ニュース
» 2016年08月29日 16時34分 UPDATE

エム・コーポレーション、ヒートシンク筐体を採用したRaspberry Pi専用ケース“いちご缶”

エム・コーポレーションは、Raspberry Pi専用となる小型ケース“いちご缶”の販売を開始する。

[ITmedia]

 エム・コーポレーションは8月29日、RaspberryPi専用となる小型ケース「いちご缶」(型番:EMU-RP01)を発表、8月30日に販売を開始する。価格はオープン、同社直販価格は6480円(税込み)。

photophoto EMU-RP01(左)、利用時イメージ(右)

 Raspberry Piシリーズ(3B/2B/1B+)を装着できる専用の小型ケース。CPUとLANチップの熱を筐体に散熱できるヒートプレートを内蔵しており、安定したファンレス駆動を実現できるのが特徴だ。

 GPIOケーブルを外側に取り出せるスリットも装備。本体サイズは60(幅)×91(奥行き)×28(高さ)ミリ。

関連キーワード

ファンレス | ヒートシンク


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう