コラム
» 2019年05月10日 05時00分 公開

麹町中学・工藤勇一校長の提言【後編】:学級担任を廃止して「学年担任制」に――公立中学校長の改革 (5/5)

[工藤勇一,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5       

「教員間の連携」がカギ

 「全員担任制」を進める上で大切なのは教員間の連携です。どの学年も週に1回会議を行い、日常においてもコミュニケーションを取り合いながら、情報共有を図っています。全員担任制にして、逆にコミュニケーションが劇的に良くなったと教員は話しています。 宿題にせよ、定期考査にせよ、固定担任制にせよ、長い学校教育の歴史の中で当たり前のように存在し、誰も疑問を持たずに続けてきたものです。

 制度や仕組みは、時代とともに変えていく必要があります。

 学校教育の上位目的に照らし合わせて、最適な手段ではないと判断したら、たとえ100年続いてきた仕組みであったとしても、変えようとする柔軟性を、校長をはじめとする教育関係者は持つべきだと考えます。

photo
前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.