ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「最速」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「最速」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

FAニュース:
三菱電機がパズルキューブを解くロボットで世界最速記録、FA機器と制御技術活用
三菱電機は同社のFA機器とロボットを組み合わせたロボットで、「パズルキューブを最速で解くロボット」のギネス世界記録に挑戦し、世界記録の更新に成功した。(2024/5/24)

「よくこんなの作れたな」「めちゃくちゃすごい」 レゴで作った“世界最速でクリックできる装置”が500万再生の大反響
レゴを知り尽くしてる。(2024/4/1)

世界最速の軍用車!? スーパーカーのように魔改造されたV8“6輪”ハンヴィーがやばすぎる
見た目のインパクトが強すぎる!(2024/1/26)

4匹のチーター、誰が一番にごはんにたどり着けるか!? 世界最速の“ごはんレース”が迫力満点!【南アフリカ】
食欲旺盛です。(2023/12/3)

Innovative Tech:
“毎秒5600フレーム”で投影できる世界最速プロジェクター 東工大が開発
東京工業大学の渡辺研究室に所属する研究者らは、8ビットの画像を毎秒5600フレーム(fps)で投影するプロジェクター・システムを提案した研究報告を発表した。(2023/11/1)

実写版「幽☆遊☆白書」、12月14日にNetflixで独占配信 “世界最速”の先行上映が行われる前夜祭も開催
前夜祭の特設サイトもオープン。(2023/10/12)

Netflixアニメ「PLUTO」の予告編が公開 ロボットたちの感情がグラグラ揺さぶられる
配信前の10月20日には世界最速となるジャパンプレミアが開催予定。(2023/10/3)

石野純也のMobile Eye:
実現が見えてきた“スマホと衛星の直接通信” 国内最速はKDDIか楽天モバイルか?
KDDIがSpaceXのStarlinkを活用し、2024年内に衛星とスマートフォンの「直接通信」を開始することを宣言した。当初はSMSなどのメッセージングサービスに対応し、その後、時期は未定だが音声通話やデータ通信も利用可能になる。国内外のキャリア各社は衛星通信の採用に積極的だが、真価を発揮するには1年以上は時間がかかる。(2023/9/2)

「ハードウェアの性能が高まるほどシステム性能も向上する」:
456万TPS、応答遅延219ナノ秒の処理性能を持つ RDBMS「劔(Tsurugi)」開発 ノーチラス・テクノロジーズ
NECとノーチラス・テクノロジーズは、処理性能が世界最速レベルのRDBMS「劔(Tsurugi)」を開発した。次世代のデータベースに不可欠なメニーコア、大容量メモリに対応しており、ハードウェアの性能が高まるほどシステム性能も向上する特性があるという。(2023/7/12)

IntelのノートPC新世代プロセッサ【中編】
第13世代Core「世界最速」で“Intel新時代”の幕開けか
第13世代「Intel Core」のノートPC向けを発表したIntel。業界関係者は「最大クロック周波数」を引き上げた製品群に一定の評価を示す。だがIntelの今後は別問題だ。(2023/3/22)

IntelのノートPC新世代プロセッサ【前編】
「世界最速」を“あのIntel”がわざわざ語る本当の意味
IntelはノートPC向けの高速プロセッサを発表した。プロセッサ市場でさまざまな動きがある中、この製品投入が、プロセッサ市場や同社の立ち位置に与える影響とは。(2023/3/13)

量子コンピュータ:
100GHz100コアの「スーパー量子コンピュータ」実現へ、光通信技術が道を開く
NTTと東京大学、理化学研究所、JSTは、最先端の商用光通信技術を光量子コンピュータに応用することで、世界最速となる43GHzのリアルタイム量子信号の測定に成功したと発表した。(2023/3/6)

CES 2023:
秒間最大500コマ表示対応! Alienwareからモンスター級ゲーミングディスプレイ登場
Dell Technologiesが、現時点において世界最速の「500Hz(秒間500コマ)表示」に対応するゲーミングディスプレイを発表した。3月までに出荷を開始する見通しで、価格はその時期が近づいたら公表されるという。(2023/1/4)

米国では10月20日発売:
「第13世代Coreプロセッサ(Raptor Lake)」登場 “世界最速”のアンロック対応デスクトップ向けから
Intelの第13世代Coreプロセッサが正式発表された。まず登場するのは、”世界最速”をうたうアンロック対応のデスクトップ向けモデルである。【追記】(2022/9/28)

組み込み開発ニュース:
グラフェンの光検出器としての有望性を実証、ゼロバイアス動作で世界最速を実現
日本電信電話(NTT)はNIMS(物質・材料研究機構)と共同で、炭素原子だけで構成されるシート状物質のグラフェンを用いた光検出器で世界最速のゼロバイアス動作を実現するとともに、グラフェンにおける光-電気変換プロセスを解明したと発表した。(2022/9/13)

自転車で時速272キロ 世界最速の「バイクに引かれながら走る自転車」ギネス・ワールド・レコーズが認定
怖すぎる。(2022/7/7)

量子コンピュータ:
富岳のプロセッサ活用で高速化、「世界最速級」の36量子ビットシミュレーター
富士通は2022年3月30日、「世界最速レベル」(同社)の量子計算が行える36量子ビットの量子シミュレーターを開発したことを発表した。同社が運用するスーパーコンピュータ「富岳」のプロセッサ「A64FX」の性能を生かしたものとなっている。(2022/3/31)

「富岳」に搭載のCPUを活用:
富士通、36量子ビット量子シミュレーターを開発
富士通は、36量子ビットの量子回路を扱うことができる、並列分散型の「量子コンピュータシミュレーター」を開発した。スーパーコンピュータ「富岳」にも搭載されているCPU「A64FX」を活用するなどして、「世界最速」を実現した。(2022/3/31)

MUFGとAkamaiの“世界最速ブロックチェーン”、1年待たず廃業へ コロナ禍で黒字化困難に
MUFGと米Akamai Technologiesの連結子会社、Global Open Network Japanは、同社のクレジットカード決済基盤「GO-NET」事業を停止する。コロナ禍で黒字化が困難になったとしている。(2022/2/24)

「世界最速なんですよ」 岩城滉一の愛車は「自転車」もやばかった 35年愛用の高級車「モールトン」、そのお値段は?
こだわりまくりでお値段うん百万円! のスーパー自転車。(2021/12/4)

インラインで全数自動検査を可能に:
「世界最速」のCT型X線基板検査装置、オムロン
オムロンは2021年11月10日、従来機から検査速度を1.5倍高速化し、「世界最速」(同社)で電子基板を3D検査可能なCT型X線自動検査装置「VT-X750-V3」を開発し、2021年11月20日からグローバルで発売すると発表した。(2021/11/11)

FAニュース:
インラインでの全数自動検査を可能に、従来機比1.5倍高速な3D X線基板検査装置
オムロンは2021年11月10日、CT型X線自動検査装置「VT-X750-V3」を同年11月20日からグローバルで発売すると発表した。電子基板を3D検査するフル3D-CT型X線自動検査装置として「世界最速」(オムロン調べ)の高速性能を備えているという。(2021/11/11)

KDDI総研ら、世界最速の暗号アルゴリズム開発 6G時代見据え
KDDI総合研究所と兵庫県立大学が、Beyond 5G・6G通信に対応できる処理速度をもった暗号アルゴリズム「Rocca」を開発した。処理速度は138Gbpsで世界最速としている。(2021/11/9)

レイザーラモンRG、世界最速で“岸田新総裁ものまね”を披露 「天才!」「この瞬発力!」とファン脱帽
早すぎる。(2021/9/30)

シン・エヴァ、日本のAmazonプライムビデオで8月13日から配信 「世界最速」に
Amazonプライムビデオは「シン・エヴァンゲリオン劇場版」を日本でも8月13日から配信する。(2021/7/20)

大幅に短縮:
世界最速の「充電式空気入れ」 マキタから
電動工具メーカーのマキタが、世界最速で空気を充填できる「充電式空気入れ」を発売する。従来機に比べ最高圧力を上げることで、高圧が必要なロードバイクのタイヤなどにも対応可能に。(2021/7/12)

千原ジュニア、当時世界最速のじゃじゃ馬愛車「マッハ750SS」を紹介 人気過ぎて盗まれる可能性を心配……
白煙にまみれながらめっちゃうれしそう。(2021/6/29)

MUFGとAkamaiの“世界最速ブロックチェーン”、商用サービス開始 クレカの決済インフラに
Global Open Network Japanが、ブロックチェーンを活用したクレジットカード会社向け決済ネットワークサービスを開始。クレカ決済時のネットワークコストを大幅に削減できるという。(2021/4/6)

医療機器ニュース:
「世界最速」、ゲノム解析用ハードウェア・アクセラレーターの基本設計に成功
Mitate Zepto Technicaは、「世界最高速になる」(同社)という、ゲノム解析専用のハードウェア・アクセラレーターの基本設計に成功した。従来装置の10倍以上の処理性能を有し、ゲノム解析に必要なシーケンスデータの処理を5分以下で完了する。(2021/3/4)

「シン・エヴァンゲリオン劇場版」“冒頭12分10秒10コマ”を3月7日世界最速公開へ YouTubeとAmazonプライム・ビデオで
3月7日24時から。(2021/3/3)

東芝、“疑似量子トンネル効果”で組合せ最適化計算を高速・高精度化 「世界最速・最大規模」うたう独自の量子コンピュータ発アルゴリズムを開発
東芝が、「組合せ最適化問題」をより高速に計算するアルゴリズムの改良版を発表した。「世界最速・最大規模」(同社)をうたう。2021年中に、同アルゴリズムを搭載したハードウェアやクラウドサービスの提供を目指す。(2021/2/4)

【好きなゲームが世間のクソゲーな人インタビュー】世界最速RTAプレイヤーが語る「シルバーサーファー」の魅力
RTA in Japan 2019で同作を走ったEiP25さんによる解説。(2020/12/31)

米Micro Magicが開発:
64ビットRISC-Vコア、4.25GHzで1万1000CoreMark
米Micro Magicが、世界最速をうたう64ビットRISC-Vコアを発表した。「Apple M1」チップや「Arm Cortex-A9」コアベースのチップにも追い付ける性能を実現できるとする。(2020/12/3)

デル、“世界最速”の360Hz駆動に対応した24.5型ゲーミング液晶「AW2521H」など3製品
デル・テクノロジーズは、最大360Hzの高リフレッシュレート表示をサポートした24.5型ゲーミング液晶ディスプレイ「AW2521H」など3製品を発表した。(2020/11/24)

時速500キロ超え「軽々」 ブガッティが究極の怪物マシン「ボリード」発表 世界最速記録再び更新へ
「パワーウェイトレシオがおかしい」「サイバーフォーミュラ超えてる……」などと早速話題に。(2020/11/4)

市販車で時速532.9キロ!? 最新ハイパーカー「SSCトゥアタラ」4つの世界最速記録を樹立、ブガッティ・シロンを超える
ドライバー「横風の影響がなければもっと速く走れた」。(2020/10/27)

また英国か 時速118キロ「世界最速のアイスクリーム販売電気自動車」爆誕、ギネス世界記録に認定
改造したのは「クラシック・ディーラーズ」に出ていたエド・チャイナさんです。(2020/8/31)

最高時速600キロ以上 世界最速を目指した伝説のマシン「ストリームライナー」がオークションに出品
落札額は17万5000ドル(約1838万円)となりました。(2020/7/31)

材料技術:
AGCの「世界最速」の調光ガラス、新型ハリアーのパノラマルーフで採用
AGCは2020年6月18日、調光ガラス「WONDERLITE Dx」が量産車に初めて採用されたと発表した。(2020/6/19)

HPEと共同開発:
“世界最速”スパコン「El Capitan」、AMDチップを採用へ
AMD(Advanced Micro Devices)は、高性能コンピューティング(HPC)で同社最大の成功を収めた。2023年に運用が開始される世界最速クラスのスーパーコンピュータ(スパコン)「El Capitan」に同社のCPUとGPUの両方が採用されたのだ。(2020/3/11)

栄冠はどのクルマに!? 「世界最速の市販車」決めるドラッグレース、米空軍基地で開催 日本代表はGRスープラ
毎年恒例、ここでしか見られない豪華すぎる顔ぶれ。(2020/2/6)

見逃し厳禁! 2019年に注目を集めたクルマ「魔改造」ネタ7選 おそロシア戦車道や世界最速のトゥクトゥクなど
2019年に注目を集めた「魔改造された乗り物」ネタを振り返ります。(2020/1/4)

東京エレクトロンデバイスが受注開始:
「世界最速のAIコンピューター」を引っさげCerebras Systemsが日本上陸
独自開発の巨大ディープラーニング処理チップを搭載したシステムを開発し、米国で話題のCerebras Systemsが、東京エレクトロンデバイス(TED)と販売代理店契約を結び、日本市場への進出を発表した。(2019/12/20)

目指すは世界最速のRX-7 フレームやエンジンがむき出しの魔改造FD3Sがヤバイ 最大1800馬力で4WD仕様
頭イッちゃってるよ(最大級の賛辞)。(2019/11/14)

「ドコモのiPhoneは国内最速」と吉澤社長がアピール 他社の半額施策は追随する?
ドコモがiPhone 11シリーズの発売記念セレモニーを開催。吉澤社長は、iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxが下り最大1388Mbpsの速度をサポートすることから「国内最速」とアピール。一方、他社の半額施策を追随する考えはないようだ。(2019/9/20)

不動産テックカンファレンス2019:
世界最速の3Dエンジンを搭載した不動産向けVR内覧サービス「ROOV」
スタイルポートは、IT活用が全業種と比較して停滞している不動産業界に、低コスト・高効率を実現したVR内覧サービス「ROOV」を提案することで、生産性向上を後押ししている。(2019/9/17)

App Town 天気:
「特務機関NERV防災」アプリ提供開始 “国内最速レベル”で防災情報を配信
ゲヒルンは、9月1日に「特務機関NERV防災アプリ」を提供開始。利用者の現在地や登録地点に基づき、地震、津波、噴火、特別警報の速報や洪水や土砂災害などの防災気象情報を最適化して配信する。(2019/9/2)

「特務機関NERV」防災アプリが提供開始 ユーザーの現在地・登録地点から最適化し国内最速レベルで通知
気象庁と協力して開発した「大雨危険度通知機能」も搭載。(2019/9/1)

人工知能ニュース:
ファーウェイの学習用AIチップは「世界最速」、独自AIフレームワークも投入
ファーウェイ(華為技術)は2019年8月23日(現地時間)、AI(人工知能)チップ「Ascend 910」とAIフレームワーク「MindSpore」を発表した。同社はAscend 910が世界最高性能を実現したAI学習用プロセッサであると主張。米中貿易戦争の先行きが見通せない中、AI領域の技術開発を全方位で進める。(2019/8/26)

1900年代に世界最速を記録したレトロバイクをオマージュ V型レイアウトの電動バイク「Zeus Radial V8」発表
伝説のバイクをオマージュした電動バイク。(2019/7/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。