特集
» 2005年06月16日 10時25分 公開

現場から見るSEの「地力」:アプリケーション導入は自分の判断基準で (2/2)

[杉山正二(アールエスコンポーネンツ),ITmedia]
前のページへ 1|2       

判断基準2:できる限り事前に統合されたものを選択する

 スイートかベストオブブリードか、という議論もよく聞く。私から言えば、判断基準は明確である。必要な機能を8割以上満たしていて、他に前提条件や制約条件がない場合には、スイートを選ぶ。なぜなら、以前から私が重視している、データ統合が既にできているからである。

 アプリケーションを組み合わせて活用するときの最重要課題は、データの統合、システム的に言えば、インタフェースをどううまく実現するか、ということである。アプリケーション統合の成否は、データ統合の成否そのものと言っても過言ではない。

 では、何故弊社のシステム(関連記事)がスイートではなく、ベストオブブリード型になっているのか? それには、いくつか理由がある。

 まず、ビジネス開始前のERP導入検討時点では、満足のいくスイート製品がなかったこと。また、需要予測に関しては、グループとしての標準パッケージが決定しており、それを採用せざるを得なかった。BI(ビジネスインテリジェンス)に関しては、利用方法のコンサルテーションも必要としたので、必ずしもスイート製品のベンダーが最適とは限らなかった。

杉山 正二


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -