レビュー
» 2014年06月30日 15時53分 UPDATE

注目CPU詳細レビュー:“Devil's Canyon”「Core i7-4790K」の“新世代TIM”を検証する (1/3)

“Devil's Canyon”こと「Core i7-4790K」の性能を多数のベンチマークテストで検証。オーバークロックの可能性も考察する。

[石川ひさよし,ITmedia]
ココが「○」
・クロック相当の性能向上
・温度抑制効果あり
ココが「×」
・ゲームベンチでは変化なし
・消費電力わずかに増

CPU関連テストではクロック上昇分のスコアを確認。確かに4GHz台のパフォーマンス

 今回はDevil's Canyonベンチの後編。前回はプレビューという形で製品のスペックとPCMark 8のスコアを紹介したが、Core i7-4770Kとの比較を行ってみたい。気になるパフォーマンス、そして、TIM変更に伴う熱特性の違いにフォーカスしてみよう。

 Core i7-4790Kのスペックに関しては前回紹介したとおりだ。“Haswell Refresh”として、アーキテクチャに変更はないものの、インテルのメインストリーム向けCPUとしては初めて定格で4GHz台に乗り、一方でOCに関してはTIM(Thermal Interface Material)に「次世代ポリマー」を採用することで熱伝導性を高めたという。今回は各種のベンチマークテストを用い、Core i7-4770Kとのパフォーマンスを比較してみたい。

kn_dcanyontk2_18.jpgkn_dcanyontk2_19.jpg 左がCore i7-4790Kで右がCore i7-4770K。裏面を見ると、ボールの位置に変わりはないが、中央のキャパシタ部分は大きく異なる(写真=左)。インテルがCOMPUTEX TAIPEI 2014の期間に行ったオーバークロックイベントで、msiのチームが“から割り”したCore i7-4790K。「新世代のTIM」が見える

 ベンチマークテストは、とくに記さないテストに関してはCPUに統合したグラフィックスコアで計測している。ただし、3D処理や消費電力に関する部分ではディスクリートGPUを用いた結果も併せて紹介していく。テスト機材の主な構成を以下に記す。

比較対象 Core i7-4790K Core i7-4770K
定格クロック 4GHz 3.5GHz
ターボクロック 4.4GHz 3.9GHz
メモリ(速度) DDR3-1600 DDR3-1600
メモリ CFD Elixer W3U1600HQ-8G(8GB×2)
マザーボード ASRock Z97 Extreme 6
チップセット Intel Z97 Express
GPU Intel HD 4600
dGPU ASUSTeK GTX780TI-DC2OC-3GD5(GTX 780 Ti)
ストレージ OCZ Vector 150(Serial ATA 6Gbps、120GB)
OS 64ビット版 Windows 8.1 Pro
電源 Seasonic SS-1000XP(80PLUS Platinum、1000W)

PCMark 8、PCMark 7

kn_dcanyontk2_01.jpg PCMark 7 Build 1.0.4(Overall)
kn_dcanyontk2_02.jpg PCMark 8(Overall)

 PCMark 8、および、PCMark 7は、ストレージ以外のテストでCore i7-4790Kがより高いスコアとなった。ストレージに関しては差がない。比較的差が大きくなったのがPCMark 8では「Home」および「Creative」、PCMark 7では「Productivity」なだ。

Sandra 2014.SP2a 20.35

kn_dcanyontk2_03.jpg Sandra 2014.SP2a 20.35(プロセッサの性能)
kn_dcanyontk2_04.jpg Sandra 2014.SP2a 20.35(マルチメディア処理)

kn_dcanyontk2_05.jpg Sandra 2014.SP2a 20.35(暗号処理:高セキュリティ AES256+SHA2-256)
kn_dcanyontk2_06.jpg Sandra 2014.SP2a 20.35(暗号処理:標準セキュリティ AES128+SHA1)

kn_dcanyontk2_07.jpg Sandra 2014.SP2a 20.35(暗号処理:高セキュリティ AES256+SHA2-512)

 Sandraの「プロセッサの性能」では、Dhrystone整数AVX2で170GIPS目前にまで達した。おおむね111〜113%程度の向上率だ。マルチメディア整数x32 AVX2も向上率で見ると112〜113%で、クロックの引き上げ相当の向上は確実に出ている。

 「暗号処理」は、高セキュリティ(AES256+SHA2-256)、標準セキュリティ(AES128+SHA1)、高セキュリティ(AES256+SHA2-512)という3項目のすべてで差は出なかった。

kn_dcanyontk2_08.jpg Sandra 2014.SP2a 20.35(.NET演算)
kn_dcanyontk2_09.jpg Sandra 2014.SP2a 20.35(.NETマルチメディア演算)

kn_dcanyontk2_10.jpg Sandra 2014.SP2a 20.35(メモリーの帯域)
kn_dcanyontk2_11.jpg Sandra 2014.SP2a 20.35(メモリーのレイテンシ)

kn_dcanyontk2_12.jpg Sandra 2014.SP2a 20.35(メモリーのレイテンシ)
kn_dcanyontk2_13.jpg Sandra 2014.SP2a 20.35(キャッシュとメモリー)

 「.NET演算」は、Dhrystone整数.NET、および、

Whetstone倍精度FP64.NETは、111〜112%程度の向上を見せる。一方で浮動小数点に関するテストは、Whetstone浮動小数点/倍精度.NETがほぼ同等、Whetstone浮動小数点.NETはむしろスコアを落とした。ただ、「.NETマルチメディア演算」はすべてのテストで113%の向上を見せた。

 「メモリーの帯域」に関しては、整数メモリー帯域 B/F AVX2/256、浮動小数点メモリー帯域 B/F FMA/256ともに両CPUで差はなかった。「メモリーのレイテンシ」では、8Mバイトというラストレベルキャッシュのサイズより高レベルのキャッシュに収まる部分では10%程度レイテンシが低い結果だ。「キャッシュとメモリー」も同様で、8Mバイト以内であれば10%程度帯域幅が広い。

 なお、通常であればGB/s単位が使われるが、Core i7-4790Kでは2〜64kBまでがTB/s単位で算出されるようになるため、1024を掛けて算出している(128kBが1005GB/sと出たため、1TB/s=1000GB/sではなく1024GB/sと解釈している)。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.