ニュース
» 2013年04月24日 18時47分 UPDATE

「enchantMOON」初回ロット1000台完売──第2ロットは6月中旬以降

enchantMOONの初回ロット約1000台が完売、「紙を再発明した」とは果たして何か、どんなことをもたらしてくれるかを期待するユーザーが初回ロットに殺到したようだ。

[ITmedia]
photo enchantMOON

 独自OS搭載手書きデバイス「enchantMOON」の第一ロット1000台が予約受付開始から開始1時間で完売。開発したユビキタスエンターテインメントは初回ロットでの注文を受けた顧客向けに初回ロットの増産を決め、かつ第2ロットの予約受注および発送予定日を告知した。

 enchantMOONは、同社が「紙を再発明した」とうたうタッチ+デジタイザーペンで操作できるデジタル手書き入力デバイス。ディスプレイサイズは8型、解像度は768×1024ドット。重量は約699グラム。1.2GHz動作の中AllWinner「Allwinner-A10」プロセッサとAndroid 4.0ベースの独自OS「MOONPhase」で動作する。

 2013年4月23日12時の初回予約受付開始から注文殺到により約5分でサーバダウン、同日19時に実施したタッチ&トライイベントも予想外の来客があり「大変な混乱となってしまいましたことをお詫び申し上げます」と告知を出した。

 第2ロットは、4月24日現在予約受付中、2013年6月中旬から7月中旬の発送予定とし、初回ロットと同様に同ロットにもシリアルナンバーのレーザー刻印が行われる。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.