ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「残業」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「残業」に関する情報が集まったページです。

「管理職は残業代ナシOK」、実は誤解 法令の正しい意味を知る
【Q】課長に昇進した従業員から「残業手当も休日勤務手当も支払われなくなった結果、昇進前より手取り給与が少なくなった」とクレームがありました。他の企業でもよく聞く話ですし、問題はないですよね?(2024/2/21)

約7割「残業時間が減っている実感ない」 なぜ残業するのか、意外なワケも
転職サービスのdodaは「残業」に関する調査を実施した。約7割のビジネスパーソンが「残業時間の削減」に課題を抱えており、なかなか残業時間を減らせないワケも見えてきた。(2024/2/20)

それ、時短ハラスメントかも……「残業するな」と指導する上司に欠けている視点
(2024/2/15)

2024年問題:
建設業“2024年問題”の認知は7割も、対策の成果は2割のみ ITでペーパーレス化が急務
アンドパッドは、建設業界が直面する「2024年問題」について建設業従事者に対し、認知や対応状況を独自調査した。その結果、「時間外労働の上限規制厳格化」の認知は67.1%、残業削減の効果を実感しているのは23.4%となった。(2024/2/8)

建設業の「残業抑制」、効果実感はたったの“2割”……具体的な取り組みは?
「残業抑制の取り組み」について、8割が「効果を実感していない」と回答したことがアンドパッド(東京都千代田区)による調査で明らかとなった。その具体的な取り組みとは。(2024/2/2)

仮設住宅建設、協会として実施 積水ハウスの仲井嘉浩社長
能登半島地震の復興支援や、残業規制が強化される「2024年問題」への対応などについて語った。(2024/1/26)

残業時間の多い職種 「設計監理」「建築」を抑えた1位は?
1ヶ月の平均残業時間は21.9時間であることが、パーソルキャリアが運営する転職サービス「doda」の調査で明らかとなった。実働日数を20日とすると、1日1時間程度の残業が行われている中、残業の多い職種とは。(2024/1/22)

バス会社99%が運転手不足、対策は?
運転手の残業規制が強化される「2024年問題」を4月に控える中、全国のバス会社の99%で運転手が不足していることが、「地域公共交通総合研究所」のアンケートで分かった。(2024/1/19)

最後の給与が「めっちゃ減った!」 退職時に給与から固定残業代を引かれた、これって違法?
(2024/1/4)

「繁忙期も残業時間ゼロ」をどう達成した? 吹田徳洲会病院の業務自動化施策
2024年4月から開始される医師の時間外労働の上限規制など、医療業界における「働き方改革」が進みつつある。大阪府吹田市の吹田徳洲会病院はRPAツールを導入し、医事課業務の時間削減や繁忙期の定時退社を実現したという。(2023/12/23)

2024年問題:
建設現場での残業規制の意識調査「40代以上の54.4%が“歓迎しない”と回答」
ウィルオブ・コンストラクションは、2024年問題として知られる建設業の残業規制に関する意識調査の結果を発表した。調査結果では、20〜30代の8割強が規制を歓迎するとした一方、40代以上の54.4%が歓迎しないと回答している。(2023/12/18)

セキュリティと企業ニーズの関係性を調査:
残業抑制を掲げる企業は、なぜ「メール誤送信防止機能」を求めるのか ノークリサーチ
ノークリサーチは、中堅中小企業を対象に実施した、セキュリティ対策ニーズに関する分析結果を発表した。同社は「法制度に関連した取り組みがセキュリティ対策ニーズに影響を与えている」と分析している。(2023/12/15)

「未払いの残業代払え!」 退職者から突然の連絡、どう対応すべき?
(2023/11/27)

おとなの六法:
残業代ってどうやって計算するんですか?
「会社から残業代をもらえない」という声をたまに聞きますが、これは法律的にどうなのでしょうか?(2023/11/23)

みなし残業制、どうせなら「毎日定時」で帰りたい ダメですか?
多くの企業が取り入れている「みなし残業制」(=固定残業制)。「どうせ残業代が含まれているのなら、何とかして仕事を終わらせて、毎日定時に帰りたいよね」と考えるビジネスパーソンも多いのではないだろうか?(2023/11/20)

2024年問題 バス停に「乗務員不足で臨時ダイヤ」の表示 建設、医療にも影響
残業規制強化で人手不足が深刻になると懸念される「2024年問題」。物流だけでなく、交通や建設、医療など、さまざまな分野への影響が懸念されている。(2023/11/8)

2024年問題、減らぬ再配達 「運べない荷物」2年後には3割に
「2024年問題」が本格化する来年4月1日まで約5カ月に迫った。残業規制厳格化の対象分野は物流や交通、建設、医療など幅広く、国民生活に与えるインパクトは計り知れない。(2023/11/7)

Q&A これって違法ですか?:
新卒が「残業が多い」と激怒 訴えられても勝てますか?
卒の社員が「募集要項より残業が多い」と激怒しています。確かにその新卒社員が配属された部署は忙しく、募集要項の記載よりも残業時間が長くなっているのは事実です……。新卒は「訴える」と言っているのですが、これは当社が悪いのでしょうか。(2023/11/2)

“きのこたけのこ戦争”も解決!? 定時か残業かなど“究極の二択”を決められる「運命のコイン」がカプセルトイで登場
残業か定時かコイントスで決まる恐ろしさ。(2023/10/31)

経験者に聞く:
ブラック企業だと感じたこと 3位「サービス残業」、2位「長時間労働」、1位は?
識学が実施した「ブラック企業」に関する調査によると、38.6%がブラック企業に勤めたことがある、もしくは現在勤めていると回答。「ブラックだと感じたこと」の1位は?(2023/10/31)

裁判例を交え解説:
初任給40万円超、でも残業80時間込み ベンチャーで増える給与形態、狙いや法的問題は?
サイバーエージェントが昨年、残業代80時間分を含む形で新卒の初任給を42万円に設定した発表は記憶に新しいでしょう。9月には人材事業などを手掛けるベンチャー企業・レバレジーズが同様の発表をしました。固定残業時間と大幅な初任給引き上げを実行する企業の思惑を、判例とともに考えてみたいと思います。(2023/10/31)

働き方の「今」を知る:
「初任給50万円」のウラ側 みなし残業代を引いたらいくらになるのか?
高額な初任給を提示する企業が増えている。意欲と能力のある若手に高額な給与を支払うこと自体には賛成だが、一方で固定残業代や深夜割増賃金まで含んだ「カサ上げ」と言える事例も散見される。高額初任給の実態とその裏側とは――?(2023/10/30)

ウミガメ水族館のスタッフはウミガメが満足するまで…… 優しい“残業理由”に「これは仕方がない」「価値ある残業です」と384万表示
これなら毎日残業したっていい。(2023/10/12)

2024年問題:
ヒューマンリソシアが考察「建設業界の2030年未来予測」 建設業を悩ます技術者確保やRPA/AI活用も伝授
少子高齢化や働き方改革など、建設業界には解決しなければならない問題が山積している。2024年には残業規制も適用されるなど懸念点は多く、解決までの時間は限られている。そうした中で関係各社が最も頭を悩ませているのが、人材確保に関する悩みだ。技術者の減少が深刻化する中で、建設業界向けの転職支援を手掛けるヒューマンリソシアが、業界の未来予測や企業が取るべき採用アプローチをレクチャーする。(2023/10/6)

アズワン、「物流代行」サービスを来年1月開始へ
トラック運転手の残業規制強化によって深刻な人手不足が懸念されている「2024年問題」に対し、商社の物流網を生かして新興企業などの事業を支援したい考えだ。(2023/10/2)

Q&A 社労士に聞く、現場のギモン:
「給与のために残業したい」部下からの申し出、断れる?
部署内で、残業削減を目指しています。しかし部下から「給与のため、最低でも月20時間は残業したい」と申し出がありました。この部下の意思は尊重すべきなのでしょうか。彼だけに残業を許可してその分残業代が得られるようにするのは不公平な気もします。(2023/9/28)

2024年問題:
2024年問題で“積算事務所”勤務の約7割が収入減、解決の糸口は?CORDERが独自分析【寄稿】
CORDERは2023年7月、建設業の見積業務「積算」に従事する方を対象に、2024年に建設業にも適用される働き方改革関連法に伴う、積算従事者の残業制限の実施状況とその影響を独自に調査した。今回の寄稿では、400人から得た回答をもとに、積算事務所の抱える問題点と、その解決策を分析している。(2023/9/21)

Q&A 社労士に聞く、現場のギモン:
何度注意しても日中サボる社員 残業代をカットしてもいい?
業務中に明らかにサボっている社員がいます。業務で使用しているチャットもオンラインになっておらず、連絡しても何の返答もない状態が1〜2時間続くことがよくあります。注意をしても改善しないのですが、こうした場合、何らかのペナルティを科すことはできるのでしょうか?(2023/9/22)

特徴は社風:
定時退社ができる仕事 3位「医療系専門職」、2位「製造業」、1位は?
ビズヒッツは「定時退社できる仕事に関する意識調査」を実施した。残業なしで定時退社ができる仕事の1位は?(2023/9/20)

10月以降「インボイス残業」発生へ 人件費「全国で月3400億円分」増加か LayerX試算
消費税のインボイス制度が10月1日にスタートすると、対応のための新たな業務が発生し、全国で毎月約3400億円の人件費が発生する可能性がある――LayerXがこんな調査結果を発表した。(2023/9/20)

約4割の人が「サボり残業の経験あり」、なぜ?
残業をしているようなフリをして、実は何もしていない。いわゆる“サボリ残業”をしたことがある人は、どのくらいいるのか。(2023/9/19)

出社頻度と残業時間が相関?:
新型コロナウイルス感染症の5類移行で残業時間が増加 ライボが残業に関する実態調査
ライボは、「2023年 残業に関する実態調査」の結果を発表した。67.2%がコロナ禍よりも残業が「増えた」と回答し、出社頻度が高い人ほど残業時間が増える傾向が見られた。(2023/9/12)

第5回 建設・測量生産性向上展:
「2024年問題を前に、CCUS活用など建設業の労働環境はどう変革すべきか」芝浦工大 蟹澤教授が提言
2023年から2025年にかけて、建設業界には大きな環境の変化が訪れる。既に建設キャリアアップシステムがスタートし、2022年10月には加入者が100万人を突破。2023年4月には、公共工事でCCUSの準拠が原則必須になった。この他にも、2023年10月にインボイス制度の施行、2024年4月には残業時間の上限規制適用、さらに2025年4月には改正建築基準法も予定されている。(2023/9/7)

Q&A 社労士に聞く、現場のギモン:
IT化で「申告されてない残業」が発覚! さかのぼって残業代を支払うべき?
勤怠管理システムを刷新する際の参考にするため、過去3カ月分の社用PCのログを調べたところ、複数の社員が未申告の残業をしていることが発覚してしまいました。この場合、会社は未申告の残業代を支払うべきなのでしょうか。社労士が回答します。(2023/8/4)

Q&A 社労士に聞く、現場のギモン:
残業代カットのため、管理職を増やすのはアリ? ベンチャー社員の疑問
残業代を抑えるため、部長以上の役職者を増やしているベンチャー企業。問題はないのか? 社労士が現場の疑問に回答します。(2023/8/3)

トップ20:
「人材育成」に優れたコンサル企業、上位の特徴は?
転職や就職先として、コンサルティング業界は常に高い注目を集めている。激務のイメージがあるが、近年は働き方も変化しているようで。就職・口コミサイト「OpenWork」上で集計した残業時間を見ると……。(2023/7/27)

裁判に発展したケースも:
勝手に深夜残業する部下、成果は出ているが……注意すべきか? 残業代はどうなる?
「夜の方が集中できる」という理由で深夜残業をしている社員がいます。実際に成果は出ていますが、残業代や労働時間の観点から注意すべきでしょうか?(2023/7/25)

Z世代の4割「サービス残業している」 隠れ残業が多い職場の特徴は?
クラウドソフトウェアを提供するオロ(東京都目黒区)は、IT・広告・コンサルティングなど知的サービス業に従事するZ世代(18〜29歳)906人に対して、残業時間に関する調査を実施した。(2023/7/20)

Q&A 社労士に聞く、現場のギモン:
勝手に深夜残業する社員 残業代は支払うべき?
特定の社員が無断で、原則禁止している午後10時以降の深夜残業をしています。無断・無許可で繰り返される残業にも、残業代は支払わねばならないのでしょうか。また、何か有効な対策方法はありますか?(2023/6/29)

Q&A これって違法ですか?:
「怒られちゃうから残業付けないで!」と部下に頼んでいる上司 人事に求められる対応は?
(2023/6/27)

上司より先に帰ってはいけない:
約8割が「古いなあ」と感じる暗黙のルール Z世代は「残業」をどう見ているのか
「上司より先に帰ってはいけない」といったルールを「古い」と感じている人は、どのくらいいるのだろうか。18〜29歳のビジネスパーソンに聞いたところ……。(2023/6/27)

AI:
建設業界の労働時間を大幅に削減するAI OCR「DX Suite」 ヒューマンリソシアが提供するさらなる活用術とは?
ヒューマンリソシアは2023年3月8日、「2024年問題」への早急な対応が業界全体で課題となっている建設・不動産企業に向け、「残業時間削減とデータ利活用を促進するDXソリューション解説セミナー」を開催した。(2023/6/21)

実際よりも給料を“盛って”いる? 定額残業代を導入する企業の思惑
残業手当対策として導入している企業も多い「定額残業代」。サービス残業のような違法性は全くないものの、「なんだかおかしい」と感じているビジネスパーソンもいるのではないでしょうか。(2023/6/14)

Q&A 社労士に聞く、現場のギモン:
「4〜6月分だけ残業したくありません」 認めるべき?
部下の1人から「社会保険料が高くなるので、3〜5月(4〜6月の給与分)だけは、残業したくありません」と打診を受けています。どうするべきなのでしょうか。(2023/5/29)

エン転職調べ:
1万人に聞く、残業時間が増加している業界 「商社」「マスコミ」を抑えた1位は?
転職支援サービス「エン転職」を運営するエン・ジャパンは、「残業についてのアンケート」を実施した。(2023/5/19)

残業やエラーを減らした:
ほとんどの単純作業は自動化できる、OniGO社のSaaS活用術
人事の繁忙期は年に5回と言われている。労務を兼務していると、給与計算が発生する毎月末も残業が増える。こうした業務を効率化するために、担当者はどのようなSaaSを活用しているのだろうか。宅配スーパーを運営しているOniGO社に話を聞いたところ……。(2023/5/11)

「最近残業が増えた」と思う人が多い業界 トップは「コンサル・士業」 IT業界の順位は? エン転職調査
「ここ数年で残業が増えた」と思う人が多い業界は──転職情報サイト「エン転職」などを手掛けるエン・ジャパンが調査。IT業界の回答は?(2023/5/8)

indeedが公開:
お茶出しや電話は女性の仕事 職場にはびこる「謎ルール」 あなたの会社は大丈夫?
「送別会で花束を渡すのは女性の仕事」「深夜残業は男性の役割」――。あなたの職場には、こうした根拠なく根付いた「謎ルール」はないだろうか。求人検索大手の「Indeed Japa」は、全国の働く男女から約5200件に上る「職場でジェンダーギャップを感じた実体験の声」を収集し、『守らなくていい職場の“謎ルール”ブック』としてまとめ、同社公式Webサイトで公開した。(2023/4/10)

管理職にこそ「働き方改革」を:
「部下に残業させられない」と犠牲に──しわ寄せを受ける管理職のため、会社がすべき2つのこと
「俺が法律の犠牲になりそうだよ」と頭を抱えるAさん。コンサルタント会社でマネージャーをしているAさんには、「働き方改革」にしわ寄せがきていたのです。(2023/3/30)

100人に調査:
中小企業の経営者「残業代に見合った成果がない」 50%が実感、対策は?
タイムクラウドは、中小企業の経営者100人に対し「残業」に関する調査を実施した。半数が従業員の残業時間内での業務に対し、1.25倍の賃金を支払った分の成果を「出していない」と感じていることが分かった。(2023/3/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。