ニュース
» 2004年08月31日 18時48分 UPDATE

三石印房、はがき大サイズのx86互換PDAを開発──Windows XPも動作確認済み

三石印房は、135×109×18ミリ、バッテリー込みで約340グラムと超コンパクト・軽量なx86互換PDAを開発したと発表した。組み込み用途向けOSだけでなく、通常のWindows XPでも動作確認済みだという。

[ITmedia]

 三石印房は8月31日、はがき大サイズのx86互換PDA「HagakiPC」を開発したと発表した。135(幅)×109(奥行き)×18(高さ)ミリ、約340グラム(バッテリーを含む)とコンパクト・軽量ながら、Windows XPも正常に動作するのが特徴だ。同社では、ハードウェアメーカーと提携するなどして製品化したい考え。価格は未定だが、量産体制が整えば10万円以下に設定可能だという。

mk_hagakipc.jpg 135(幅)×109(奥行き)×18(高さ)ミリ、約340グラム(バッテリーを含む)と超コンパクト・軽量なx86互換PDA「HagakiPC」

 同製品はメモリ128Mバイト+フラッシュメモリ128Mバイトを内蔵し、コンパクトフラッシュ(CF)Type I/IIスロットを装備する。Windows 98SEまでなら内蔵フラッシュメモリに無圧縮でインストールでき、Windows XPの場合でもCFスロットに装着したマイクロドライブからロードして起動することが可能だ。USB1.1ポートを1基装備しているため、USB経由でブートすることもできる。

 対応OSは、Windows XP/2000/Me/98/95、Windows XP Embedded/CE、VxWorks、Linux、DOSなどで、各OS用のグラフィックス/オーディオ/タッチパネルドライバなどを提供可能という。

 ディスプレイは、タッチパネル装備の640×480ドット(VGA)表示対応4.0インチ低温ポリシリコン液晶。CPUには組み込み用途向けのAMD Geode SC1200/266MHzを採用して、量産コストを低減した。

 バッテリーは単3型ニッケル水素充電池×4本で、約3時間20分の連続駆動(2500mAh電池使用時)が可能。ACアダプタ駆動にも対応する。インタフェースは上記のほか、ステレオヘッドフォンx1を装備する。

 HagakiPCの主な仕様は以下の通り。なお同社は、メモリ64Mバイトでフラッシュメモリ非搭載の下位モデルも試作している。

製品名HagakiPC
型名HPC-BA-64MBPC-BA-128MB
OS別売(Windows XP/2000/Me/98/95、Windows XP Embedded/CE、VxWorks、Linux、DOSなどに対応)
CPUAMD Geode SC1200/266MHz
メモリ(拡張不可)64MB128MB
フラッシュメモリ(拡張不可)なし128MB
ディスプレイタッチパネル付きVGA対応4.0インチ低温ポリシリコン液晶
メモリースロットCF Type I/II×1
インタフェースUSB1.1×1、ステレオヘッドフォンx1
バッテリー単3型ニッケル水素充電池×4本
連続駆動時間約3時間20分(2500mAh電池使用時)
サイズ(参考)135(幅)×109(奥行き)×18(高さ)ミリ
重量約220グラム(本体のみ)/340グラム(バッテリー含む)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.