ニュース
» 2004年05月10日 11時00分 UPDATE

DothanコアのPentium M発表――プロセッサナンバは735、745、755

インテルは5月10日、「Dothan」のコードネームで呼ばれていた新Pentium M、3モデルを発表した。今回からプロセッサナンバが導入され、2GHzのPentium M 755、1.80GHzのPentium M 745、1.70GHzのPentium M735が用意される。

[ITmedia]

 インテルは5月10日、「Dothan」のコードネームで呼ばれていた新Pentium Mを発表した。

「Dothan」コアの「Pentium M」 「Dothan」コアの「Pentium M」

 今回発表されたのは標準電圧版の3モデル。これまでの周波数表記に変わってプロセッサナンバが導入され、2GHzの「Pentium M 755」、1.80GHzの「Pentium M 745」、1.70GHzの「Pentium M735」が用意される。

 インテルによれば、DothanコアのPentium M搭載マシンは世界中で約25機種が発表され、今後8週間以内には50機種にのぼるとのこと。

 DothanコアのPentium Mは90ナノメートルプロセスルールで作られており、これまでのPentium Mの倍となる2MバイトのL2キャッシュを搭載している。FSBは400MHzで、最大のTDP(熱設計電力)は21W(最小は7.5W)。

DothanコアPentium Mのダイ画像 DothanコアPentium Mのダイ画像

 なお、インテルによれば、動作周波数やL2キャッシュサイズ、FSBクロック、その他プロセス技術などの違いに応じて、今後のプロセッサナンバが変更されるとのことだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.