Special
2005/12/01 00:00 更新

ソフトバンク クリエイティブ各誌おすすめ:
ボーナスで買う 冬の注目製品大特集 (4/6)


前のページ | 1 2 3 4 5 6 | 次のページ

SXGAが手頃な価格帯に:液晶ディスプレイ選びのポイント

 パフォーマンスを追い求めるべきデスクトップユーザーなら、そろそろ大画面液晶へのグレードアップはもちろん、デュアルディスプレイの採用なども検討すべき時期になった。(DOS/V magazine Presents)

低価格化が進む液晶ディスプレイ。時代はSXGAへ

 変化の大きいPC用周辺機器の中でも、ここ1、2年で大きく進化したもののひとつが、液晶ディスプレイだろう。

 初期の液晶ディスプレイといえば、液晶パネル自体の歩留まりが悪く、ランニングコストには優れているが、導入コストの高さが問題とされていた。特に液晶パネルの面積が広がれば広がるほど歩留まりが落ちるため、15インチのXGA(1024×768ドット)クラスを越えると、値段が高騰していた。しかし昨年あたりから、17〜19インチのSXGA(1280×1024ドット)クラスが急激に安くなってきた。そして今年に入ってからは、20インチを越えるUXGA(1600×1200ドット)クラスまで大きく値段が落ちはじめ、一般ユーザーにも手が届く範囲に降りてきた。

 大画面液晶のメリットは、なんといっても情報量の多さにつきる。たとえば現在では、ブラウザでWeb画面を確認しながらワープロなどで作業を進めるというワークスタイルも一般的だ。しかし、これがXGAクラスのディスプレイだと、どうしてもタスクで画面を切り替えながらの作業になってしまうだろう。ところがSXGA以上のデスクトップ面積があれば、両方を同時に置いて作業することも可能となる。

 また最近の液晶は反応速度も速く、画面も非常に明るいため、AV用途やゲーム用等にもまったく問題なく利用できる。つまりビジネスユースだけでなく、AVやゲームを楽しみたいときにも、大画面で迫力ある映像を堪能できることになる。

デジタルRGB方式も視野にビデオカードもアップグレード

 液晶ディスプレイを買い換えようとする際、もう一点だけ考慮したいことがある。それは、ビデオカードのリニューアルだ。

 最近の液晶ディスプレイは、デジタルRGB方式であるDVI入力のものが主流となりつつある。というのもアナログRGB方式では、外部で発生したノイズや、ケーブルのインピーダンス変化などの影響を受けやすく、これによる画面の乱れや、ゴーストなどが発生してしまうことがあった。それに対してデジタルRGB方式では、このような影響を受けづらいため、きれいな画質が得られるというメリットがあるためだ。

 しかし旧来のビデオカードでは、アナログRGB方式のみの出力端子を備えたものが大多数であり、DVI出力を備えたものは少ない。もちろんディスプレイ側も、アナログRGB端子を備えていたり、変換コネクタやケーブルによってアナログRGB入力も可能となるDVI-I端子を備えたものが多く、ビデオカードをそのまま利用できることの方が多い。とはいえ、せっかくの大画面なのだから、少しでも良い画質でみたいと考えるのが自然というものだろう。

 そこでディスプレイのアップグレードを考えるときには同時にDVI端子を備えたビデオカードへのアップグレードも検討しておくことをお勧めしたい。

●DVI端子について
 液晶ディスプレイに搭載されているデジタル入力端子(DVI端子)には、本文でも触れたようにDVI-IとDVI-D端子の2種類がある。これらは見た目には非常によく似ているが、DVI-Dが24ピンなのに対して、DVI-I端子では5つの端子が追加され、29ピンのものが使われている。これは、DVI-I端子にはアナログRGBの端子も含まれているため、このように端子の数が増えているのだ。
 また市販のケーブルなどにはDVI-Aという表記のものもたまに見かけるが、これはDVI端子の形状をしているが、アナログRGB入力を行うためのものである。つまり、DVI-I端子のアナログRGB入力部分を使うためのものであり、せっかくのデジタル入出力を使わない方式であるため、ケーブルを購入する際には注意が必要だ

おすすめ製品記事・販売価格をチェックする

ITmedia +D Shoppingでラインアップ・販売価格をチェックする(SXGA表示対応ディスプレイ)

ITmedia +D Shoppingでラインアップ・販売価格をチェックする(ビデオカード)

大切な財産と信用を守るため、セキュリティを高めよう

前のページ | 1 2 3 4 5 6 | 次のページ

[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:ソフトバンク クリエイティブ
企画:アイティメディア営業局/制作:ITmedia +D 編集部/掲載内容有効期限:2005年12月31日

ピックアップ

news002.jpg 「涼宮ハルヒの約束」レビュー:「ただのゲームには興味ありません」――話題の超監督がゲームで大暴れするそうです
同名小説が原作で、2006年にアニメ化された「涼宮ハルヒの憂鬱」がPSP用ゲームとなって登場。アニメで魅了された筆者がプレイし、本作の魅力を確かめてみました。

news098.jpg 「十二ノ天」は日々進化する、対人戦がメインの“大人なゲーム”
約4カ月間のオープンβテストを経て、12月19日に正式サービスがスタートしたばかりの武侠MMORPG「十二ノ天」〜TweleveSky〜」は、ダークな世界観と曜日も時間も問わず繰り広げられる大規模戦闘が魅力の作品だ。本タイトルの魅力や今後のアップデートスケジュールなどをディレクターの村上隆行氏と広報担当である李哲鎮氏のお2人に聞いてきた。

news024.jpg 小牟田啓博のD-room:第15回 僕が新年に感じた“カン”で2008年を予測する
数々の端末を世に送り出してきたデザインプロデューサーの小牟田啓博氏が、日常で感じたこと、経験したことを書き綴る「小牟田啓博のD-room」。今年は十二支で言う始まりの年。魅力的なモノが登場してきそうな土壌作りが感じられた年明けだったという。

news006.jpg 「勇者のくせになまいきだ。」レビュー:さぁ魔物たちよ、ヤッチマイナァ! ―ある破壊神の場合―
我は破壊神! やれることは“掘る”ことだけだが、それでも破壊神!! 土を堀り、魔物を育て、しゃべる以外なにもやらないグーダラな魔王のためにダンジョンの生態系を整えることで勇者を撃退する……って、それでも我は破壊神? ――などと疑問に思ったら負けになる異色の生態系構築型アクションパズルゲーム「勇者のくせになまいきだ。」を破壊神的にレビュー!

news044.jpg 東芝「RD-A301」のH.264トランスコードと「HD Rec」を試す(前編)
次世代DVDレコーダーとして唯一HD DVDを採用する東芝からH.264トランコーダー搭載の「RD-A301」が登場した。またTS録画のままDVDメディアへ保存もできる「HD Rec」もサポートするなど、今度のVARDIAシリーズを占う上で重要な機能をいくつも搭載している。

news048.jpg イマドキのイタモノ:まずは写真でみる、ASUSのIntel X48マザー「P5E3 Premium WiFi/AP@n」
インテルチップセットの最高峰「Intel X48 Express」を載せたマザーをちらほらと見かけるようになってきた。パワーユーザー期待のハイエンドマザーボードの姿を紹介しよう。

news007.jpg くねくねハニィの「最近どうよ?」(その18):ゲーム業界のM&Aを語ってみる
Activision Blizzardの誕生に度肝を抜いた皆様も多いかとは思うけど、何とハニィはそのニュースをアメリカでリアルタイムで知った! だから何(笑)? ちょっと難しいM&Aもいろんな見方をすると違った背景も見えてくるので読んでみてちょーだい!

news107.jpg “超薄型”競争に先制パンチ――“Wooo”UTシリーズ
パネル部の厚さ35ミリ。日立製作所の“Wooo”UTシリーズは、いち早く市場に投入された“超薄型”液晶テレビだ。製品化にあたってはさまざまな技術が開発されたが、目的はすべて薄さの“先”にあった。

news025.jpg 新作DVD情報:お笑い(!?)コンビが帰ってきた――「ラッシュアワー3」
ジャッキー・チェンとクリス・タッカーがタッグを組み、ダイナミックな活躍をみせるシリーズ3作目。悪役・真田広之とジャッキーのガチンコ勝負は前のめりになるほどスリリング!

news031.gif ちょっと気になる入力デバイス:ノコギリで切る!? ヤスリで削る!? 「木ーボード DIY Kit」にチャレンジ!(前編)
ちまた(の一部)で熱烈な注目を集めている木製キーボードの自作キットが「木ーボード」だ。その出来栄えはどうなのだろうか?

news067.jpg 写真で解説する「SO705i」(ソフトウェア編)
FOMAハイスピードや直感ゲームに対応するなど、機能面で大きなブラッシュアップを果たした「SO705i」。今回は、操作画面やイルミネーションウィンドウなどソフト面を中心にチェックした。

news048.jpg DVDレビュー:れこめんどDVD:「ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」
ニッポンの正月番組はクイズとお笑いばかりでウンザリでしたが、カザフスタン共和国の主要輸出品目は? 答え:カリウム、リンゴ、そして人間の陰毛! byボラット。最初のふたつはぐらいは、うっかりしていると信じてしまいそうです。

news060.jpg Mobile&Movie 第285回:ボーン・アルティメイタム「プリペイド携帯をくれ」
映画に登場する“モバイル製品”をチェックする「Mobile&Movie」。今回ご紹介するのは、記憶を失ったCIAエージェント“ジェイソン・ボーン”シリーズの第3弾『ボーン・アルティメイタム』。ボーンはプリペイドケータイで裏を書く作戦に出ます。

news007.jpg あのデジカメ、ココが気になる:これまでの操作性を捨ててもよかった?――DSC-T2「タッチパネル」(後編)
タッチパネルで軽快な操作性を手にしているDSC-T2だが、その操作性自体は初のタッチパネル搭載機からさほど変化していない。

news070.gif 3代目の飛躍:ただの“デコレーションPC”ではないのよね――ハローキティPCをガッツリと働かせた
人は見ためによらないと言うが、それはPCにも当てはまる。“デコPC”扱いされがちなハローキティPCの神髄に迫る。

news097.jpg デジモノ家電を読み解くキーワード:「ダビング10」(1)――コピーワンスからの経緯
デジタル放送の「コピーワンス」が今後緩和され、コピー9回+ムーブ1回まで可能な「ダビング10」に変わる予定だ。まずはどのような経緯でダビング10にたどり着いたかを紹介する。

news028.jpg 開発陣に聞く「SO905i」:半分根性・半分ノウハウで完成した“ハイエンドなベーシック”「SO905i」
「+JOG」「BRAVIA」「ウォークマン」――ソニーグループの持つ技術が三位一体となった「SO905i」。デバイスや機能だけでなく、ユーザーインタフェース(UI)も刷新され、すきのないモデルに仕上がった。どのようなコンセプトのもと、どんなこだわりを持って開発されたのかを開発陣に聞いた。

news027.gif 元麻布春男のWatchTower:“日本語版”ParallelsとFusionの違いを把握する――MacでWindowsを動かす
MacでWindowsを動かせるのはBoot Campだけにとどまらない。仮想化ソフトの「Parallels」と「Fusion」の日本語版を試してみた。