ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「完売・売り切れ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「完売・売り切れ」に関する情報が集まったページです。

シンガポール発のユニコーン企業:
リテールテックのTraxが日本市場に本格参入 画像認識で店舗の棚を見える化
店舗の商品棚の前で撮影した写真を機械学習で画像認識し、在庫状況や商品棚上のシェア、 品切れ情報などが簡単に確認できるようになる。(2019/7/15)

古田雄介の週末アキバ速報:
DDR4-3600以上が品薄傾向、今買うか待つか AMDユーザーの新たな悩み
DDR4-3600以上の高クロックメモリが品薄傾向になっている。少なめの在庫に対して、急いで入手するか、それとも待つか。ショップやメモリメーカーや国の動きを見て悩むユーザーも多いとか。(2019/7/13)

河出書房新社「文藝」が17年ぶり重版 「韓国・フェミニズム・日本」特集で完売続出
特集の単行本化も決定。(2019/7/10)

ジェネリックウナギこと「ほぼうなぎ」が帰ってくる 3回焼き&専用タレでウナギ感アップ
2018年は12時間で完売。(2019/7/3)

古田雄介のアキバPickUp!:
「グラボを置くだけ」の台が異例のヒット! マザーボード用やマウス用も登場
先週はグラフィックスカードを展示するための台「NB-VGA-DP01」が複数のショップで売り切れになるほどヒット! そして、第3世代Ryzenの発売解禁日が店頭に貼り出されるようになった。(2019/7/1)

ネバネバ&パリパリ 納豆フレークをかけて食べるポテチ「納豆好きのための納豆味」が復活
2018年には1週間で売り切れた人気商品。(2019/6/21)

「OneMix3」先行予約が3日で完売 各50台を追加で販売
テックワンは、6月13日に先行予約販売を開始した「OneMix3」「同3S」「同3Sプラチナ」の追加販売を告知した。(2019/6/17)

「≪く≫首長竜首はそんなに曲がらない」……博物館学芸員考案の「恐竜かるた」が完売増刷 人気の理由は?
茨城県自然博物館が販売している「恐竜研究かるた」が人気だ。750セットを用意したものの、わずか2カ月で完売し、1900セットを急遽増刷した。博物館の学芸員が考案したかるたには、教材メーカーなどの「知育玩具」とは一味違った、研究者らしいこだわりがにじんでいる。(2019/5/21)

古田雄介のアキバPickUp!:
Core i3-9100Fが登場も「渇きは潤せない」の評
品薄が続くCore iシリーズだが、先週は「Core i3-9100F」が登場し、新ステッピングの「Core i7-9700K」も出回るようになった。が、まだ乾きは潤すことができない……。(2019/5/21)

古田雄介のアキバPickUp!:
10連休中にRyzen躍進! ショップによってはシェアがIntelを超える
PCパーツの一式買いが多かった連休中、全体的に品薄なCore iシリーズを尻目に各ショップでRyzenの売れ行きが目立っていたという。中にはシェアが逆転したという声も。(2019/5/14)

週末アキバ速報:
Core iシリーズのバルク品を売る店と売らない店 苦悩が続くアキバの今
Intelのコンシューマー向けCPU「Core i」シリーズは長らく品薄傾向が続いている。バルク品を扱うショップもあり、逆にBTO向けのCPUが足りないと嘆く声もあり、それでもどうにかやりくりしている様子だ。(2019/4/27)

フラッシュセールは10秒で完売:
Huaweiの「P30 Pro」を分解、3層PCBを採用
Huaweiは2019年4月12日(中国時間)、中国で最新スマートフォン「Huawei P30」と「Huawei P30 Pro」のフラッシュセールを実施したが、開始からわずか10秒で完売したという。Huawei P30/P30 Proの発売に伴って、さまざまな技術チームが分解レポートを最初に投稿しようと、先を争うように同製品の分解に取り掛かった。(2019/4/18)

増産決定:
売り切れ続出! “沖縄限定”98円天ぷら、ファミマで完売状態
沖縄ファミリーマートは2日から、県内の5店舗限定で、人気総菜店「上間弁当天ぷら店」を運営する上間フードアンドライフの天ぷらを、試験的に販売している。揚げたての天ぷらが手軽に味わえると人気で……。(2019/4/8)

「メガドライブミニ」発売前から品薄、転売でAmazonマケプレ価格高騰 ビックカメラは「転売目的なら注文キャンセル」
「メガドライブミニ」が発売前から品薄に。Amazon.co.jpでは3日午前に予約受け付けがスタートしたが、5日朝までに全モデルが完売。マケプレ品が高騰している。(2019/4/5)

「メガドライブミニ」Amazonで予約スタートも、直後に「W」完売→転売で高騰
「メガドライブミニ」の予約受け付けが、Amazon.co.jpで4月3日午前に始まった。「ミニW」はAmazon在庫完売でマケプレ品のみになっており、Amazon価格の2倍前後、1万6000円〜2万4000円の値が付いている。(2019/4/3)

成城石井の「いちごバター」再販決定! 発売即売り切れ続出のしあわせスプレッドが復活
ホットケーキに乗せた〜い。【4月5日追記】(2019/4/3)

顔認証で入店・決済、ファミマとパナソニックが実証実験
ファミリーマートとパナソニックが横浜市に実験店舗をオープン。店内のカメラ映像から売り切れている商品を判断。両社員を対象に、顔認証で入店・決済できる仕組みも導入する。(2019/4/2)

バーチャルYouTuberのクラウドファンディング、開始早々100万円の「授乳コース」が完売 バ美肉おにいさん本人も戸惑う事態に
バ美肉おにいさん(※中の人は男性の美少女キャラ)から授乳してもらえるコースです。【追記】(2019/4/1)

古田雄介のアキバPickUp!:
GPUなしCore iシリーズが登場も「価格差がない! あるのは在庫だけ」の声
Core iシリーズの品薄が叫ばれる中、GPU機能なしの「Core i9-9900KF」「Core i7-9700KF」「Core i5-9600KF」がラインアップに加わった。多くのショップは性能ではなく価格に対して一言ある様子だった。それは……(2019/4/1)

完売していた「木彫りのくまぬいぐるみ」が販売再開 意外過ぎるコラボがSNSで話題に
木彫りのアイデンティティーはいったいどこへ。(2019/3/20)

完売続出の“大理石リップ”が再発売決定! ランコム「ラプソリュ トーン アップ バーム」
リップ部分もパッケージもあまりにもかわいい。(2019/2/28)

「美大は“絵で食べる方法”を教えてくれない」 漫画『ブルーピリオド』作者と完売画家が考える“美術で生きる術”
漫画家の山口つばささん、画家の中島健太さんによる対談。美大や美術界の一端がわかる……!?(2019/2/23)

伝説のおもちゃ屋「ハローマック」のフィギュアがワンフェスで完売 赤い車から手を振るライオンが懐かしくて泣ける
製作に込めた思いを作者に聞きました。(2019/2/14)

「もう幻のワイン確定」「ギネス記録になりそうな速さ」 YOSHIKIプロデュース「ワイ・バイ・ヨシキ」が6分で完売
YOSHIKI効果ハンパない!(2019/2/10)

緑色のイクラのような見た目が人気の「わさビーズ」 転売行為について販売元が注意喚起
一般販売開始からSNSで人気を集め、現在売り切れが続いています。(2019/2/10)

「どこも売り切れ」ヒカキン絶賛でセブンの商品売れすぎ、メルカリで高額転売続く
ヒカキンさんがYouTubeで紹介した「おいしさまるごと ナチュラルポテト うましお味」が人気に。28日時点でもメルカリでの高額転売が続いている。増産や全国販売の可能性は?(2019/1/28)

HIKAKIN絶賛の「ナチュラルポテト」が品薄で高額転売…… 「高額転売やめて」と本人が呼び掛け
増産を待とう。(2019/1/26)

米国でAppleの整備済「iPhone SE」が発売 日本は?
Appleが米国で「iPhone SE」の整備済製品を販売した。価格は32GBが249ドル、128GBが299ドル。現在は売り切れている。(2019/1/22)

ガシャポン、回転寿司、メダルゲーム…… 大人も欲しがる『幼稚園』の付録はどうやって作られているのか
発売後、たったの1週間で完売も。(2019/1/10)

古田雄介のアキバPickUp!:
Core iと1TB SSD、16GBメモリが品薄な年始のアキバ
年末年始を大賑わいをへたアキバ自作街を歩いて最新の様子をウォッチ。2018年から続くCore iシリーズの枯渇以外にも、マイニングマザーが保守パーツとして再注目されるなど、さまざまな動きがあった。(2019/1/7)

食券自販機のボタンがカプセルトイになったぞ 押すと「売り切れ」ライトも点灯
ボタンを押したら、売り切れます。(2019/1/5)

「主人公レンズ」がヴィレッジヴァンガードで販売開始 コミティアで完売した天才的な発想のキーホルダー
「おかえり。ずっとずっと、待ってたよ」。(2018/12/22)

PR:通販のプロが実演販売したら5分で完売!? 商品の魅力を完璧に伝える動画が神業すぎる
「スゴくないですか?」ってめっちゃ言う。(2018/12/21)

『週刊朝日』で丸ごと1冊ネコ特集 売り切れ続出した前回よりパワーアップ
岩合光昭さん撮影のネコちゃんが表紙です。(2018/12/17)

「Essential Phone」の3.5ミリオーディオアダプタが149ドルで発売即完売(来週補充)
「Essential Phone」の、今夏発売される予定だった3.5ミリオーディオアダプタが149ドル(約1万7000円)で数量限定で発売された。すぐに完売したが来週在庫を補充する。(2018/11/14)

『スレイヤーズ』最新巻、売り切れ続出で即重版 反響受け「かけ替えカバー」が『ドラゴンマガジン』付録に
重版分の配本は11月上旬ごろ。初版分と同じく、カバーはリバーシブル仕様です。(2018/10/25)

古田雄介のアキバPickUp!:
10月19日22時販売解禁――第9世代Coreはi5からの流れ
第9世代CoreシリーズはまずはCore i5-9600Kから登場する見込みが高い様子。深刻な品薄状況に陥っている現行Core i5を埋める期待も集めているようだ。(2018/10/15)

古田雄介のアキバPickUp!:
第8世代Coreシリーズの品薄傾向が深刻化
第9世代Coreシリーズに対応するZ390マザーが登場した一方で、現行の第8世代Coreシリーズの全体的な品薄傾向が表面化している。年明けまで尾を引きずるといったコメントも複数ある。(2018/10/9)

おばけ探知機「ばけたん」が12年ぶりに復活! 過去いずれも一瞬で完売したオカルトマニア必携アイテム
幽霊探知機としての性能はオカルトマニアのお墨付きです。(2018/10/2)

古田雄介のアキバPickUp!:
「とにかく在庫が少なくて……」――RTX 2080 Tiは好評&品薄に
GeForce RTX 2080に引き続き、上位のRTX 2080 Ti搭載カードも売り出された。税込み17万円半ばから19万円弱で、どこのショップも強めの品薄傾向となっている。(2018/10/1)

歩数で白黒つけようぜ! 4時間で完売のタニタ×ヒプマイ歩数計、圧倒的人気に応えて追加販売決定
タニタさんありがとう……!(2018/9/8)

「赤」など新色も発売決定:
カプセルトイ「だんごむし」が人気で品薄に メルカリに1匹1500円で出回る
バンダイのカプセルトイ「だんごむし」が売れている。入手が困難となり、フリマアプリの「メルカリ」などに1匹1500円程度で取引されている。現在追加生産を行っており、9月中旬から順次出荷するという。(2018/9/6)

沖縄独自の作り方も影響:
かまぼこが高くなる 原材料が品薄など背景さまざま
伝統行事に欠かせないかまぼこが値上げされる見通しだ。原材料の冷凍すり身が品薄で価格が上昇。物流費、人件費なども軒並みコストが値上がりし、生産者の経営を圧迫している。(2018/9/5)

空前の高知ブーム到来! ノンスタ石田のTwitterで話題の“高知の財布”、バズりすぎて即完売
いいセンスだ。(2018/8/16)

氷菓「SACRE(サクレ)」レモンなど5種、一時販売中止を発表 猛暑の影響で品薄に
サクレレモンに関しては8月下旬ごろの販売再開予定。(2018/8/6)

プルンプルンしてそう クリアーレジンで作った「猫水まんじう」あっという間に完売
さすがの人気です。(2018/7/30)

Tesla、限定オリジナルサーフボードを1500ドルで発売し、即完売
Teslaが米国のオンラインショップで200枚限定のオリジナルサーフボードを約17万円で発売し、完売した。デッキはカーボンファイバーでカバーし、ボトムは同社の自動車のような鮮やかな赤だ。(2018/7/30)

キラキラの鉱石がねずみの背中で幻想的な森を形作る ハンドメイド作品「鉱石ねずみ」が大評判
作者の友人がTwitterで紹介したところ注目を集め、関連作品含め全て売り切れに。(2018/7/24)

古田雄介のアキバPickUp!:
光る24ピン電源ケーブル、予約の段階で売り切れ状態に
毎週のようにイルミネーション系パーツが登場するアキバ。先週は24ピン電源ケーブルの展示品が話題を集めている。今週発売だが、既に入手困難かも。(2018/7/23)

「アクエリアス」品薄により休売のうわさ広まる 実際は冷凍ペットタイプのみ
自販機も回転が速くなっており売り切れが増えているもよう。(2018/7/23)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。