アナログ環境で1日のスケジュールを持ち運ぶ3分LifeHacking

1日のスケジュールを手帳やノートに貼り付けて持ち運べるツールを紹介しよう。

» 2009年03月09日 11時55分 公開
[kizuki,ITmedia]
「スティックタイムメモ」。ヨコ型でスリムな形状
「スティッキースケジュールメモ トゥデイ」。タテ型で、サイズはやや大きめ

 GoogleカレンダーOutlookのスケジュール機能、サイボウズ、といったデジタルな各種スケジューラに頼る生活をしていると、いざアナログしかない環境になると1日の行動予定が分からず困ることがある。携帯電話ノートPCを取り出せば確認はできるものの、上司やクライアントが目の前にいて取り出すのがためらわれたり、電波が入らない場所ではアクセスできないこともある。

 その当日のスケジュールを持ち出す場合、スケジューラの画面をプリントアウトして持ち運ぶ方法も考えられるが、今回紹介する「スティックタイムメモ」や「スティッキースケジュールメモ トゥデイ」を使い、手帳ノートに貼り付けて持ち運ぶ方法もお勧めだ。

 これらは1日単位のタイムチャートが印刷された付せんで、朝から夜までの行動予定を書き込んだ状態で、手帳やノートに貼り付けることができる。商談で終日外出する際など、1日の行動予定を転記してノートに貼り付けておけば、出先でわざわざオンラインのスケジューラにアクセスする必要もなく、新たな予定もすばやく追加することができるというわけだ。

 手帳にじかに書き込むのと違い、はがして貼る場所を変えるのも簡単なので、フレキシブルな活用方法が可能だ。例えば、そのまま業務日報に貼り付け、会社への報告に使うといった用途のほかに、自席でディスプレイの端に貼り付け、つねに見える状態にしておくのにもぴったりだ。オンラインスケジューラとうまく使い分けて利用するとよいだろう。


スティックタイムメモ。9時から21時までの予定を記入できる。裏面の上部およそ2分の1が粘着面

スティッキースケジュールメモ トゥデイ。8時から22時までの予定を記入できる。22時以降も2時間分の余白があるので、残業が多い人に適していそうだ。裏面の上部およそ5分の1が粘着面になっている。一般的な付せん紙とほぼ同じ割合

本日のレシピ
製品名 実売価格 発売元
スティックタイムメモ 378円(100シート) ハイタイド
スティッキースケジュールメモ トゥデイ 420円(45シート) DELFONICS

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

あなたにおすすめの記事PR