ニュース
» 2012年09月12日 22時56分 UPDATE

国内携帯電話出荷数は4.2%減、部品不足や“新iPhone待ち”で――IDC調査

スマートフォン向け主要部品の供給不足や、次世代iPhoneに期待するユーザーの“買い控え”により、第2四半期の携帯電話市場は1年ぶりのマイナス成長を記録。

[ITmedia]
photo 2012年第2四半期 国内携帯電話出荷台数ベンダー別シェア(出典:IDC Japan)

 IT調査会社のIDC Japanは9月12日、国内携帯電話市場の2012年第2四半期(4〜6月)の出荷台数を発表した。総出荷台数は前年同期比4.2%減の788万台と、1年ぶりのマイナス成長となった。

 同社はマイナス成長の原因として(1)半導体を中心とした主要部品の供給不足によって最新スマートフォンの出荷台数が伸び悩んだこと、(2)次世代iPhoneに期待するユーザーによる現行版の“買い控え”や、iPhone自体の出荷台数制限があったこと――を挙げる。総出荷台数に対するスマートフォンの比率は、前四半期からほぼ横ばいの65.3%だった。

 一方、出荷台数シェアでは米Appleが18.8%を獲得して半年ぶりの首位に。「前四半期と比べて出荷台数は減少したものの、ソフトバンク向け、KDDI向けで安定した販売台数を維持した」のが理由という。以下、2位が富士通(14.5%)、3位が京セラ(11.9%)、4位が韓国Samsung(11.3%)、5位がソニー(10.3%)と続いた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -