ニュース
» 2008年01月29日 11時00分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:自作はこんなに面白い――「DIY PC Expo 2008」リポート (1/2)

「自作パソコンが好き!」という人のために開催された自作PCの祭典は、一部で“鬼門”と呼ばれた秋葉原コンベンションホールで大盛況のにぎわいをみせた。680万円の超高解像度ディスプレイも展示。

[古田雄介,ITmedia]

自作欲をかき立てる製品が、ゆっくり見られて大好評

og_akibab_001.jpg 広々としたブースに多数のユーザーが集まり、終日盛況だった

 1月26日と27日に、秋葉原ダイビルの2階にある「秋葉原コンベンションホール」で、PCパーツメーカーの最新製品が多数展示される「DIY PC Expo 2008」が開かれた。イベントの後援を大手代理店のアスクが行っており、アスク取り扱いのメーカーを中心に、CPUからマザーボードベンダー、サプライメーカーなどが参加し、自作PCで使えるさまざまなパーツが一堂に会した。

 秋葉原コンベンションホールは、PCパーツショップ密集地から離れているなど、アクセス面での問題があり、一部のイベント主催者から「コンシューマー向けイベントをやるには不向き。いわば“鬼門”といえるかも」と言われてきた(ダイビル2階と言えば、マニアすぎたWindows Vista Ultimate α+の祭典が記憶に新しい)。

 しかし、DIY PC Expo 2008はそんな評判をくつがえすほどの集客があり、取材日の26日には、同日カフェソラーレ リナックスカフェ秋葉原店で開かれた「Windows Vista発売1周年記念アニバーサリー特別イベント」に匹敵する盛り上がりを見せていた。

 来場していたPCイベントの常連さんは「各ブースをゆったり見て回れて満足だよ。常にすし詰め状態のリナックスカフェに慣れていると、どれだけ快適か実感できるね」と笑う。また、あるメーカーのスタッフも「来場者の方とじっくり話ができるのがよかったです。ある程度の集客が見込めるなら、ココも悪くないですね」と、秋葉原コンベンションホールを見直している様子だった。

og_akibab_002.jpgog_akibab_003.jpgog_akibab_004.jpg サーマルティクのブースでは、3月ごろに発売する予定のフルタワーケース「Armor+」をはじめとして、電源ユニットや水冷キットの新製品が並んでいた(写真=左)。リードテックの現行グラフィックスカード一覧(写真=中央)。SapphireやPowerColorのブースでは、登場したばかりのRADEON HD 3870X2搭載カードを組み込んだデモ機が見られた(写真=右)

3840×2160ドットの56インチディスプレイ――値段は680万円

 圧倒的な存在感で注目を集めていたのは、三菱電機の超高解像度液晶「56P-QF60LC」だ。3840×2160ドットという、フルハイビジョン4画面分の解像度を備えた56インチ液晶ディスプレイで、当日は2基のQuadro FX 5600を搭載したエルザ製グラフィックスアダプタを介して、全画面を使った3D CADのデモを行っていた。

 三菱電機は「医療の分野などで高解像度液晶を求めるニーズがあります。個人向けに少し小型化したタイプを出すかもしれません。56P-QF60LCは個人でもお買い求めいただけますが……お値段は、680万円くらいします」と語る。

 また、ザルマンのブースでは、3D表示に対応した液晶ディスプレイ「ZM-M320W」が展示されていた。専用の3Dメガネを装着することにより、付属のソフトウェアで3D表示を調整して、立体映像が楽しめる。「3Dゲームがよりいっそう楽しめますよ。早ければ2月中旬に出荷できるかもしれません」という。

og_akibab_005.jpgog_akibab_006.jpgog_akibab_007.jpg 大迫力の映像で観衆を釘付けにしていた「56P-QF60LC」(写真=左)。ザルマンの3D液晶「ZM-M320W」も、体験者が多い人気スポットとなっていた(写真=中央/右)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.