キーワードを探す
検索

ブランド戦略

最新記事一覧

日産自動車は、「北米国際自動車ショー2018」において、日産ブランドの3列シートSUVのコンセプトカー「Xmotion」と、インフィニティブランドの中型セダンのコンセプトカー「Qインスピレーションコンセプト」を披露した。

()

坂本ラヂヲの展開するブランド「GRAMAS Meister」は、岡本拓也氏の革製品ブランド「T・MBH」とコラボレーションしたiPhone向けエキゾチックレザーケースを発売。エキゾチックレザーは「ポロサスクロコダイル」「ガルーシャ」「リザード」を用意し、手帳型とシェル型ケースをラインアップ。

()

UNiCASEオリジナルブランドの保護ケース「TOIRO for iPhoneX」が登場。上品なカラーやクールな定番カラーなど、豊富な20色から選べる上質なPUレザーケースに仕上がっている。

()

Googleが、これまでAndroid PayとGoogle Walletとしてそれぞれ提供してきた決済サービスを「Google Pay」というブランドに統合した。既にAirbnbなどのサービスも対応している。

()

2017年の製造業を取り巻く動きの中で、最もネガティブな影響を与えたのが「品質不正」の問題だろう。「日本のモノづくり」のブランド力を著しく傷つけたとされるが、2018年はこの問題にどう対応するのかという点は、全ての製造業の命題である。人手不足が加速する中、解決につながる「仕組み」や「ツール」に注目が集まる1年となる。

()

MJSOFTは、米moshiブランドのiPhone X用ケース「SenseCover for iPhone X」を発売。スタンド機能も備えたタッチ・センシティブ・フロントカバーで360度端末を保護し、ワイヤレス充電にも対応する。

()

年内開始を予定していた新ブランド「ZOZO」が年明けに延期。「ZOZO」の商品を購入する際に必要になるセンサー内蔵ボディスーツ「ZOZOSUIT」が十分に準備できず、年内の配送が難しくなったため。

()

小田原・箱根エリアで人気のクラフトビール「箱根ビール」20周年を記念して、販売元であるかまぼこブランドの「鈴廣」が「イベント×ソーシャルメディア」施策を展開した。老舗とインフルエンサーの意外な親和性とは?

()

2017年も国内外のブランドから意欲的なオーディオ製品が次々と登場した。日々さまざまなメーカーや販売代理店に出かけては膨大な数の製品を試聴している麻倉怜士氏が、2回に渡って注目の新作オーディオとその理由を解説する。

()

11月下旬スタート予定だった「ZOZOSUIT」の配送が遅延。予約受け付けから10時間で23万件も予約があったという。独自ブランド「ZOZO」も、「諸事情により」若干遅れているという。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る