ニュース
» 2012年09月14日 21時06分 UPDATE

スマホで撮ってクラウドで管理――SkyDeskの名刺管理サービスにAndroidアプリ

SkyDeskの名刺管理サービスをAndroid端末から利用できるアプリが登場。スマホの内蔵カメラで撮った名刺をOCRでテキスト化し、クラウド上に保存する。

[ITmedia]

 富士ゼロックスは、同社のコラボレーションツール「SkyDesk」の名刺管理サービスをAndroid端末から使えるようにするアプリ「SkyDesk Cards」をリリースした。

 SkyDeskは、カレンダーや顧客管理、名刺管理、メール、チャット、文書管理などの機能を備えた業務用コラボレーションアプリ。基本機能は無料で利用でき、有料版に申し込むと名刺の登録枚数やファイルサーバのデータ容量、CRMの利用人数、メール容量などを拡張できる。

 今回リリースされたSkyDesk Cardsは、Android端末から名刺の取り込みや管理、閲覧を行えるようにするもの。Android端末の内蔵カメラで名刺を撮影すると、住所や名前、役職名、電話番号などのデータが自動でテキスト化され、クラウド上に保存される。SkyDeskの無料版では最大50枚までの名刺を取り込むことができる。

Photo SkyDesk Cardsの利用イメージ

 対応端末はAndroid OS 2.3.3以上のAndroid端末。アプリは無料でダウンロードできる。

photo SkyDesk Cards

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.