未来」を描く――事業創造、事業転換、急成長、それぞれの局面におけるマーケターの役割とは
空の松村大貴氏、IKEUCHI ORGANIC牟田口 武志氏、Sansanの松尾佳亮氏、そしてパラレルマーケター小島英揮氏が語るこれからのマーケター像。(2019/8/15)

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る(6):
トラックレンタル業界の“異端児”が繰り広げた「違法すれすれの錬金術」――見せかけの急成長が招いた倒産事件
成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。(2019/8/15)

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る(4):
太陽光ベンチャーを倒産に追い込んだ“制度の壁”――急成長企業の未熟さも足かせに
成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。(2019/8/13)

プロモーションや送客は「部分」にすぎない:
freee×ラクスル 急成長スタートアップにおけるCMOの役割とは?
「Adobe Symposium 2019」にfreeeとラクスルのCMOが登壇。成長企業におけるCMOの役割をテーマに議論を展開した。(2019/8/8)

先行事例にみる「SD-WAN」の導入成果【中編】
急成長のバイオテクノロジー企業が「SD-WAN」を必要とした理由
M&A(統合・買収)や海外進出を進める企業にとって、「SD-WAN」がネットワーク構築に役立つ可能性がある。大規模な事業拡大を進めるバイオテクノロジー企業BioIVTがSD-WANを導入した事例を紹介する。(2019/8/1)

成熟市場でどう戦っているのか:
D2Cで大手に勝つ コスメ業界の急成長スタートアップ3社のキーパーソンが語る
「PHOEBE BEAUTY UP」「BULK HOMME」「MEDULLA」。3つの急成長D2Cコスメブランドそれぞれの戦略とは。(2019/7/26)

充電インフラなどの課題もあるが:
EV市場の“有望株”は東南アジア、急成長への期待
ASEAN諸国は、今後5年の間に、最も成熟した電気自動車(EV)市場の一つになるとみられている。必要とされる技術のほとんどが、既に現地にあるか、または今後実現される見込みだということに加えて、電気自動車への切り替えに対する消費者たちの意欲も大きいなど、あらゆる状況が良い方向に向かっているためだ。(2019/7/23)

MVNOに聞く:
勢いを加速させるUQ mobile、分離プランの影響は? 菅隆志新社長に聞く
MVNO市場全体の停滞感が顕著になる一方で、auのサブブランドに位置付けられたUQ mobileが、急成長を遂げている。そのUQ mobileを運営するUQコミュニケーションズに、菅隆志氏が就任した。同氏に社長就任の意気込みや、今後の戦略を聞いた。(2019/7/17)

世界のAR/VR市場、年率78.3%の急成長で2023年に16兆円超えへ 日本は健闘も市場開拓に課題――IDC予測
IDCは、世界AR/VR関連市場は、2023年に1606.5億ドル規模に達すると予測。ビジネス/公共分野での活用が市場をけん引すると見ている。一方、国内は2023年に約34億ドルと予測するも伸びは鈍く、新たな市場開拓が求められると指摘する。(2019/6/28)

電気もガスも止められて:
全財産1200円まで落ちぶれた実業家の軌跡――京町家の分散型ホテルビジネスを成功に導いた原動力とは?
京町家での分散型ホテルという宿泊ビジネスを確立し、急成長を続けているベンチャー企業がある。京都に進出してわずか2年で、約50棟の京町家・一棟貸しの宿を市内で運営するトマルバ。その創業者、山田さんに話を聞いた。(2019/6/20)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「どさん子ラーメン」は今…… 急成長から衰退までの経緯と復活のシナリオに迫る
札幌みそラーメンの“伝道師”として急成長した「どさん子ラーメン」。かつては1000店以上を展開していたが、マネされるのも早かった。“衰退”したと思われている一方で、復活に向けた動きもある。(2019/5/28)

漫画ファン、どう増やす?――急成長の漫画アプリ「ピッコマ」が考える“紙とアプリの共存”
急成長する漫画アプリ「ピッコマ」。漫画ファンを増やすために「デジタルとアナログの融合」を意識して業界を活性化させるという。(2019/5/24)

今後伸びるのはAzureかGCPか
AWSの独走状態に陰り? クラウドトップ3に変化の兆し
パブリッククラウド市場におけるAWSの地位は盤石に見えるが、AzureとGCPがAWSに追い付きつつあるようだ。今後急成長が予想されるのはどのサービスなのか。(2019/5/9)

パフォーマンス向上を望む声も:
国内HCI市場が急成長、利用率は20%超――IDC Japanが調査
IDC Japanの調査によると、国内のハイパーコンバージドインフラストラクチャの利用率が20%を超えた。導入企業は処理性能に加えて、運用管理やデータ保護の効率化を重視していた。(2019/5/7)

スマスピの世界での設置台数、2019年中に2億790万台に──Canalys予測
スマートスピーカーの世界での設置台数は、2019年には前年比82%増の2億790万台になるとCanalysが予測した。国別では米国がリードしているが、中国が急成長中。日本は5位だ。(2019/4/16)

IBM、Cloudera、Domino Data Lab、Oracle以外にも
人工知能(AI)で急成長のデータサイエンスツール、商用とオープンソースの違いは?
商用製品からオープンソースまで、人工知能(AI)を使ったデータサイエンスツールの選択肢が広がっている。うまく利用すれば、データアクセスや分析モデル作成、データ管理の共同作業が簡便になるだろう。(2019/4/15)

SuiteWorld 2019 Report:
社員30人で年商10億を達成 骨伝導技術で世界に挑むベンチャー、BoCoを支える「クラウドERP」とは
ネバダ州ラスベガスで開催されているNetSuiteの年次ユーザーカンファレンス、「SuiteWorld 2019」には、急成長中の顧客新興企業が世界中から参加している。その1社として、独自の骨伝導技術を武器にグローバル市場に挑むBoCoの謝端明社長に話を聞いた。(2019/4/5)

2019年は転換期になる:
PR:5年で売上⾼3倍を⾒込むVicor、新世代のスイッチングエンジンと48V電力変換市場の急成長で
Vicor(バイコー)は、自動車市場への本格参入、新世代のスイッチングエンジンの採用、タブレットタイプの48V対応AC-DCコンバータの投入、プロセッサの近傍に配置できる48V電源ソリューションの開発など、独自の技術を生かした製品を次々に打ち出している。今後5年間で売上高3倍を見込む。(2019/4/1)

F5、急成長のWebサーバ「NGINX」開発元を買収
F5 Networksが、軽量・高速なオープンソースのWebサーバ「NGINX」を提供しているNGINXを6億7000万ドルで買収すると発表。(2019/3/12)

PR:新人営業が配属2カ月で急成長 その秘密は「動画活用」にあった
(2019/3/12)

丸亀製麺で有名:
焼き鳥からうどんへ“華麗”にシフト トリドールが戦略転換できたワケ
セルフうどん店の「丸亀製麺」で急成長したトリドールHD。実はもともと焼き鳥チェーンを経営していた。どうして畑違いともいえる別業態でも成功できたのか。(2019/3/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。