PC USER Pro
ニュース
» 2018年05月21日 16時54分 公開

腕時計端末で作業員と連携できる現場作業向け送受信システム「WorkWatch Alarm」

ラトックシステムは、製造現場などでの利用に向く腕時計型コミュニケーションシステム「WorkWatch Alarm」を発表した。

[ITmedia]

 ラトックシステムは5月21日、製造現場などでの利用に向く腕時計型コミュニケーションシステム「WorkWatch Alarm」を発表、6月下旬に出荷を開始する。価格は「基本セット(A)」(ゲートウェイ5台+腕時計端末5台)が65万円、「基本セット(B)」(ゲートウェイ2台+腕時計端末10台)が66万円(税別)。

photo ハードウェア一式

photo 腕時計端末

 各種センサーとメッセージパネルを備えた腕時計型デバイスとWindows PC間の送受信を実現する管理システム。腕時計端末には温度計や湿度計、6軸センサーを内蔵しており、周囲のデータや歩行データなどを管理側PCに送信できる他、管理PC側から各端末へアラームやメッセージを発信することができる。1システムで最大100台までの腕時計デバイスを集中管理することが可能だ。

 データの送受信は、腕時計端末とBluetooth接続を行う現場側のゲートウェイデバイスと、管理PCに接続されるホストアダプター間で行われる。ゲートウェイとホストアダプターの接続はSubGiga帯(920MHz)無線を採用、理論値で約1km遠隔の接続が可能だ。Windows用SDK(20万円、税別)も用意しており、既存システムへの組み込みにも対応する。

 対応OSはWindows 7/8.1/10だ。

photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう