ニュース
» 2015年03月18日 13時04分 UPDATE

アイ・オー、ミラーリング機能を備えたUSB 3.0/eSATA外付けHDD「HDS2-UTX」

アイ・オー・データ機器は、RAID-0/1構成に対応した2ドライブ構成の外付けHDD「HDS2-UTX」シリーズを発表した。

[ITmedia]
photo HDS2-UTXシリーズ

 アイ・オー・データ機器は3月18日、RAID-0/1構成に対応した2ドライブ構成の外付けHDD「HDS2-UTX」シリーズを発表、3月下旬に出荷を開始する。容量ラインアップは2Tバイト/4Tバイト/6Tバイト/8Tバイトの計4タイプを用意。価格はそれぞれ3万2200円/4万5600円/6万4600円/8万3600円だ(税別)。

 計2台のHDDを内蔵し、RAID-0/1構成に対応した外付けHDD(出荷時設定はRAID-1のミラーリング設定)。接続インタフェースはUSB 3.0のほかeSATA接続もサポートしている(eSATA接続は“同社製NASでのバックアップ用途のみ”としている)。本体サイズは約73(幅)×195(奥行き)×127(高さ)ミリ、重量は約2.1キロだ。

 また、交換用HDD「HDUOPX」シリーズもあわせて発売される。価格はオープン、予想実売価格は1Tバイトモデルが1万4000円、2Tバイトモデルが2万3600円、3Tバイトモデルが2万8300円、4Tバイトモデルが3万5800円だ(いずれも税別)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.