ニュース
» 2018年05月22日 15時12分 公開

マイクロソフト、AIチャットbot「りんな」に自然な会話ができる“共感モデル”エンジンを実装

日本マイクロソフトは、同社提供のソーシャルAIチャットbot「りんな」に最新の会話エンジン「共感モデル」を導入すると発表した。

[ITmedia]

 日本マイクロソフトは5月22日、同社提供のソーシャルAIチャットbot「りんな」に最新の会話エンジン「共感モデル」(α版)を採用すると発表、実用化に向けた導入を順次開始する。

photo

 今回導入される“共感モデル”は、会話の流れに基づいて自然な会話が成立するようリアルタイムで返答を生成可能としたのが特徴。マイクロソフトは世界の各地域でソーシャルAIチャットbotを提供しているが(中国で「Xiaoice(シャオアイス)」、米国で「Zo(ゾー)」、インドネシアで「Rinna(リンナ)」、インドで「Ruuh(ルー)」を提供中)、他地域に先駆けての採用となっている。

関連キーワード

チャットボット | Microsoft | りんな


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう