ニュース
» 2013年11月01日 16時38分 UPDATE

じつはドコモ版iPhone 5sでも使える:「BIGLOBE LTE・3G」がサービス強化、値下げ+2年縛りなし/nanoSIMも選択可能に

低価格SIMカードサービス「BIGLOBE LTE・3G」がサービスを改訂。2年縛りなし、月額料金値下げ+最大通信量の増加など、より導入しやすいサービスプランとなった。

[ITmedia]

 NECビッグローブは11月1日、データ通信サービス「BIGLOBE LTE・3G」の価格改定を実施。従来プランの値下げや提供形態の拡充を行った。

 BIGLOBE LTE・3GはNTTドコモのXiネットワークを借り受けてサービスを展開する低価格データ通信/SIMカードサービス。サービスエリアはXi/FOMAエリアと同じ。プラン別に設定する最大データ通信量まで速度規制なし(下り最大112.5Mbps)で利用できる。強化ポイントは以下の通り。

  • ライトSプランの月額利用料を値下げ(1980円→1580円)
  • ライトSプランの月間総量基準値を増加(1Gバイトまで→2Gバイトまで)
  • ライトMプランの月間総量基準値を増加(2Gバイトまで→3Gバイトまで)
  • ライトMプランからライトSプランへ変更可能に(現ユーザー向け)
  • 標準、Microサイズに加え、NanoサイズのSIMカードも提供可能に
  • 2年の継続利用契約(2年縛り)なしに
photo BIGLOBE LTE・3Gの料金プラン(黄部分が改訂カ所)

 ライトS/Mプランは、月間総量基準値(データ通信量)まで原則速度制限なしで使用でき、かつ低価格志向を実現する主力プラン。これまで加入条件だった2年の継続利用契約をなくし、かつライトSプランの値下げと月間総量基準値を増やしたことで、これまでのライトMプランと同等のサービスを約半額で利用できることになる。

 BIGLOBE LTE・3Gは、SIMカードのみの契約も可能。改訂によりiPhone 5/5s/5c、iPad Air/miniなどが採用するNanoサイズのSIMカードも選択できるようにした。別途入手するSIMロックフリー版の機器に加え、NTTドコモ版のiPhone 5s/5cでも利用できることを示す。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう