ニュース
» 2004年02月09日 16時36分 UPDATE

松下、66時間録音可能なICレコーダー

人の声の特徴的な部分のみを抽出することで音声データを高圧縮する技術「Triple Rate CODER」を採用した。

[ITmedia]

 松下電器産業は、ICレコーダー新製品3機種を3月10日に発売する。オープン価格で、実売予想価格は、最長録音時間が66時間50分の「RR-US630」が2万5000円前後、33時間20分の「RR-US530」が2万円前後、8時間10分の「RR-QR160」が1万円前後。

photo 左からRR-US630、RR-US530、RR-QR160

 人の声の特徴的な部分のみを抽出することで音声データを高圧縮する技術「Triple Rate CODER」を採用した。原音に忠実で高音質な長時間録音が可能だという。

 音声メモを簡単に録音・検索できる専用フォルダ「メモ録音ポジション」を備えた。

 US630とUS530は、USBケーブルと専用ソフトが付属し、音声データをPCに転送できる。PCの対応OSはWindows 98 SE/Me/2000/XP。

 各モデルとも、録音件数は99件×5フォルダ。最大出力230ミリワットのスピーカーを内蔵する。電源は単4形乾電池×2本。

 サイズはそれぞれ35(幅)×100.2(高さ)×24(奥行き)ミリで、重さはUS630とUS530が約64グラム、QR160が約61グラム。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう