ニュース
» 2015年02月16日 18時27分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:高いけどカッコイイ! 超高級デザインケース「S-Frame GOLD」がアキバで話題 (1/4)

デザイン性と価格が飛び抜けたPCケース「S-Frame GOLD」がIN WINから登場した。過去の名品と同じく「高いけれど売れそう」と期待されている。

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

「突き抜けた格好よさにお金を払う人はいますから」――S-Frame GOLDの評判

 先週の新製品の中でも異彩を放っていたのは、IN WINのATXタワーケース「S-Frame GOLD」だ。価格は10万8000円前後。2014年8月に数量限定モデルとして、縁が赤い「S-Frame」(9万4000円前後)が登場したが、今回はその通常販売向けのバリエーションモデルといえる。

 4ミリ厚のアルミ板をフロントからリアにかけて何度も折り曲げ、それを左右の強化ガラスで挟むという斬新なデザインが特徴だ。34センチまでの拡張カードや36センチ長の水冷ラジエーター、高さ195ミリのCPUクーラーが搭載できるなど、拡張性も高い。本体サイズは(幅)313×(奥行き)755×(高さ)560ミリで、重量は17.41キログラムとなる。

og_akiba_001.jpgog_akiba_002.jpg IN WIN「S-Frame GOLD」。水冷ラジエーターやケースファンは底部、電源ユニットは最背部に縦に固定する特殊な仕様となっている。HDD/SSDベイは4基だ

 入荷したドスパラ パーツ館は「上部が開放された斬新なデザインのケースで、作りは相当しっかりしています。10万円級の価格でも、これだけ突き抜けた格好よさがあると売れるんじゃないかと思いますね。前例もありますし」とほれ込んでいた。

 10万円級のデザインコンシャスなケースといえば、2009年11月に登場したサーマルティクの「Level 10」がある。右側面の一枚板に、マザーボードルームやHDDルームなどが個別に固定された独特のデザインで、9万円前後の価格ながら発売前から完売するショップが相次いだ。

 「S-FrameやLevel 10ほどの高級路線でなくても、最近のIN WINはフレームデザインの『H-Frame』シリーズや強化ガラスを使った『900』シリーズなど、デザイン性の高いケースをたくさん出しているので、PCの仕上がりにこだわる人に注目されていますね」(同店)という。

 なお、900シリーズの新製品として、先週はmini-ITXサイズの「901 Black」も登場している。こちらも4ミリ厚のアルミパネルを採用している。価格は2万9000円前後だ。

og_akiba_003.jpg 2009年11月に登場したサーマルティクの「Level 10」。その後、低価格版の姉妹モデルが複数登場した(写真=左)。

og_akiba_004.jpg IN WIN「901 Black」

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.