ニュース
» 2006年01月30日 15時44分 UPDATE

三菱電機、996グラム/7時間駆動の軽量ノート「apricot AL」

三菱電機は、重量996グラムの軽量モデル含むオフィス向け新シリーズノートを発売する。価格は24万1500円から。

[ITmedia]

 三菱電機は1月30日、オフィス向けPC「apricot」シリーズに、重量996グラムの軽量モデルを含むモバイルノートPC2モデルを31日より発売すると発表した。価格は重量996グラム/7時間駆動タイプの「apricot AL C 軽量モデル」が24万5700円、メモリ容量/HDD容量などのBTOが可能な「同 標準モデル」が24万1500円から。

photo apricot AL Cシリーズ。外付けDVDスーパーマルチドライブなどのオプション機器も用意される

 apricot AL Cシリーズは筐体の多くの部分に高剛性のマグネシウム合金を採用し、重量996グラム(軽量モデルの場合。標準モデルは1012グラムから)を実現するオフィス向け軽量モバイルノートPC。従来機種と比較し約40%省エネ化され、それにともない30%バッテリーを軽量化したことなども本体軽量化実現に貢献している。なお、バッテリー駆動時間は約7時間と従来機種より延長された。

 基本スペックはCPUにPentium M 753(1.20GHz)、256Mバイトメモリ(標準モデルは256M/512M/768M/1280Mバイトから選択可能)、1.8インチ20GバイトHDD(標準モデルは1.8インチ40G/2.5インチ80G/2.5インチ100Gバイトから選択可能)、重量は約996グラム(軽量モデル)/約1012グラムから(標準モデル)。搭載OSはWindows XP Professional。EASYCRYPT/BIOSユーザー・スーパーバイザーパスワード/USBロック/HDDパスワードなどのセキュリティ機能が標準で備わる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.