速報
» 2004年02月27日 19時33分 UPDATE

SanDisk、脱着可能な最小メモリ「T-Flash」を発表

米SanDiskは2月27日、着脱可能なフラッシュメモリモジュールとしては最小サイズとなる新製品「T-Flash」を発表した。米Motorolaの端末が採用を決め、今年下半期から供給を開始する予定。

[ITmedia]

 米SanDiskは2月27日、着脱可能なフラッシュメモリモジュールとしては最小サイズとなる新製品「T-Flash」を発表した。米Motorolaの端末が採用を決め、今年下半期から供給を開始する予定。

sk_sandisk.jpg

 サイズは11(幅)×15(長さ)×1(厚さ)ミリと、miniSDカードに比べ体積で約4分の1となるフラッシュメモリモジュール。最新の半導体パッケージングと多値化したNANDフラッシュメモリ技術を採用して超小型化に成功した。当初は32Mバイトと64Mバイト、128Mバイトの3種類をラインアップする。

 サンディスクによると、T-Flashは「内蔵メモリと外付けメモリの中間」というコンセプトで開発された「セミリムーバブルメモリ」だ。SIMカードのように、普段はユーザーが意識しない形で内蔵メモリのようにも使えつつ、容量のアップグレードも可能というメリットがあるという。

 Motorolaは3G端末「E1000」と「A1000」で32Mバイトタイプを採用する。国内展開などは未定。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう