ニュース
» 2010年11月17日 07時23分 UPDATE

「Google Voice」のiPhone版、ようやく米国で公開

“競合アプリ締め出し”問題で注目を集め、Appleが1年以上“審査”していたGoogleの電話サービスアプリ「Google Voice」が米国のApp Storeに登場した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは11月16日(現地時間)、同社の電話サービス「Google Voice」のiPhone版を公開したと発表した。米Appleの米国のApp Storeに無料アプリとして登録されている。Googleは2009年6月に同アプリをApp Storeに申請しているので、承認に約17カ月かかったことになる。

 同アプリをめぐっては、Appleが同社のサービスと競合するとして“締め出した”ことが問題となり、米連邦通信委員会(FCC)の介入にまで発展した。AppleはFCCに対し、締め出したのではなく「現在も審査中」と回答した。その後、GoogleはiPhone向けにWebアプリとしてGoogle Voiceをリリースしていた

 Google Voiceは、Googleから割り当てられたGoogle Voice番号で無料の電話(米国内)やテキストメッセージを利用できるサービス。留守番電話機能もあり、録音されたメッセージをテキストに変換することもできる。iPhone版はWebアプリと異なり、iPhoneの連絡先から電話をかけることが可能。

 voice

 同アプリはiOS 3.1以降を搭載のiPhoneにのみ対応し、iPod touchやiPadでは使えない。また、現在のところ米国でのみ利用可能だ。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -