ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「完売・売り切れ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「完売・売り切れ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

同人誌印刷会社を応援したい → 白紙の本『虚無』を作るユーザーが現る 「素晴らしい作品」と完売する人気に
その“虚無”は同志を動かす……!(2020/8/2)

洋服の青山、保冷剤付き夏用マスクを店頭で追加販売 完売・品薄受け、25万枚増産
洋服の青山で、保冷剤で口元を冷やす夏向けマスク「抗ウイルス加工マスク・冷涼タイプ」が8月8日から順次販売される。価格は1枚790円(税別)。(2020/7/30)

「仮面ライダー龍騎」を「自販“騎”」に パロディイラストが小ネタの宝庫で見つけなければ気が済まない!
ジュースは「たったか〜い(戦い)」と「止めた〜い」の2系統。リタイアしたライダーは「売切」です。(2020/7/27)

セブンは?:
ファミマ限定の「アナ スイ ガーゼマスク」が完売 珍しい“限定マスク”はローソンにも
ファミリーマート限定の「アナ スイ ガーゼマスク」(税込770円)が完売した。限定マスクはローソンにも存在する。セブンはどうなのか。(2020/7/27)

足にサメがガブッ!? サメがかみつくユニークな靴下がかわいいと反響
かわいい? 怖い? 好評すぎて売り切れ続出。(2020/7/22)

継続的に増産:
ユニクロが「エアリズムマスク」の販売制限を緩和 「1人1点まで」から「1人2点まで」へ
「エアリズムマスク」の販売制限が「1人2点まで」になった。これまでは「1人1点まで」だった。品薄状態を解消するため継続的に増産しているという。(2020/7/13)

ピーク時は月間400万人が利用 マスクの単価を比較できる「在庫速報.com」誕生の背景
コロナ禍で一気に品薄となり高騰したマスク。その最安値を表示してくれるのが「在庫速報.com」だ。当初はマスクだけだったが、今ではアルコール消毒液や体温計、ゲームにまでジャンルを広げている。Webサイトを作った背景について、開発元のアスツール代表取締役加藤雄一氏に話を聞いた。(2020/7/13)

不織布マスク「寿命3年」は本当? 専門家の意見
新型コロナウイルスの流行で一時は深刻だったマスク不足だが、最近はドラッグストアなどの店頭でも品切れは少なくなった。一方で、すでに大量にマスクを買い置きしているという人には気になる情報もある。(2020/6/26)

今後はネットショップでも販売する予定:
水に濡らして使う「水冷マスク」が完売 シャツメーカーのフレックスジャパンが発売
長野県のシャツメーカーが「水冷マスク」を発売。水に濡らすことでひんやりとした付け心地になる。販売初日に完売した。(2020/6/23)

期間限定:
かつやが「全力大人飯」を発売 完売続出の持ち帰り専用「全力飯弁当」を店内用に開発
かつやが「全力大人飯(ぜんりょくおとなめし)」を期間限定で発売する。持ち帰り専用の「全力飯弁当」が好調だったため、店内用に開発した。ボリュームたっぷりなのが特徴。(2020/6/18)

色や柄が豊富に:
三陽商会が「オリジナル布製マスク」第2弾を発売 第1弾は1時間で完売
三陽商会が「オリジナル布製マスク」を発売する。国内工場で生産されており、繰り返し洗って使用できる。機能性とデザイン性を追求した。(2020/6/15)

冷めてもおいしい「シウマイ弁当」がまさかのタオルケット化! あまりの人気に即日完売→入荷待ちに
ちょっとシウマイ弁当買ってくる。(2020/6/13)

発売日に即売り切れ! 無印良品が本気で作った「コオロギせんべい」を実際に食べてみた
今日のおやつはコオロギよ〜。(2020/6/12)

パンデミックで変わるPC市場
在宅勤務で「PC」が品薄に “特需”はいつまでも続くのか?
新型コロナウイルス感染症の拡大で在宅勤務などのテレワーク用PCの需要が増加した。ただし需要増が今後も続くかどうかについては、専門家によってさまざまな見方がある。PC市場の先行きは。(2020/6/12)

急げぇー! 新幹線型モバイルバッテリー「もちてつ」が在庫完売をもって販売終了へ
最後の入荷、とのこと。(2020/6/4)

駄菓子ビッグカツ、連日完売のヒミツ
子供たちに愛されている駄菓子「ビッグカツ」が自宅で作れるとして人気だ。ビッグカツを製造販売している広島県呉市の魚介加工品製造・販売会社「すぐる」が、新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛が続くなか「家族で駄菓子作りを楽しんでほしい」と「おうちdeビッグカツ(ビッグカツの肉)」を開発した。(2020/6/1)

水着素材を使用:
即日完売したミズノのマスク、5万枚を発売
スポーツ用品メーカーのミズノは、水着素材を使ったマウスカバーを5月28日10時から予約販売する。計5万枚を用意し、1人6枚まで受け付けるという。(2020/5/27)

ドムドムハンバーガーがオリジナルマスクのネット販売を開始、即日で完売に 次回販売はいつから?
「ドムドムハンバーガー」がオリジナルマスクのネット販売を5月25日午前11時より開始した。白黒おのおの3枚1セットから注文でき、価格は1480円(税込み、送料込み)。初回販売数は白が110セットで黒が30セットだったものの、販売ページを見ると25日13時現在で完売している。(2020/5/25)

古田雄介のアキバPick UP!:
10コア20スレッドの第10世代Core iシリーズがデビュー
第10世代Core iシリーズと対応するIntel Z490搭載マザーボードがPCパーツショップに並んだ。ただし、CPUは当初の予想通り品薄傾向で、特にCore i9-10900Kは週末を待たずに売り切れるショップが多かった。(2020/5/25)

マスク販売増えた? トラブルも増加
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、各地で品薄状態が続いていたマスクが、少しずつ店先に並び始めている。(2020/5/18)

マスク1枚36円 「価格破壊」が過熱 埼玉・西川口を歩く
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、大手のドラッグストアや量販店ではマスクの品薄状態が続く。だが、そんな状況もどこ吹く風とばかりに、一部の地域では安価なマスクが大量に店頭に並ぶ奇妙な現象が起きている。(2020/5/13)

「コロナで在庫が余っています」→買おうとすると売り切れ続出 残念だけど「よかった」気持ちを描いた漫画があるある
売れ残るよりは全然いいけど……食べたかった気持ちも分かる。(2020/5/5)

新たな「原価マスク」が登場 1枚35円で初日に完売、第2弾第3弾と販売
“医療従事者向け基金マスク”も販売。【追記】(2020/4/30)

会員限定:
カインズがマスクや体温計の抽選販売を実施 品薄商品を公平に届けるため
カインズがマスクや体温計の抽選販売を行う。会員限定で不定期開催。どんな品薄商品を販売するのか。(2020/4/30)

マスク苦渋のゲリラ販売 ドラッグストアが対策
新型コロナウイルスの感染拡大の終息が見通せない中、各地のドラッグストアでは、品薄が続くマスクの販売方法に変化が生じている。(2020/4/24)

新型肺炎が教える中国ビジネスのリスク(3):
「マスク狂騒曲」が教える商魂たくましい調達能力 「買い占め・転売問題」から考える中国ビジネスのリスク
今回の感染拡大はさまざまな問題を引き起こしているが、その1つにマスクなどに見られる買い占め・品薄状態が挙げられる。商品がまだ欠品していなかったころ、すでに一部の中国人は今回の事態を見越して、買い占めていた。マスクの買い占め、行列の光景をテーマに、中国との付き合い方を考えていく。(2020/4/16)

任天堂、品薄続くNintendo Switchの出荷再開を報告 「今週およびその後も出荷する予定」
「あつ森」セットは4月下旬出荷に。(2020/4/14)

【ねとらぼ10周年企画】記事で振り返るネットの話題:
5年前の今頃は?→アニメ「ダンまち」より“例の紐”が人気爆発 ただの紐が1000円で販売されるも即完売
数年前の今日はどんな記事があった?(2020/4/11)

「政府より早く配るぞ!」 町工場を生かした「墨田区マスクプロジェクト」
世界的にマスクが品薄となる中、古くからメリヤス業が盛んな東京・墨田区である試みが始まった。地元企業の支援を兼ね、町会が布マスクをまとめて発注、各世帯に配布するという。(2020/4/8)

「精製水どこにも売ってない」難病の子を持つ母親から悲鳴 品薄の理由は間違った「消毒液の作り方」
精製水は人工呼吸器付属の加湿器に必要不可欠で、不足は患者の命に関わります。(2020/4/9)

医療機関への支援も実施:
トヨタがマスクの生産に着手 グループの“自給自足”で品薄状態の解消に協力
トヨタ自動車がグループ各社と協力して医療機関への支援を行う。自社生産で使うマスクの“自給自足”もおこなう。品薄状態が解消されるようにするため。(2020/4/7)

在宅勤務率もやや低め?:
新型コロナウイルスの影響で困っていること 1位はやっぱり「あの商品」の品薄
新型コロナウイルスの影響で困っていることは? チャットプラスが3月下旬に実施した調査の結果を発表した。1位はやっぱり……(2020/4/6)

Webカメラ、なぜ店頭から消えた? メーカーは「前月比200%の販売数量」「増産でニーズに応えたい」
家電量販店やECサイトでWebカメラやPC用ヘッドセットの売り切れが続出している。原因は……(2020/4/3)

いまや違法薬物に近い扱い? 転売禁止のマスク、取引の舞台はダークウェブへ
新型コロナウイルス感染症の拡大で品薄状態が続いているマスク。高額転売を禁止する法律は定まったが、店頭に並ぶマスクはまだ少数だ。そんなマスクの取り引きが、秘匿性の高いネットワークで構築された「ダークウェブ」で今も続いているようだ。(2020/3/27)

文藝春秋が「週刊文春」完売号のスクープ記事を全文無料公開 森友自殺職員の遺書も
文藝春秋は、完売となった「週刊文春」3月26日号の記事「妻は佐川元理財局長と国を提訴へ 森友自殺<財務省>職員遺書全文公開 『すべて佐川局長の指示です』」を文春オンラインで全文公開した。自殺した財務省職員の赤木俊夫さんの遺書が掲載されている。(2020/3/25)

新型コロナと花粉症で深刻化:
品薄のマスク、ここで買えます 「在庫あり」のお店だけ、1枚の値段が安い順に表示するWebサイトが登場
新型コロナウイルス感染拡大の影響で品薄状態が続くマスク。花粉症のシーズンにもなり、深刻さが深まる。そんな中、在庫と価格、1枚当たりの価格を検索できるサイトが登場した。その名も……(2020/3/23)

納豆品薄! 業界困惑「コロナに効くというデマ流れている」
新型コロナウイルスの感染拡大でマスクの品切れ状態が続くが、食品では納豆が品薄になっている。生産面にも影響が出る事態となっており、業界団体も困惑を隠さない。(2020/3/19)

2月の売り上げは前月比2.7倍:
新型コロナの巣ごもり消費で意外なグッズが品切れ 高齢者向けに改良した昭和のおもちゃとは
新型コロナウイルスの感染拡大で巣ごもり消費が拡大。子どものストレス解消のためにあるグッズが品切れ。高齢者向けに改良した昭和のおもちゃとは?(2020/3/18)

マスク高額転売禁止、フリマアプリから姿消す 通販では高値続く
新型コロナウイルスの感染拡大に伴うマスクの品薄を受け、マスクの高額転売が15日から禁止された。フリマアプリやネットオークションからはマスクの出品が消えたが、政令の対象外であるECサイトでの事業者の販売では依然として割高の状態が続いている。(2020/3/17)

納期などで工夫:
繁忙期迎えるパンツメーカーが突貫スケジュールで「洗えるマスク」を生産中 過去3回の予約販売は既に完売
パンツメーカーのパレ・フタバがマスクの生産を始めた。洗えるマスクで、2枚入り税込1000円。ワンシーズンをめどに、手洗いすることで繰り返し使えるという。これまで3回の予約販売はいずれも完売した。本業が3〜4月に繁忙期を迎える中で、どのように生産しているのか。(2020/3/11)

マスク転売に罰則 最高で5年以下の懲役、300万円以下の罰金も検討
安倍晋三内閣総理大臣は、新型コロナウイルスの感染拡大により品薄状態が続いているマスクについて、転売を禁止する対策を指示した。ネットオークションでのマスク出品自粛の要請に加え、より厳しい規制を行い、品薄解消を狙う。(2020/3/6)

「買い溜めした人の9割は『デマ』だと知っている」調査結果が発表 分かっていながら大量購入する理由は?
品薄は「無知」が原因じゃない?(2020/3/6)

ヤフオク!、マスク転売禁止へ 14日から
ヤフーは新型コロナウイルスの感染拡大に伴うマスクの品薄状態を受け、ヤフオク!でのマスクのオークション出品を一律禁止する。(2020/3/5)

写真を多数掲載:
トイレットペーパーは十分あるよ! 経産省がデマに対抗するため猛アピール
店頭で品薄状態になっているトイレットペーパー。経産省はデマを打ち消すため猛アピール。生産・在庫状況を説明するとともに、工場などの写真を公開した。(2020/3/4)

政府からの要請に対応:
アイリスオーヤマが「100万枚のマスク提供」 新型コロナ感染者拡大の北海道に
アイリスオーヤマは政府からの要請に対応し 、感染者が増加している北海道の住民に配布するマスクとして100万枚を提供する。マスクは、政府が3月1日の「新型コロナウイルス感染症対策本部」で表明した「政府がメーカーからマスクを買い取り、感染が増加している北海道の住民に配布する」方針に対応して、国に売り渡す。新型コロナウイルスの感染拡大によってマスクの需要が急増し、メーカーによる生産が供給に追いつかず品薄な状況が続いている。(2020/3/4)

米子医療生協、「トイレットペーパー品薄デマ」投稿者の1人が職員だったと謝罪
規定に照らして厳正な対応を検討すると述べています。(2020/3/4)

落ち着いて、マスクは「紙」じゃない
なぜトイレットペーパーが品薄になったのでしょう。「マスクと同じ素材を使っているから」という人もいますが、それはデマです。(2020/3/2)

新型コロナ、拡散するデマを専門家が一蹴 漂白剤で予防? トイレットペーパーは品切れ
感染拡大が続く新型コロナウイルスについて、SNSなどでは予防法や感染経路に関する怪しげな情報が出回っている。これらの情報について、専門家は科学的根拠に乏しいデマも多いと警鐘を鳴らしている。(2020/3/3)

「トイレットペーパー、ティッシュペーパーの供給力、在庫は十分にあります」 日本家庭紙工業会が“品薄デマ”受けて声明発表
経産省も「今後、順次解消していく見通し」とコメント。(2020/2/29)

マスクは輸入再開:
マスクと消毒液の生産状況を経産省が公表 転売目的の購入を控えるよう呼びかけも
品薄状態が続くマスクと消毒液。経産省が最新の生産状況を2月27日に公開。転売目的での購入も控えるよう呼びかけた。(2020/2/28)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。