ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「内部告発」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「内部告発」に関する情報が集まったページです。

世界を読み解くニュース・サロン:
「KADOKAWA」「ニコ動」へのサイバー攻撃、犯人と交渉中の暴露報道は“正しい”ことなのか
KADOKAWAグループのニコニコ動画などがランサムウェア攻撃を受けた事件について、NewsPicksが交渉内容を暴露する記事を出した。交渉中のタイミングで報じることは、企業の判断や行動を制限しかねない。対策にめどが立った段階まで待つべきではないだろうか。(2024/6/26)

OpenAIの現・元従業員ら、AIシステム構築の無謀さと秘密主義を告発
OpenAIとGoogle DeepMindの現従業員、元従業員のグループは、OpenAIを含むAI企業に対し、AIに関する安全性対策の改善と、危険性を報告した従業員の保護を求める書簡を公開した。参加者の1人は「AGI時代に責任ある行動をとるという自信がなくなったため、OpenAIを辞めた」と語った。(2024/6/5)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
公益通報者が自殺――不正を暴く人が守られない「法の抜け穴」の深刻な大きさ
和歌山市で公金の不正支出を公益通報した職員が、その件で処分された職員と同じフロアで勤務をさせられたのち、自殺をしてしまう痛ましい事件が起こった。公益通報者は本来、公益通報者保護法で守られるはずだが「法の抜け穴」は深刻なほど大きい。不正を暴く人を守れない日本社会の問題点に迫る。(2024/5/24)

働き方の「今」を知る:
なぜ、大阪王将“ナメクジ騒動”告発者は逮捕された? 意外と知らない「公益通報」のあれこれ
「大阪王将」のフランチャイズ店でのナメクジの発生などの不衛生な状態を告発した元従業員が、フランチャイジーであるファイブエム商事の被害届により威力業務妨害の疑いで逮捕された。本件を概要だけ聞いて「企業に問題があっても、訴えられる可能性があるなら内部告発なんてできない」「たとえ内部告発されても、告発者を訴えればいいのか」などと判断するのは早計だ。本記事では、今後類似の騒動が発生しないために、時系列で何が起きたか、そして何が問題だったのかを解説する。(2024/4/1)

投資家が着目するポイント
ESGの“G”「ガバナンス」が地味過ぎでも無視できない理由
ESG経営において、環境問題や社会課題への取り組みは消費者や従業員の理解を得やすい。一方でガバナンス強化は見過ごされがちだが、等しく重要だ。ガバナンス強化に直結するアクションの具体例を探る。(2024/3/10)

OpenAI、サム・アルトマンCEOの取締役復帰と3人の新取締役追加を発表
OpenAIは、サム・アルトマンCEOの取締役復帰と3人の新取締役追加を発表した。昨年11月のCEO解任劇に関する独自調査の結果、アルトマン氏の行状が解任を義務付けるようなものではなかったと判断したとしている。(2024/3/9)

大阪王将「ナメクジ」事件、告発者はなぜ逮捕されるのか? 内部通報“後進国”ニッポンを考える
不正を暴く人が守られなければ、社会全体の損失につながる。ではどうあるべきか。(2024/2/22)

鬼越トマホーク、独自調査で「好感度が高すぎる芸人」を“内部告発” 警備員やタクシー運転手に大人気「腰が低いだけが取りえ」
いい内部告発。(2024/2/20)

TBS「news23」に放送倫理違反 BPO「映像の見た目を優先した」 JA共済“自爆営業”報道で
BPO(放送倫理・番組向上機構)は1月11日、TBSテレビのニュース番組「news23」で放送倫理違反があったと公表した(2024/1/12)

働き方の「今」を知る:
あまりに「日本企業あるある」だ──ダイハツ不正の背景にある病理を読み解く
ダイハツ工業で、自動車の安全性確認試験での不正行為があったことが明らかになった。「第三者委員会による調査報告書」には、同社の組織風土や職場環境における問題点が生々しく記されている。本件から、日本企業にはびこる病理を読み解く。(2023/12/29)

今日のリサーチ:
2024年の炎上予測 キーワードは「生成AI」「2024年問題」「大阪万博」
2023年は何が燃え、2024年はどのようなリスクが待ち構えているのでしょうか。エルテスが発表した「2023年の炎上トレンドと2024年のトレンド予測|ネット炎上レポート総集編」の概要を紹介します。(2023/12/27)

スピン経済の歩き方:
「ダイハツが34年も不正していた」と聞いても「でしょうね」としか感じないワケ
国内軽自動車新車販売シェアNo.1を17年連続獲得しているダイハツがボロカスに叩かれている。1989年から34年にわたって放置されていた不正が発覚したからだ。だが……。(2023/12/26)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
豊田章男会長退任の舞台裏 自工会はどうやって生まれ変わったのか
日本自動車工業会(JAMA)は定例記者会見を開催し、年明けからの役員交代を発表した。会長職は、これまでの豊田章男トヨタ自動車会長から、片山正則いすゞ自動車会長へと交代する。そこからJAMAの生まれ変わりストーリーをたどってみよう。(2023/12/11)

ディズニーCEO、近年の作品が“偏り過ぎていた”と認める 「一番は楽しませること」「目的を見失っていた」
直近公開作の成績が振るわず。(2023/12/11)

イメージが悪化した「不祥事ランキング2023」 1位「ビッグモーター不正請求」、2位「ジャニーズ事務所性加害問題」
今年もいろいろありました。(2023/12/1)

自社の「不正」を大炎上で知る前に 企業が準備すべきこと
不正検査や不正会計など、企業の不祥事の発生・発覚は枚挙にいとまがない。自社の「不正」を大炎上で知る前に、企業が準備すべきこととは?(2023/8/10)

働き方の「今」を知る:
「謝罪会見のNG例」となったビッグモーター 何が炎上を加速させたのか?
(2023/7/28)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
ビッグモーター不正 日本で「法律よりも重んじられているモノ」の正体
ビッグモーターの不正は、なぜ起きたのか? 報告書を読み解くと、不正が行われるまでどのような力学が働いていたのかが見えてきます。同社の中で、法律や顧客への道理よりも重んじられていたモノとはいったい何なのか──?(2023/7/26)

Amazon傘下のRing、プライバシー訴訟で580万ドルの和解金 「従業員がユーザーの動画を閲覧」
Amazon傘下のRingは、ホームカメラでの違法スパイ行為でFTCに提訴された。FTCはRingがユーザーの動画を無断で視聴したり、アルゴリズムのトレーニングに使ったと主張。Ringはこの主張に同意しないが、和解するために580万ドルの支払いに同意した。(2023/6/1)

メッセンジャーアプリ「Signal」が強固にプライバシーを守れる秘密 元Googleの開発責任者に聞く
メッセージアプリ「Signal」は、非営利団体のSignalが開発しているオープンソースのメッセンジャーアプリ。Signalで送受信されるメッセージは、Signalプロトコルを使って全て暗号化されている。Signalの代表者Meredith Whittaker(メレディス・ウィテカー)氏にアプリ開発の狙いを聞いた。(2023/5/26)

AI技術の軍事利用【第4回】
「軍事用AIの責任は誰にあるのか」問題 その“危うい実情”とは?
各国で軍事領域における「AI技術」の活用が、今後勢いづく可能性がある。一方で専門家は「議論が不十分だ」と指摘する。その実態とは。(2023/4/20)

AI技術の倫理を巡る「内部告発」【後編】
「モラルのないAI利用」を内部告発者に暴露されないためには?
AI技術の台頭とともに「自社のAI技術の使い方は倫理的かどうか」を従業員が厳しい目で見るようになりつつある。これからの時代に求められる「倫理的なIT戦略」の在り方とは。(2023/3/28)

AI技術の倫理を巡る「内部告発」【中編】
「モラルのないIT利用」の暴露が企業に及ぼす“痛過ぎる影響”
IT使用時の倫理性の欠如を問題視した従業員が、その問題を暴露する――。こうした内部告発がIT業界で活発化しつつある。内部告発が企業に及ぼす影響とは。TwitterとFacebookの内部告発を例に考える。(2023/3/21)

AI技術の倫理を巡る「内部告発」【前編】
IT業界で「モラルに反するAI利用」の暴露が活発化する“笑えない事情”
Forrester Researchによれば、IT業界ではAI技術の「倫理性の欠如」に懸念を示す傾向が強まっており、状況を憂慮した従業員からの内部告発が目立ち始めている。何が起きているのか。(2023/3/14)

世界を読み解くニュース・サロン:
台湾の「海底ケーブル切断事件」は対岸の火事ではない 経済・ビジネスにどんな打撃が?
台湾メディアが、2月2日の夜に「台湾の本島と離島の馬祖列島を結ぶ通信用の海底ケーブルが切断された」と報じた。海底ケーブル切断は経済・ビジネスに多大な影響を与える可能性が高い。どういうことかというと……(2023/2/24)

Twitterで「大規模の情報漏えい」か【後編】
これだけある「Twitter」のセキュリティ問題 どのくらい悪化しているのか?
イーロン・マスク氏の買収で混乱期に入ったTwitterは、セキュリティ問題の指摘が後を絶たない。具体的には、どのような問題があるのか。(2023/1/26)

Twitterの「2要素認証」(2FA)障害とは【後編】
セキュリティ責任者も流出 マスク氏“独裁”のTwitterは安全なのか
イーロン・マスク氏による買収の翌月に明らかになった2要素認証(2FA)の問題を含め、「Twitter」はさまざまなセキュリティの問題に直面している。新体制でセキュリティは高まるのか。(2023/1/11)

Twitterの前CEOドーシー氏、「元従業員への攻撃は無益」と語り、Signal支援を表明
Twitterの共同創業者で前CEOのジャック・ドーシー氏は、マスクCEOが展開中の「#Twitter Files」に関する見解をまとめたブログを投稿した。「元従業員への攻撃は無益だ。非難するなら私を非難せよ」としている。(2022/12/14)

マネジメントの手立ては:
保育園での虐待、替え玉受検……「密室」で起きる悪事をどう防ぐべきか?
保育園で起きた園児への虐待、大学のゼミ生募集の性差別、就活での替え玉受検―――。最近ニュースになった事件には、明るみに出るまで外界と隔離された“密室”で起きていたという共通点が見られる。職場でも、テレワークや副業など社員の様子が見えない密室機会が増える傾向にある中、密室とどう向き合えば良いのか。(2022/12/12)

ノルマへのプレッシャー:
実は「横領・不正」に手を染めやすい部署 経理部とどこ?
「社内不正」と聞くと、「うちの会社ではそんな大それたことは起こるわけがない」と思いがちです。しかし実際には、社内不正の手口は多岐にわたり、小さな不正はどこの会社でも毎日のように起こっていると言っても過言ではありません。(2022/11/28)

揺らぐソーシャルメディア企業の信頼性【後編】
「Twitterは危険だ」と納得させられてしまう理由
Twitterの元幹部による内部告発は、同社のセキュリティ体制や情報管理体制のずさんさを指摘する内容だった。告発を擁護する専門家は「ソーシャルメディア企業の信頼性が揺らいでいる」と話す。(2022/11/11)

揺らぐソーシャルメディア企業の信頼性【中編】
Twitterから“スパムbot”が消えない本当の問題とは
Twitterの元セキュリティ責任者による内部告発で、同社がセキュリティやユーザーのプライバシー管理を怠っているという疑惑が浮上した。同社はこの告発に対し、どのように反論するのか。(2022/11/4)

揺らぐソーシャルメディア企業の信頼性【前編】
解雇された“著名ハッカー”が「Twitterは欠陥と不正だらけ」との衝撃告発
Twitterの元幹部による内部告発によると、同社はセキュリティやユーザーのプライバシー管理に関する「重大な欠陥」を隠そうとしている。その真相は。(2022/10/28)

2022年6月施行:
社内の“違法なヒミツ”を知ってしまったら──内部通報者を守る「公益通報者保護法」、改正でどう変わった?
自分の会社で違法なことが行なわれている。もしあなたがそうした事実を知ったとき、どうするでしょうか。違法行為は通報すべきですが、それが原因で自分が解雇されるかも……と考えると通報を躊躇(ちゅうちょ)するかもしれません。そんなときに内部通報者を守るのが「公益通報者保護法」です。(2022/10/26)

Twitter、臨時株主総会でマスク氏による買収を承認
Twitterはオンラインで臨時株主総会を開き、イーロン・マスク氏による買収を過半で承認した。マスク氏は買収を一方的に撤回しており、Twitterはマスク氏を提訴している。裁判の審理は10月に始まる見込みだ。(2022/9/14)

Twitter内部告発者のザトコ氏、上院公聴会で証言 「経営陣は規制当局をだました」
Twitterを1月に退社し、8月に内部告発したピーター・“マッジ”・ザトコ氏が乗員公聴会で証言した。従業員が職場のPCにスパイウェアをインストールしていたことや、やめたユーザーのデータを完全に削除していないことなどを指摘した。(2022/9/14)

買収騒動に揺れる米ツイッター社:
Twitter創業者ジャック・ドーシー前CEO、「最大の後悔は企業化」とツイート
米ツイッター創業者のジャック・ドーシー前CEO(最高経営責任者)が8月26日、自身の公式Twitterアカウント(@jack)で「最大の問題にして、私の最大の後悔はツイッターを企業化したことだ」と投稿した。(2022/8/26)

Twitterの元セキュリティ責任者が問題を内部告発 Twitterの反論は
Twitterの元セキュリティ責任者がTwitterのセキュリティおよびプライバシーに関する不備について内部告発を行った。米国連邦取引委員会の定めを順守していないと非難している。(2022/8/26)

ティム・クックCEO、ジョニー・アイブ氏、ローレン・パウエル・ジョブズ氏がジョブズ氏について語るイベント
毎年恒例のITカンファレンス「Code」に、Appleのティム・クックCEO、同社の前CDOのジョニー・アイブ氏、ローレン・パウエル・ジョブズ氏の3人が集う。故スティーブ・ジョブズ氏について語り合う見込みだ。カーラ・スウィッシャー氏の司会は最後になる。(2022/8/24)

Twitterの元セキュリティ責任者が内部告発──botとセキュリティについて「重大な欠陥」を隠していた
Twitterを1月に退社した元セキュリティ責任者で伝説的ハッカーのピーター・“マッジ”・ザトコ氏が、同社のセキュリティやbotの問題について当局に告発。訴状を入手したメディアが報じた。(2022/8/24)

“火種”は何?:
2022年上期のネット炎上 「サービス業」が増加 主な事象は?
エルテス(東京都千代田区)は、2022年上期のネット炎上に関するレポートを発表した。(2022/8/1)

SNSで内部告発:
大阪王将「ネコ飼育、衛生上認められず」 保健所による調査結果を公表
仙台市にある中華料理チェーン店「大阪王将 仙台中田店」で、「ナメクジが発生している」とSNS上に書き込まれたことについて、大阪王将は7月27日、保健所による立ち入り調査の結果を同社公式Webサイトで公表し、改めて謝罪した。同店舗では2019年10月〜22年6月まで、店舗屋外でネコを飼育していたことが判明したといい「衛生上認められず、警察に届け出をすることを怠っていた」などと説明した。(2022/7/27)

危機管理広報のプロに聞く:
KDDI高橋社長の緊急会見 「賞賛」と「炎上」の分かれ道はどこにあったのか
大規模な通信障害を起こした通信大手のKDDI。総務省に早期の情報公開を促されて記者会見を開くなど、初動の遅れに批判が集まった一方で、会見で見せた高橋誠社長の説明にはネットユーザーを中心に評価の声が上がる。KDDIの緊急会見から、企業が教訓として学べることは何なのか。(2022/7/7)

パワハラの報告も:
【独自】タニタの不健康な“お家騒動” 正反対の主張で争う、現社長と父・兄弟
体脂肪計などを製造・販売するタニタで、“お家騒動”が起きている。現社長の就任後、社長の父や兄弟が相次いで退職。筆者が詳細を取材すると、今もなお正反対の主張で争う現社長と父・兄弟の現状が浮かび上がってきた。(2022/6/6)

市職員が情報漏えい 市民の個人情報数万件、7年にわたり自宅PCに送信 マイナンバーも 釜石市
岩手県釜石市は、市民の個人情報を違法に取得・漏えいしていた40代の職員2人を懲戒免職処分に。2人は2015年から繰り返しデータを流出。一部データにはマイナンバーも含まれていた。(2022/5/27)

コンプライアンス違反の通報と職場の変化【後編】
健全な企業になるには「コンプライアンス違反通報のしやすさ」が重要な理由
コンプライアンス違反の通報が多いことは、従業員にとっての働きやすさを示している可能性があると専門家は語る。従業員にとって「声を上げやすい仕組み」とは。米国における社会的潮流の変化と企業の動向を探る。(2022/4/26)

コンプライアンス違反の通報と職場の変化【前編】
コンプライアンス違反の通報が多い企業ほど働きやすい“なるほどの理由”
コンプライアンス違反の内部告発が多い――。これは一見、危険な兆候のように思えるが「実態はそう深刻ではない」と専門家は話す。内部告発の増加が企業にメリットをもたらす理由とは。(2022/4/18)

ピクサー最新作「私ときどきレッサーパンダ」レビュー “思春期オタク”の言動に悶えながらも、自分らしさを抱きしめたくなる意欲作
かつてオタクだった、そして今もオタクのあなたに。(2022/3/28)

イノベーションは日本を救うのか(39)番外編:
シリコンバレーの“光と影”
巨大テック企業や、有望なスタートアップがひしめくシリコンバレー。米国の富の源として強烈な“光”を放ってきたシリコンバレーだが、近年はそれらが生み出す深刻な”影”の部分も明らかになってきた。(2022/3/14)

Meta(旧Facebook)、新たな「プライバシーセンター」でユーザーを“教育”
Meta(旧Facebook)は、新たな「Privacy Center」の提供をまずは米国で開始した。「われわれのプライバシーへのアプローチを人々が理解できるように」“教育”する目的。今後他の地域にも提供していく計画だ。(2022/1/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。