連載
» 2012年11月22日 13時00分 UPDATE

キーワード解説:1台の発電機で2回発電「コンバインド・サイクル」

全国の電力会社が火力発電で大部分の電力を発生させているいま、燃料をいかに効率よく利用するかということが大きな課題となっている。燃料を効率良く使う発電方式の中で、特に実績を挙げているのが「コンバインド・サイクル」という方式だ。

[笹田仁,スマートジャパン]

 コンバインド・サイクルとは、ガスタービンを利用する発電機から得た動力と、ガスを燃焼させるときに発生する熱の両方を利用して発電する方式。まず、空気を圧縮してガスと一緒に燃焼させてガスタービンを回す。この回転力で発電機を回して発電する。

 さらに、ガスを燃焼させたときの熱を利用して水蒸気を作り、その水蒸気で蒸気タービンを回して発電するため、「熱効率」が高くなる。熱効率とは、燃料が持つ熱エネルギーから取り出したエネルギーの割合を示す。熱効率が高ければ高いほど、少ない燃料で発電設備を動かすことができるので、燃費が良くなる。

 電気事業連合会によると、最新式のコンバインド・サイクル発電では、熱効率が50%を超える。これは、1950年代の火力発電と比べると2〜3倍も高い値だ。そして、コンバインド・サイクル発電は、現存するほかのどの火力発電方式より熱効率が高い。

 資源エネルギー庁は、2020年にはコンバインド・サイクルの熱効率は56%に達し、2030年には60%を超えると予測している。しかし、現実には2013年にも熱効率が60%を超える発電機も登場する予定だ。

関連記事:これを読めば「コンバインド・サイクル」がさらによく分かる!

新電力向けの発電所を拡張、発電能力は1221MWに

東京ガスと昭和シェル石油は、共同で運営している天然ガス発電所に発電機を追加で建設すると発表した。すでに2機の発電機が稼働しており、3機目の稼働が始まると合計発電能力は1221MW(122万100kW)に達する見込み。


日本最大の火力発電所で使っている燃料はどれ?

原子力発電所が停止している現在、電力会社は大半の電力を火力発電所で作っている。では、日本最大の火力発電所ではどのような燃料を使っているのだろうか?


半島に広がる火力と風力の発電所、関東の電力供給基地を担う

東京湾に面して火力発電所が立ち並ぶ千葉県は、国内で最大級の電力供給基地になっている。さらに最近では半島をめぐる長い海岸線に沿って風力発電所が増えてきた。注目の洋上風力発電プロジェクトも始まり、新旧を合わせたエネルギーの供給量がますます拡大していく。


「廃棄物発電」で巨大都市をスーパーエコタウンに

茨城県の太平洋岸に大規模な風力発電所が増加中だ。10〜20MW級の発電所だけでも5か所で稼働しており、今後の拡大が期待される洋上の風力発電も本格的に始まった。一方で内陸部ではバイオマス発電が活発に進み、その発電量は全国で第2位の規模に成長している。


最新の火力発電設備が試運転開始、関西電力の供給力が大幅増加

関西電力の姫路第二発電所で最新の火力発電設備が試運転を開始した。1基の最大出力は48.65万kWと大きく、今後2年間で合計6基が稼働する予定だ。これにより供給力は従来と比べて127万kWも増加し、原子力発電所の1基分を上回る発電量になる。CO2排出量も30%減少する。


キーワード解説「コージェネレーションシステム」

電力コスト低減、ピークシフトを狙った機器が続々登場しているが、使う場所や状況によっては期待した通りの効果を得られない機器もある。その中でも高い効果を期待できると注目を浴びているのが「コージェネレーションシステム」だ。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.