ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「残業」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「残業」に関する情報が集まったページです。

PR:仕事が山積みで今日も残業……を解決するには? タスクを“見える化”する「FlatTask」
(2019/5/20)

専門家のイロメガネ:
わたし、定時で帰れるの? 残業を強制できるラインはどこか
ドラマ『わたし、定時で帰ります。』が話題になる背景には、多くの人にとって定時で帰れず残業が当たり前の状況があります。本来、残業をせずに定時で帰っていいラインとはどこにあるのでしょうか?(2019/5/8)

完全残業ゼロ:
PR:ブラックから“超ホワイト”に変身した会社が大切にする「改善の4ステップ」と「業務改善チーム」の全貌
長時間労働と高い離職率に悩まされてきた会社が、残業ゼロの“超ホワイト企業”に生まれ変わった。その会社が大切にしている「改善の4ステップ」と「社員が専任で取り組む業務改善チーム」とはどのようなものなのか。(2019/5/7)

中国プログラマーの反乱 “搾取労働”に告発広がる
中国のインターネット上でIT関連企業の長時間労働に対する告発が拡大している。残業続きで休日も返上して働いているのに、生活は豊かにならない−。こうした従業員たちの不満は企業側の“搾取”に対する怒りに転化しかねず、社会の不安定化を懸念する当局側も注視している。(2019/4/15)

「五月病」が増える?:
睡眠不足は酩酊と同じ 「眠り」見直し、会社で仮眠も
時間外労働の上限規制などを定めた働き方改革関連法が今月、施行された。無駄な残業の削減や、有給休暇の取得義務化で時間の使い方が変化する人もいそうだ。生活習慣や職場環境を見直す絶好の機会となるが、「睡眠」はそのポイントの一つ。専門家のアドバイスや企業の先進事例を踏まえ、改めてその大切さを考えたい。 (文化部 玉崎栄次)(2019/4/15)

生活は豊かにならない:
中国プログラマーの反乱“搾取労働”に告発広がる
中国のインターネット上でIT関連企業の長時間労働に対する告発が拡大している。残業続きで休日も返上して働いているのに、生活は豊かにならない――。こうした従業員たちの不満は企業側の“搾取”に対する怒りに転化しかねず、社会の不安定化を懸念する当局側も注視している。(北京 西見由章)(2019/4/15)

「アルバイトにも残業代や有給休暇はつく」 岡山県が若者向け啓発動画でブラックバイトに注意喚起
県が展開しているドラマ仕立てのシリーズ。(2019/3/28)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
働き方改革と無縁の「深夜国会」 膨れ上がる税金と“魔”の高揚感
新年度予算案の衆院通過を巡って「深夜国会」が開かれ、衆院職員の残業代が一晩で1800万円に上ったことが話題になった。さまざまな議論があるが、筆者が注目するのは深夜国会の「高揚感」。危険な高揚感で満たされないように「国会とは何か」を議論すべきだ。(2019/3/22)

お付き合い残業、無茶振り、板挟み……帰りたい人たちを描く漫画『僕たちはもう帰りたい』
もう帰りたい。(2019/3/18)

「テレワーク=サボり」と疑う上司:
働き方改革を「やってよかった」は少数派。「元のままでいい」「やらされている」と現場が感じる理由
リクルートマネジメントソリューションズがこのほど、「働き方改革が成果につながっている企業は少ない」との調査結果を発表。同社の研究員とコンサルタントが、その要因を解説した。「残業をしてはいけない」などという型を押し付けているだけで、企業の仕事内容や評価制度を変えない企業が多いためという。(2019/3/15)

働き方改革関連法施行後の「自己防衛術」:
未払い残業代を取り戻せ! あなたにもできる「ブラック企業との戦い方」
働き方改革関連法の施行は、これまでただ働きしてきたサービス残業による未払い残業代を取り戻すチャンスだ。(2019/3/8)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
働き方改革で残業が減らない理由 ちっとも進まない「経営者改革」
働き方改革について7割の人が「実感なし」と回答したアンケート結果が話題になった。「長時間労働の削減」が改革の代名詞のようになってしまっているが、本来はそうではない。生き生きと働ける社会にするために必要なのは「経営者改革」だ。(2019/3/8)

“いま”が分かるビジネス塾:
大矛盾! 他社の残業を副業にする人も?
政府が「副業解禁」にかじを切ったことで、副業をする人が徐々に増えている。しかし一部では、一律に残業をカットしてしまい、その結果、処理できなくなった仕事を外注に丸投げするケースも。さらにはこうした業務を副業として請け負う人もいるという……。(2019/3/6)

特集・RPAで仕事が変わる:
残業なくして乾杯♪ アサヒがRPAロボット量産に成功した理由
アサヒ飲料やアサヒビールを抱えるアサヒグループは、人事情報登録にRPAを導入して年間約1300時間の業務量削減に成功。現在は30ものグループ企業にさまざまなロボットを導入している。スムーズに展開できた理由は何か。担当者に話を聞いた。(2019/2/23)

ダメな組織の闇:
残業が習慣になる4つのメカニズムはこれだ!
「長時間労働をやめよう」というスローガンは、日本の雇用社会においてずっと指摘されてきた、古くて新しい課題です。なぜ一向に変わっていかないのでしょうか……?(2019/2/19)

福利厚生も手厚い:
「医療系職種の年収」が高い企業、スギ薬局やクオールなど上位 1位は賞与が年3回の……
医療系職種で残業時間が少ない企業は――。(2019/2/14)

たったの「月2.6時間」:
物流系職種の残業が少ない企業ランキング JR東日本やJALを抑えて1位になったのは……
物流系職種で残業時間が少ない企業は――。(2019/2/14)

残業中に「タチサレ……」と幼女の幽霊出現 立ち去らせたい意外な理由に癒やされる漫画
これは残業してしまいますわ……。(2019/2/13)

キャリアニュース:
キヤノンが1位、技術職の残業が少ない企業
企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」が「技術職の残業が少ない企業ランキング」を発表。トップ3は「キヤノン」「シャープ」「トヨタ自動車」で、1位の「キヤノン」は1カ月の平均残業時間が12.3時間だった。(2019/2/12)

【特集】Transborder 〜デジタル変革の旗手たち〜:
きっかけは“阿波踊り” 残業に苦しんだ営業女子が、全社の「働き方改革担当」になるまで
趣味の「阿波踊り」の練習に行こうとしたことがきっかけで、新人社員が社内に働き方改革を起こしたという企業がある。一体何が起こったのか。(2019/2/12)

たったの「月4.4時間」:
医療系職種の残業が少ない企業ランキング ニチイ学館やスギ薬局を抑えて1位になったのは……
医療系職種で残業時間が少ない企業は――。(2019/2/8)

月平均4.1時間:
契約社員の残業時間が最も短い企業は……?
契約社員が働く会社の中で残業時間が短いのはどこ? 企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」が調査結果を発表した。第1位は……。(2019/2/4)

なぜ人手が足りなくなる?:
企業の9割が「人手不足」実感 「高待遇での採用活動」など実施も効果薄
人手不足の部門を抱えている企業が89%存在することが、エン・ジャパンの調査で判明。人手不足の理由は「退職による欠員」、カバーする方法は「採用」「残業・休日出勤」などの意見が出た。(2019/1/29)

キャリコネ調査:
トヨタや日本郵便を抑え、20代の残業時間が最も少ない会社は?
20代の残業時間が少ない企業はどこ? 企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」が調査結果を発表した。(2019/1/29)

「残業学」教授が解き明かす:
残業削減に「魔法の杖」は無い 働き方改革がうまくいかないこれだけの理由
今の働き方改革は果たして残業削減に効いているのか。欠点と真に効く対策について大規模調査を行った立教大教授に聞いた。(2019/1/28)

「ワークライフバランスが極めて優れている」:
「金融系職種」の残業が少ない企業ランキング、あいおいニッセイや日本生命などを抑え1位になったのは……
金融系職種の残業時間が最も少ない企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが調査した結果、1位はあいおいニッセイ同和損害保険で月25.0時間だった。1位は……(2019/1/23)

悪いのはブラック企業だけか:
あなたが残業を止められない真の理由 『残業学』教授が斬る
働く日本人と切り離せない残業。その真の理由について立教大教授らが大規模調査した。残業が無くならない複合的要因を明らかに。(2019/1/23)

福利厚生が正社員並みの企業も:
「契約社員の年収」が高い企業、トヨタや日産など上位 1位は“残業代”で稼げる……
契約社員の平均年収が高い企業は? グローバルウェイが調査結果を発表。日産自動車(386万円)、トヨタ自動車(375万円)などが上位に入った。1位だった企業は……?(2019/1/22)

効果が実感できない人も:
1年前と比べて残業は増えた? 減った? ビジネスパーソン3000人に聞いた「働き方改革」の効果は……
「働き方改革」の重要性が叫ばれて久しいが、ビジネスパーソンの残業時間は本当に減っているのか。パーソルキャリアが調査結果を発表。1年前と比べて残業が減った人は26.3%、残業が増えた人は17.4%だった。(2019/1/21)

あの企業の残業は「ほとんどない」:
「企画・広報・マーケティング職」の残業が少ない企業、シャープを抑えて1位になったのは……
「企画・広報・マーケティング職」の残業が少ない企業は? 転職サイト「キャリコネ」を運営するグローバルウェイが調査結果を発表。2位はシャープで、月間平均残業時間は18.4時間だった。1位は……(2019/1/18)

残業するには許可が必要:
「販売系職種の残業」が少ない企業ランキング、「残業するとマイナス評価」という例も 1位は……?
販売系職種の残業時間が最も少ない企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが調査した結果、2位はオンワード樫山で月7.0時間だった。1位は……(2019/1/17)

研修制度も充実:
「技術職の残業」が少ない企業 トヨタやシャープを抑え1位になったのは……
技術職の残業時間が最も少ない企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが調査した結果、2位はシャープで月17.5時間だった。1位は……(2019/1/16)

PR:働き方改革、隠れ残業抑止にMDMは本当に有効なのか? 悩めるアイティメディア情シスが聞いてみた
モバイル環境からの業務利用が広がっている。情報流出を防止するツールを導入するのも一つの手だが、「あまりに自由度が低ければ使いにくくなるし……」と悩むIT管理者は多い。かくいうアイティメディアも例外ではない。そんなIT管理者がMDMの専門家であるアイキューブドシステムズに悩みをぶつけてみた。(2019/1/16)

ノルマさえクリアすれば自由:
「営業職の残業」が少ない企業、2位は日本郵便 1位は「申請しないと残業できない」……
営業職の残業時間が最も少ない企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが調査した結果、2位は日本郵便で月10.8時間だった。1位は……(2019/1/15)

働き方改革を身近なプリンタで
残業時間と人手不足の問題を解決――3つのケースで学ぶ効率化の鍵
資料や伝票の作成など、プリント作業は意外にも多くの時間と人手を必要とする。紙の出力が不可欠な資料や伝票で、残業が発生することは本質的ではない。仕事のやり方を劇的に変え、人手不足や残業時間を解消する方法がある。(2019/1/16)

「残業代の未払い」発生の懸念:
中小企業の40%が「残業規制」知らず 「経営者に余裕がない」恐れ
中小企業の多くが「働き方改革関連法」の内容を理解していない実態が露呈した。(2019/1/10)

「上司と飲むのはイヤ」という部下も:
仕事に「やりがい」求める上司、「休みやすさ」求める部下――調査で分かった“世代間ギャップ”
30代以上の管理職と20代の若手では、仕事に求めるものはどう違うのか。人材会社アデコが調査結果を発表した。管理職はやりがいや社会貢献、若手は休みやすさや残業の少なさなどを重視していることが分かった。(2019/1/8)

「知らなかった」では済まされない:
違反すると懲役刑や罰金刑も! 「残業時間の上限規制」の影響を弁護士に聞いた
2019年4月から働き方改革関連法が施行される。「残業時間の上限規制」など関連法の内容と、企業団体の人事・総務に求められる具体的な対応を、TMI総合法律事務所パートナーの近藤圭介弁護士に聞いた。(2018/12/20)

これで残業が減らせる? USENと東京芸大が「帰宅を促す音楽」を制作
「GET WILD」で良くね?(2018/12/12)

帰宅を促す音楽、USENと東京芸大が制作へ 残業を削減
USENが、ビジネスマンの帰宅を促す音楽の制作を始めた。東京芸術大学との共同研究結果を基に、USENが作曲、編曲、収録を行う。(2018/12/11)

ほどよい電話時間は増加:
社会人にとって「ほどよい残業」は月10〜15時間 過去30年間で微減、働き方改革効果か
平成の始めと終わりで、働く人の時間に対する感覚はどう変わったのか。シチズン時計が調査結果を発表した。現代の社会人にとって「ほどよい残業」は月10〜15時間であり、平成元年から微減していることが分かった。(2018/12/6)

デジタルワークプレイス:
働き方改革で目指したい職場環境は?
残業時間の短縮や労働生産性の向上など、「働き方改革」は企業目線で語られることが多く、「働かせ方改革だ」といった皮肉もある。そうではなく、「従業員の経験価値」を中心に置いた職場環境を目指すべきだという。(2018/11/28)

残業しない20代が増えている:
「残業が多い業界」ランキング マスコミ・広告・建築を抜いて1位だったのは……?
転職・就職のためのリサーチサイト「Vorkers」が、業界別の月間平均残業時間を発表。3位は「広告代理店・PRなど」、2位は「建設・土木・設備工事」だった。1位は……?(2018/11/27)

カルチャーの改善進む:
コンサル業界で「残業が少ない企業」ランキング 1位は「午後6時退社」も可能な……
コンサルティング業界で月間残業時間が最も少ない企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが調査結果を発表。業界全体で、残業や休日出勤が当たり前のカルチャーが変わりつつあることがうかがえた。(2018/11/26)

「朝礼と掃除は仕事じゃないからタイムカードは今から切ります」 実話に基づいた「ブラック企業体験イベント」が完全にホラーだった
「残業は1日10時間まで」「ノルマ未達成だから罰金10万円」……パワーワードが多すぎる。(2018/11/26)

残業なき労働に価値なし:
「サービス残業は当然」「お前はバカか」――怒号飛び交う“ブラック企業”体験イベントが怖かった
“ブラック企業”の就労体験ができる企画「THE BLACK HOLIDAY」の報道公開が11月22日に開催。参加者は上司・先輩役による暴言などに耐えながら、架空の企業の新入社員として約1時間働く。脚本は事実に基づいて作られており、非常に緊張感のある内容となっていた。(2018/11/24)

労基で未払い残業代の相談をしたレポート漫画がためになる 「自分で作った出勤簿も場合によっては立派な証拠」
大切な話をやわらかく分かりやすく。(2018/11/24)

iPhone生産需要低下、中国労働者の大規模退社招く
iPhone生産需要低下により、Foxconnなど生産メーカーの残業時間削減で自主退社が相次いでいる。(2018/11/22)

改善の余地はまだあり:
広告業界で「最も残業時間が少ない企業」ランキング 5位の電通は約50時間 1位は……
広告業界で残業時間が最も少ない企業は? 転職口コミ情報サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイがまとめた結果、2位はサイバーエージェントで37.2時間だった。1位は……(2018/11/20)

キーワードは“制約からの解放”
働き方改革実現に向け、セキュリティへの不安をどうやって解消するか
働き方改革は残業削減や在宅勤務の実現だけでは達成できない。真の働き方改革は非効率な働き方そのものを改善することで実現できる。ではまずどこから手を付ければいいのだろうか。(2018/11/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。