ニュース
» 2015年01月15日 12時00分 UPDATE

2015年PC春モデル:全シリーズでCPUが“Broadwell”世代に移行──パナソニック「Let'snote RZ4/MX4/LX4/SX4」 (1/2)

Let'snote従来シリーズ新モデルが、CPUにインテルの最新アーキテクチャを採用。“RZ4”もCore Mシリーズの最新モデルを搭載した。

[ITmedia]

 パナソニックは、1月15日にビジネス向けノートPC「Let'snote」の「Let'snote RZ4」シリーズ、「Let'snote MX4」シリーズ、「Let'snote SX4」シリーズ、「Let'snote LX4」シリーズのそれぞれで新モデルを発表した。店頭モデルの出荷開始は、Let'snote RZ4シリーズが2月13日、そのほかのシリーズは1月23日からの予定で、最小構成における税別の実売予想価格は、Let'snote RZ4が17万円前後から、Let'snote MX4が19万5000円前後から、Let'snote SX4が21万5000円前後から、Let'snote LX4が20万円前後とみられる。

 Let'snote MX4、Let'snote SX4、Let'snote LX4で、CPUに14ナノメートルプロセスルールを導入するインテルの第5世代Coreプロセッサー・ファミリーを採用した。統合したグラフィックスコアの性能向上に加えて、電力効率の向上によってバッテリー駆動時間も各シリーズで従来モデルから伸びている。

 OSはWindows 8.1 Update、または、Windows 8.1 Pro Updateを導入するほか、ダウングレード権を行使してWindows 7 Professionalを選択することも可能だ。Microsoft Office付属モデルでは、「Microsoft Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービス」が利用できる。

 新モデルでは、Let'snote RZ4で導入していたタッチパッド誤操作防止ユーティリティをLet'snote MX4とLet'snote LX4でも採用した。四角形のタッチパッドで、キーボード入力時に誤ってタッチパッドに触れても誤操作にならないように、領域を指定して無効化する。また、画面共有アシストユーティリティを全シリーズで導入した。外部ディスプレイやプロジェクタを接続しているときに、表示するウインドウを選択してワンタッチで表示できる。

Let'note RZ4

 Let'snote RZ4は、10.1型液晶ディスプレイを搭載する2in1タイプのノートPCだ。Let'snote MXシリーズと同じく、液晶ディスプレイを360度開くことで、クラムシェルスタイルのノートPCからスレートスタイルのタブレットまで形態を変えて利用できる。ディスプレイの解像度は1920×1200ピクセルでタッチパネルを内蔵する。本体サイズは250(幅)×180.8(奥行き)×19.5(高さ)ミリで、重さは約745グラム。この状態で容量4860mAhのバッテリーを装着してバッテリー駆動時間はJEITA 2.0測定条件で約10時間、JEITA 1.0測定条件で約14時間だ。

kn_lets15sp_04.jpg Let'snote RZ4

 店頭モデルのシステム構成は、システムメモリが4Gバイトでデータストレージが容量128GバイトのSSDを内蔵する下位構成とシステムメモリが8Gバイトでデータストレージが容量256GバイトのSSDを内蔵する上位構成を用意する。どちらの構成もCPUがCore M-5Y31(0.9GHz/最大2.4GHz、2コア4スレッド、TDP4.5ワット)を採用する。

 店頭モデルのラインアップは、導入するOSとデータストレージ、システムメモリ、そして、ボディカラーが異なる5構成が登場する。実売予想価格は、OSがWindows 8.1 Updateでシステムメモリが4Gバイト、データストレージが容量128GバイトのSSDでボディカラーがシルバーの「CF-RZ4JDDJR」が17万円前後、これにOfficeが付属してボディカラーがブルーの天面に銅色のボディを組み合わせた「ブルー&カッパー」の「CF-RZ4JDEJR」が20万円前後、ボディカラーがシルバーの「CF-RZ4JDFJR」が19万5000円前後、OSがWindows 8.1 Pro Updateでシステムメモリが8Gバイト、データストレージが容量256GバイトのSSD、Officeが付属する「CF-RZ4JDLBR」が24万5000円前後、ボディカラーがブルー&カッパーになる「CF-RZ4JDMBR」が25万円前後になる。

Let'snote MX4

 Let'snote MX4シリーズは、本体に光学ドライブも内蔵できる2in1タイプのノートPCだ。本体サイズは本体サイズは301.4(幅)×210(奥行き)×21(高さ)ミリ。最小構成の光学ドライブを内蔵しないモデルで約1.18キロ、Blu-ray Discドライブを内蔵する上位構成で約1.238キロになる。この状態でバッテリー駆動時間はJEITA 2.0の測定条件で約11時間、JEITA 1.0の測定条件で約15.5時間だ。

kn_lets15sp_03.jpg Let'snote MX4

 店頭向けの上位構成では、CPUにCore i7-5500U(2.4GHz/最大3GHz、2コア4スレッド、3次キャッシュメモリ4Mバイト)を、下位構成ではCore i5-5200U(2.2GHz/最大2.7GHz、2コア4スレッド、3次キャッシュメモリ3Mバイト)を搭載する。本体内蔵の光学ドライブでは、Blu-ray Discのほか、光学ドライブを搭載しない構成も選べる。ディスプレイサイズは12.5型で解像度は1920×1080ピクセル。データストレージは容量128Gバイト、または、256GバイトのSSDを内蔵する。

 店頭向けモデルは搭載するCPUとSSDの容量、OS、Microsoft Officeの有無、搭載する光学ドライブの有無が異なる4モデルを用意する。Core i5-5200Uを搭載してSSDの容量が128Gバイトの構成では、光学ドライブなしの「CF-MX4HDQJR」とDVDスーパーマルチドライブ搭載の「CF-MX4HDFJR」、これにOfficeが付属する「CF-MX4HDGJR」をそろえる。OSは、Windows 8.1 Updateを導入する。

 CPUにCore i7-5500Uを搭載するモデルは、SSD容量が256Gバイト、光学ドライブがBlu-ray Disc対応、OSがWindows 8.1 Pro UpdateでMicrosoft Officeが付属する「CF-MX4ZDYBR」のみだ。

 税別の実売予想価格は、CF-MX4DDQJRが19万5000円前後、CF-MX4DDFJRが20万円前後、CF-MX4DDGJRが22万5000円前後、CF-MX4ZDYBRが30万円前後になる見込みだ。

Let'snote SX4

 12.1型ディスプレイ(解像度1600×900ピクセル)を搭載して本体に光学ドライブを内蔵する「Let'snote SX3」シリーズの店頭モデルは、搭載するCPUとOS、データストレージ、Microsoft Officeの有無、付属するバッテリーパック、そして、本体カラーが異なる5モデルが登場する。

kn_lets15sp_01.jpg Let'snote SX4

 本体サイズはバッテリーパック(S)装着状態で295(幅)×197.5(奥行き)×25.4(高さ)ミリ、バッテリーパック(L)装着状態で295(幅)×216.2(奥行き)×25.4(高さ)ミリとなる。重さはSSD搭載でバッテリーパック(S)装着状態で約1.17キロ、SSD搭載でバッテリーパック(L)装着状態で約1.38キロ、HDD搭載でバッテリーパック(S)装着状態で約1.19キロとなる。

 Core i5-5200Uを搭載して容量750GバイトのHDDを内蔵、標準でバッテリー(S)とMicrosoft Officeが付属して本体カラーがシルバーの構成では、OSがWindows 8.1 Pro Updateを導入する「CF-SX4HDPBR」とWindows 7 Professionalを導入する「CF-SX4HDPWR」を用意する。

 また、Core i7-5500Uを搭載して容量256GバイトのSSDを内蔵、標準でバッテリー(S)とバッテリー(L)が付属して本体カラーがブラックの構成では、OSがWindows 8.1 Pro UpdateでMicrosoft Officeが付属しない「CF-SX4JDTBR」、Microsoft Officeが付属する「CF-SX4JDYBR」、OSにWindows 7 Professionalを導入する「CF-SX4JDYWR」をそろえる。

 税別の実売予想価格は、CF-SX4HDPBRとCF-SX4HDPWRが21万5000円前後、CF-SX4JDYBRが24万円前後、CF-SX4JDYBRとCF-SX4JDYWRが26万5000円前後の見込みだ。

Let'snote LX4

 14型ディスプレイ(解像度1600×900ピクセル)を搭載する「Let'snote LX4」も搭載するCPUとOS,データストレージ、搭載する光学ドライブ、そして、付属するバッテリーが異なる3構成を店頭モデルで用意する。すべての構成で、Microsoft Officeが標準で付属し、システムメモリは8Gバイトを載せる。

kn_lets15sp_02.jpg Let'snote LX4

 CPUにCore i5-5200Uを搭載して容量500GバイトのHDDとDVDスーパーマルチドライブを内蔵、バッテリーパック(S)が付属する構成では、OSにWindows 8.1 Updateを導入する「CF-LX4HDABR」とOSにWindows 7 Professionalを導入する「CF-LX4HDAWR」が登場する。また、CPUにCore i7-5500Uを搭載し、容量256GバイトのSSDとBlu-ray Discドライブを内蔵、バッテリーパック(L)が付属してOSにWindows 8.1 Updateを導入する「CF-LX4JD9BR」を用意する。

 本体サイズは333(幅)×225.6(奥行き)×24.5(高さ)ミリで、重さはHDDを内蔵してバッテリーパック(S)装着状態で約1.31キロ、SSDを内蔵してバッテリーパック(L)を装着した状態で約1.395キロになる。

 税別の実売予想価格は、CF-LX3DDABRとCF-LX3DDAWRが20万円前後、CF-LX3ZD9BRが28万5000円前後になる見込みだ。

新色天板とワンランク上のCPUを選べるWeb限定モデル

 Panasonic Storeで取り扱うWeb販売限定のモデルでは、CPUでCore M-5Y71 vPro(1.2GHz/最大2.9GHz、2コア4スレッド、TDP4.5ワット)や容量512GバイトのSSDなど店頭モデルより高いスペックで構成可能だ。また、Core i5-5300U vPro(2.3GHz/最大2.9GHz、2コア4スレッド)にCore i7-5600U vPro(2.6GHz/最大3.2GHz、2コア4スレッド対応)を用意するほか、容量512GバイトのSSD、そして、ワイヤレスWANではNTTドコモのLTE「Xi」対応通信モジュール搭載構成も選択可能だ。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.