ニュース
» 2004年10月05日 17時22分 UPDATE

CEATEC JAPAN 2004この存在感に打ち勝てるお部屋は果たしてあるのか――写真で見るVAIO type X

本日発表の「VAIO type X」がCEATEC JAPAN会場で早速展示されていた。気になる部分を写真で見ていこう。

[岩城俊介,ITmedia]

 本日発表の、1TバイトHDD搭載のAVレコーディングサーバー「VAIO type X」が、CEATEC JAPAN 2004で早速展示されていた。

 VAIO type Xは、本体の「VGX-X90P」のほか、23インチフルHDディスプレイ「VGP-D23HD1」、デジタル放送用拡張ユニット「VGP-DTU1」が用意され、すべてを揃えると、合計100万円越えというスペシャルな構成となる。価格は3製品ともオープンプライスだが、VGX-X90Pが52万円、VGP-D23HD1が40万円強、VGP-DTU1が8万円前後とのこと。

 では詳細を写真で解説していこう。

photo リビングに設置したと想定した場面、左下にVGX-X90Pが置かれている。ディスプレイはVGP-D23HD1ではなく42インチのWEGAだが、もはやPCの域を超えた存在感をかもし出している
photo 本体下半分はミラー調に、カバー付きのワイヤレスキーボードとマウスが付属する
photo 23インチ、1920×1200ドット(WUXGA)表示、フルHD表示対応の23インチディスプレイ「VGP-D23HD1」
photo VGP-D23HD1で写されていたBSデジタル某チャンネル表示時の字幕。写真で伝わるかどうかは微妙だが、実際に見た感じでは文字のジャギーは皆無だった
photo 地上、BS、110度CSデジタルチューナ内蔵ユニット「VGP-DTU1」。こちらも表面はブラックミラー調仕上げとなっている。DVI-D入力、DVI-I出力端子、D4出力端子を備え、VGP-D23HD1などのHDCP(著作権保護技術)対応のDVI端子を持つディスプレイへデジタルハイビジョン放送のスルー出力、あるいはリビング用TVへD4出力ができる
photo (クリックでムービー再生)ギミックにもこだわりが。「スロットインでは新しくないし、何より穴があるのは格好悪い。VGX-X90Pは、幅が“広い”方が前面なので、このように開くようにした」(ソニー説明員)とのこと。
photo VGX-X90Pは、標準でアナログ6チューナー(+1)仕様となっており、1ユニットに3基のTVチューナー+ハードウェアMPEGエンコーダ+高画質化機能を集約したユニット「X3ビデオサーバーユニット」を二つ搭載、6番組の同時録画を、PC起動なしで実現する
photo カバー&トラックパッド付きのワイヤレスキーボードのクローズ時(上)、オープン時(下)。キーカバー時もトラックパッドによる操作ができるようになっている。キータッチはまさしくノートPC風

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.