ニュース
» 2006年02月22日 22時30分 UPDATE

MSIからIntel Core Duo対応マザーが正式発表

エムエスアイコンピュータージャパンは 2月22日にIntel Core Duo対応マザーボードとノートPCベアボーンキットの新製品を発表した。発表会の会場には「MXMを2つ載せた」デュアルGPUグラフィックスカードの姿も見えた。

[長浜和也,ITmedia]

 今回発表されたIntel Core Duo対応マザーボート「945GT Speedstar」はチップセットにIntel 945GTを搭載する。メモリスロットの数は2本、拡張スロットはPCI Express X16を1つとPCIスロットを2つ載せている。通常状態のフォームファクターはmicro ATXマザーだが、標準添付のドーターカードを組み込むとATXサイズになってPCIスロットが2つ増える。

kn_msi945gt.jpg 動作クロック2.16GHzのIntel Core Duo T2600を載せた「945GT Speedstar」のヒートシンク温度はアイドル状態で摂氏27度を示していた。この姿はドーターカードを組み込んだATXマザーの状態だ

 ノートPCベアボーンキットはCPUにIntel Core Duoを搭載できる2モデル「MS-1034」「MS-1057」とTurion64を搭載できる1モデル「MS-1036」が発表された。

 「MS-1057」はチップセットにIntel 945GM+ICH7Mを採用した12.1インチサイズ液晶ディスプレイ搭載の2スピンドルノートPCベアボーンだ。筐体にマグネシウム合金を採用して軽量化を図り、重さ1.9キロを実現している(記事掲載当初、MSI資料に15.4インチディスプレイ搭載となっていましたが、同社よりスペックの変更がアナウンスされました)。

 「MS-1034」も同じく15.4インチワイドサイズ液晶ディスプレイ搭載の2スピンドルノートPCベアボーンキットだ。液晶パネルに光沢があってDOLBY HOMETHEATERに対応したHDオーディオ機能を搭載するなど、コンテンツプレーヤーとしての使い方を重視した構成になっている。また、液晶ディスプレイ上枠に130万画素のCMOSカメラを内蔵してビデオチャットにも対応する。

 Turion64を搭載できる「MS-1036」は17インチワイドサイズの液晶ディスプレイを搭載する。その最大解像度は1680×1050ドットになる。チップセットはRADEON XPRESS 200MでグラフィクスチップはMobility RADEON X700を実装する。そのため、従来の3Dゲームであれば通常設定でも快適に動作する性能をMS-1036は持っている。

kn_msi1057.jpg Intel Core Duo対応ノートPCベアボーンキット「MS-1057」は3月30日出荷開始予定。ベアボーンキットの予想実売価格は10万円強の見込み

kn_msi1034.jpg 15.4インチワイド液晶ディスプレイを搭載する「MS-1034」はディスプレイ上部にCMOSカメラを内蔵する。出荷開始は3月23日の予定で、予想実売価格は12万円弱になる見込み。また、Turion64を搭載できる「MS-1036」の出荷開始は3月9日で予想実売価格は16万円弱になる見込みだ

 なお、MSIは今回新製品が発表されなかったグラフィックスカードでも、MSIが独自に開発している「CoreCell 3D」新バージョンと高画質化機能「MS Vivid」の概要を明らかにした。

 CoreCell 3Dは、グラフィックスカードに実装された専用チップで負荷に合わせてGPUやビデオメモリの動作クロックを動的に変化させる機能だ。新しいCoreCell 3Dでは駆動電圧も動的に変化させる機能が新たに組み込まれる。また、「MS Vivid」は、動画の再生やビジネスソフトを利用するといったユーザーの利用環境に合わせて表示画面の画質や輝度、シャープネスなどを変更する機能になる。

 MS Vividはソフトで実現するため従来製品でも利用できるが、対応したハードウェアが必要な新しいCoreCell 3Dはまもなく登場するグラフィックスカードのラインアップ「Ares」(アレス)シリーズからサポートされる。

kn_msivivid.jpg MSIが提供するドライバ(NVIDIA製、ATI製は問わない)をインストールするとMS Vividの機能が組み込まれる。画面プロパティにMS Vividのタグが追加されてここから設定が可能になる

kn_msimxmdual.jpg

kn_msimxmduur.jpg 製品発表会ではGeForce Go 6600を実装したMXMを1枚のボードに2枚差して「NVIDIA SLI」で動作させていたサンプルグラフィックスカードが展示されていた。MSI本社のビンセント・レイ氏(同社マーケティングディレクター)はコスト的に製品化は無理であると述べていたが、開発担当者はGeForce 7シリーズを実装した製品化の可能性を示唆している。ただし、より現実的と思われるノートPCへの搭載についてこの担当者は「まったく考えていない」と否定している

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.