ニュース
» 2012年06月18日 23時50分 UPDATE

スパコン「京」が世界2位に 最速はIBM「Sequoia」

国産スーパーコンピュータ「京」が世界スパコンランキングで2位に転落。IBM製「Sequoia」が米国製スパコンとして2年ぶりに首位に立った。

[ITmedia]

 理化学研究所と富士通が共同開発中のスーパーコンピュータ「京」が、半年に1度発表されるスパコン性能ランキング「TOP500」で前回の首位から2位へと順位を落とした。独ハンブルグで開催中のInternational Supercomputing Conference(ISC'12)で6月18日(現地時間)に発表された。

 新たに首位に立ったのは、米ローレンス・リバモア国立研究所に設置された米IBMの「Sequoia」。ベンチマーク値は16.32ペタフロップスで、2011年11月に京が記録した10.51ペタフロップスの約1.55倍となった。SequoiaはTOP500の中で特にエネルギー効率のよいマシンの1台にも選ばれたという。

photo Top10リスト

 米国製スパコンが同ランキングで首位になるのは2年ぶり。前回2位だった中国の「天河1A号」は5位に転落し、今回のランキングではTop10の半数をIBM製スパコンが占める結果となった。

 日本勢はこのほか、12位に日本原子力研究開発機構の「六ちゃん」(富士通製)、14位に東京工業大学学術国際情報センターの「TSUBAME2.0」(NEC/HP製)、18位に東京大学情報基盤センターの「OakLeaf」(富士通製)など。TOP500に合計35台がランクインし、前回(2011年11月)の30台と比較して数を増やした。

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -
激変する企業ITシステムに対応するための知見を集約。 ITの新しい潮流に乗り遅れないために。