ニュース
» 2004年05月10日 17時21分 UPDATE

世界最小最軽量のWindows XP PC──VAIO type U

携帯利用を重視した小型PCラインアップはVAIO type Uに進化。携帯利用ではついにキーボードを廃止してタッチパネル操作を採用した。

[ITmedia]

 ソニーマーケティングは、Windows XPが動作する世界最小サイズのPC「VAIO パーソナルコンピューター type U」(以下 VAIO type U)を5月10日に発表した。価格はオープンで実売予想価格は約17万9000円。出荷は5月29日から開始される予定。

kn_vaio_u.jpg

 CPUには超低電圧版 Celeron M/900MHzを搭載、PC2100のメモリを標準で256Mバイト実装する。ハードディスクの容量は20Gバイト。無線LANはIEEE 802.11b/gをサポート。

 VAIO type Uは、従来のVAIO Uの流れを汲む携帯利用を重視したスタンドアップコンピューティングPC。しかし、キーボード入力だった従来機種からそのスタイルは一新され、入力はタッチパネル方式に変更した。

 筐体サイズが167(幅)×108(奥行き)×26.4(厚さ)ミリ、重さ550グラムと、従来機種のPCG-U101からさらに小型化が進められている。立った姿勢で操作を行うためにPCG-U101で採用された「モバイルグリップスタイル」は、カーソルキーと[Enter]キー機能を「マルチポインター」とまとめて配置し、センターボタンと左右ボタンのコンビネーションによる従来の操作体系を継承しているが、操作に関係するボタンが光る「イルミガイド」や、「ローテートボタン」を押して画面を90度回転させても、操作感が変わらないボタンレイアウトなど、新しい機能や改良が施されている。

 VAIO type Uはタッチパネルコンピューティングが主体になるが、OSはWindows XP Tablet PC Editionではなく、通常のWindows XP HomeEdition。そのため、手書き入力用の「NEXTTEXT」や、画面に直接ラインを描ける「PenPlus for VAIO」などのソニー独自のユーティリティが用意されている。

 同梱されている周辺機器が豊富なのも特徴。ヘッドホンと接続してはVAIO type Uで動作するDo VAIOにたいして、再生やスキップ、早送りなどのコントロールが行える「スティックコントローラ」や、USBで接続する折りたたみ式のキーボード、ディスプレイスタンドにもなるポートリプリケータ、VGAとLANインタフェースを組み込んだ携帯アダプタなどが用意されている。

品名VAIO type U
型番VGN-U50
CPUULV Celeron M/900MHz
メモリPC2100/256Mバイト(最大512Mバイト)
HDD20Gバイト
ドライブ-
グラフィックスIntel 855GM
無線LANIEEE 802.1b/g
スロットCFカードスロット(TypeII×1)、メモリースティックスロット×1
主なインタフェースUSB 2.0×1(標準添付のポートリプリケータに、I.LINK×1、100BASE-TX×1、USB 2.0×4
OSWindows XP HomeEdition
サイズ167(幅)×108(奥行き)×26.4(厚さ)ミリ
重さ550グラム
ディスプレイ5インチTFT液晶ディスプレイ(800×600ドット)
バッテリー駆動時間最長2.5時間(JEITA 1.0)
実売予想価格17万9000円前後

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.