連載
» 2013年04月16日 17時00分 UPDATE

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8」:改めて探す「定番Windows ストアアプリ」──クラウドサービス系アプリ編 (1/3)

まぁまぁ、もう一度使ってみましょうよスタート画面。Windowsストアアプリを改めて探すと“定番”系は意外とそこそこそろってきているみたいだ。今回はクラウドサービス系アプリ編をピックアップしてみた。

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]

仕事を効率化するWindowsストアアプリ を改めて探そう

photo 希少な国内メーカー製Windows RT搭載マシン「LaVie Y」

 昨今は、モバイルデータ通信サービスとともにタブレットやノートPCを活用して出先で作業することも多くなっていると思う。その際に役立つのがクラウドサービスを使ったツール群だ。

 というわけで今回は、Windows 8/RTに対応する定番Windows ストアアプリ:クラウドツール編。ファイル同期にメモ書きアプリ、Web上での複数人とのファイル共有などを探してみよう。最近はスマートフォンやタブレットも絡めたマルチデバイス環境を活用するシーンもあたり前になりつつあるが、こういった使い方の人にはこの手のサービスがとても役立つはずだ。


SkyDrive

photo SkyDrive(無料) サポートプロセッサ:x86、x64、ARM

 SkyDriveは、Windows 8/RTに標準でインストールされているMicrosoft純正のWindowsストアアプリだ。ネットワーク上にある自身のSkyDriveフォルダへネットワークアクセスでき、内容の閲覧・管理が簡単に行える。

 SkyDriveをより活用したいWindows 8ユーザー(残念ながらWindows RTは除く)は専用のデスクトップUI向けアプリもインストールしておくとよいだろう。これにより、Windows ExplorerからあたかもPCのローカルフォルダのように直接SkyDriveフォルダを操作でき、かつPCのローカルフォルダ/ファイルとSkyDriveフォルダ/ファイルを自動同期するよう設定できる。


Dropbox

photo Dropbox(無料) サポートプロセッサ:x86、x64、ARM

 オンラインストレージとして国内でも利用者の多い「Dropbox」の公式Windowsストアアプリ。Windows 8の「共有チャーム」(右端からスワイプあるいは/Win+c→共有)と連携でき、OSから直接Dropbox上に写真などのファイルを公開できる。2013年4月現在は英語UIのみ対応となる。


SugarSync

photo SugarSync(無料) サポートプロセッサ:x86、x64、ARM

 こちらも利用者が多いであろうオンラインストレージサービス「SugarSync」公式のWindowsストアアプリだ。こちらは日本語UIに対応しており、複数の機器間(SugarSyncをインストールしたPC、あるいはiOS/Android機器など)でSugarSyncアプリを介してファイルを同期しておける。



       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.