ニュース
» 2005年01月14日 12時05分 UPDATE

キャプチャーカードエスケイネット、「TV視聴画質」にこだわったキャプチャーカード「MonsterTV」シリーズ2製品発表

エスケイネットは、松下およびOREN製高画質化チップを搭載する高画質志向のキャプチャーカード「MonsterTV PH-GTRM」など計2製品を発表した。複数枚差しにも対応し、最大4番組同時視聴・録画が行える。価格は1万5800円前後。

[ITmedia]

 エスケイネットは1月14日、松下およびOREN製高画質化チップを搭載した同社フラッグシップTVキャプチャーカード「MonsterTV PH-GTRM」、エントリーモデルのTVキャプチャーカード「MonsterTV PH-RM」の計2製品を発表した。価格はオープンプライス、予想実売価格はMonsterTV PH-GTRMが1万5800円前後、MonsterTV PH-RMが1万1800円前後(いずれも税込み)。

photo MonsterTV PH-GTRM

 MonsterTV PH-GTRMは、MonsterTV PH-RMの上位にあたる同社ハイエンドモデルとしてラインアップされる。

 基本仕様はそのままに、同社MonsterTV PH-GTRにも採用された3次元ノイズリダクションチップである松下製「MN82832」、そして民生高画質TVなどで採用されるOREN社製ゴーストリデューサーチップを搭載することで、「TVをよりきれいに視聴する」ことにおけるこだわりの仕様となる。10ビット処理によるY/C分離機能でクロスカラーやドット障害などをより効果的に取り除くとともに、アナログ地上波のゴーストを大幅に低減する。発売は2月上旬予定。

photo MonsterTV PH-RM

 MonsterTV PH-RMは、ハードウェアMPEGエンコーダ搭載のエントリークラスTVキャプチャカードで、Windows XP Media Center Edition 2005に対応する。

 また、複数枚差しにより最大4番組の同時試聴・録画に対応する。録画画質は最大で25Mbps(Iフレーム)の高画質録画が可能。MPEG特有のノイズをリアルタイムで除去する「アクティブ動き補正ノイズリダクションフィルタ」を搭載する。発売は2月中旬予定。

 両機種ともに、iEPGによる予約録画に対応。DVDライティングソフトとして「DVD MovieWriter2 SE」がバンドルされ、DVDメディアへのダイレクトレコーディングも可能としている。

 対応OSはWindows 2000 Professional/XP。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.