速報
» 2004年02月17日 16時38分 UPDATE

Opteronに低電圧版、55ワットの「HE」と30ワットの「EE」

TDP55ワットの「HE」と同30ワットの「EE」をラインアップし、主にブレードサーバ市場向けに供給する。

[ITmedia]

 日本AMDは2月17日、Opteronの低電圧版6製品を3月に出荷すると発表した。熱設計電力(TDP)が55ワットの「HE」(High Efficient)と同30ワットの「EE」(Energy Efficient)をラインアップし、主にブレードサーバ市場向けに供給する。

 低電圧版Opteronは、実クロック2GHzの846/246/146の各HEと、実クロック1.4GHzの840/240/140の各EE、合計6製品。モデルナンバー800台は8Wayまでのサーバ用、200台はデュアル構成のサーバ/ワークステーション用、100台はシングルプロセッサのサーバ/ワークステーション用。

 AMDによると、新プロセッサは「SPEC cpu2000」でワット当たりの性能が同クラスのプロセッサ中では最高だという。低電圧版のリリースで、「高性能クラスターからブレードサーバに至るまでAMD64ベースの共通インフラを活用できるようになった」としている。

 国内では、プロサイドとサードウェーブが搭載システムを発売する予定。

 各製品の1000個ロット時の単価は以下の通り。

モデルナンバー 価格
846 HE 16万6540円
840 EE 16万6540円
246 HE 9万3610円
240 EE 9万3610円
146 HE 8万630円
140 EE 8万630円

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう