ニュース
» 2010年12月03日 15時57分 UPDATE

スマートフォンやタブレットの出荷台数は2012年にPCを抜く――IDC予測

IDCが2011年以降のIT業界に関する予測を発表した。世界のIT投資は1兆6000億ドルで、ソフトウェアへの投資が増加するとしている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米調査会社のIDCは12月2日(現地時間)、2011年以降のIT業界に関する予測を発表した。クラウドサービス、モバイルコンピューティング、ソーシャルネットワーキングが成熟期を迎え、それらが融合されるとみている。

 IDCは、2011年の世界のIT投資を前年比5.7%増の1兆6000億ドルと予測する。ハードウェア投資は引き続き堅調なまま、ソフトウェアおよびサービスへの投資が増加するという。とりわけパブリッククラウドサービスへの投資は前年比30%増加する。

 モバイルコンピューティングは2011年も引き続き拡大を続け、スマートフォンやタブレットなどの非PC端末の出荷台数が向こう18カ月以内にPCの出荷台数を上回るとIDCは見ている。モバイルアプリのダウンロード数は2010年の100億件から2011年には250億件に大きく伸び、発展途上にあるモバイルアプリのエコシステムは将来的には抜本的に再編され、すべてのコンテンツやサービスが顧客に提供されるようになるという。

 ソーシャルネットワーキングに関しては、企業向けのソーシャルソフトウェアが2014年まで年率38%の割合で伸びると見ている。中堅・中小企業(SMB)によるソーシャルプラットフォームの利用が拡大し、2011年末までにSMBの40%以上がプロモーション目的でソーシャルネットワーキングを利用するようになる。また、ソーシャルビジネスが主流になる兆候から、IDCは2011年は大手ソフトウェアベンダーによるソーシャルプラットフォーム企業の買収が増えると予測する。

 小売業界では、モバイルとソーシャルネットワーキングの普及で物理的な店舗でのスマートフォンを使った価格比較や商品の推奨機能が利用されるようになり、コンシューマーの購買体験が大きく変化する。金融サービスでは、モバイルとクラウドの融合によってモバイルバンキングやモバイル決済が実現する。

 このように、クラウドとモバイル、モバイルとソーシャルネットワーキングなど、技術同士の融合が2011年の特徴だとIDCは指摘する。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -