特集
» 2015年07月06日 07時00分 UPDATE

蓄電・発電機器:「水素社会」実現へ、パナソニックが普及を目指す3つの技術 (4/4)

[三島一孝,スマートジャパン]
前のページへ 1|2|3|4       

家庭での分散型水素社会実現を目指す

 水素社会実現に向けて参入する多くの企業が、既存のエネルギー産業の枠組みを変える大規模なエネルギーインフラの実現を目指しているが、パナソニックは既存のエネルギーインフラの代替となるような領域に進出するつもりはないという。

 宮部氏は「将来的には家庭や施設などでそれぞれ必要な電力やエネルギーを賄う分散型エネルギー社会が到来すると考えている。その意味で家庭や、それぞれの施設に向けて水素の製造、貯蔵、利用が一環して行えるような技術開発を中心に進めていく」と述べている(図11)。

photo 図11:パナソニックの取り組む水素社会実現に向けたバリューチェーン(クリックで拡大)※出典:パナソニック

 エネファーム、純水素燃料電池、光水素製造装置の3つの技術を核に、水素の製造、貯蔵、利用のバリューチェーンをつないでいく方針だ。

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.