ニュース
» 2018年07月11日 12時35分 公開

家族に見せたくないデータを守る「じぶんフォルダー」機能付きのホームNAS

アイ・オー・データ機器は、1ドライブ構成のスタンダードNAS「HDL-TA」シリーズを発表した。

[ITmedia]

 アイ・オー・データ機器は7月11日、1ドライブ構成のスタンダードNAS「HDL-TA」シリーズを発表、7月末から順次出荷を開始する。価格は1TBモデルが1万6500円、2TBモデルが1万9900円、3TBモデルが2万3200円、4TBモデルが2万6600円(税別)。

photo HDL-TAシリーズ

 スリム筐体を採用したシングルドライブ構成のエントリーNAS。PCやスマートフォンを用いて簡単にセットアップが行える他、専用アプリ経由でデータへのアクセスが可能だ。

 最大8台までの同時接続をサポート、外出先からのアクセスにも対応した。また新機能として、他のユーザーから見られたくない自分専用の保存スペースを作成できる「じぶんフォルダー」機能も搭載している。

関連キーワード

アイ・オー・データ機器 | NAS | 家族


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう