ニュース
» 2011年04月07日 10時07分 UPDATE

Android向け.NETアプリ開発環境「Mono for Android」、Novellが発売

既に発売されている「MonoTouch」と併用すれば、開発者はC#と.NETを使って構築したコードをiPhone、iPad、Android、Windows Phone 7のモバイルアプリで共有できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Novellは4月6日(現地時間)、米MicrosoftのVisual StudioでC#や.NETを使って米GoogleのAndroid向けアプリを製作できる開発環境「Mono for Android」をリリースしたと発表した。Novellのサイトからダウンロード購入できる。価格は、企業向けの「Enterprise Edition」が開発者1人当たり999ドル、企業向けの5ユーザー版が3999ドルで、個人向けの「Professional Edition」は399ドル。いずれも1年間のメンテナンスおよびアップデートサービスが付く。

 mono

 Monoは、Linux、Solaris、Mac OS X、Windows、UNIXで、.NETクライアントおよびサーバアプリケーションを開発して実行するために必要なソフトウェアを提供するオープンソースプロジェクトから生まれた.NETフレームワークの実装。Novellは2009年9月に米AppleのiPhoneアプリ開発向けMono「MonoTouch」を発売した。

 Mono for Androidが発売されたことで、アプリ開発者はMicrosoftの開発環境で構築したコードをiPhone、iPad、Android、Windows Phone 7、Windows向けのアプリで共有できるようになる。

 Mono for Androidは、Monoランタイム、Android APIとの連係、Visual Studio 2010プラグイン、デバッグや配信用のツールを含むSDKなどで構成されている。また、アドインを利用すればMonoDevelopのユーザーはAppleのMac OS XでAndroidアプリを開発できるようになる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -