ニュース
» 2009年05月05日 09時44分 公開

ビジネスマンの不死身力:五月病を乗り越える6つのステップ (3/3)

[竹内義晴,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

環境が変わった社員を持つ上司の対応

 新入社員や配属が変わった社員を持つ上司はどうするべきか。彼らは表向きは元気に頑張っているように見えても、今までの環境との間に大きな変化があり、心身ともに緊張状態にあることをまず理解しよう。

 五月病か、と思うような社員がいたら、ぜひ話を聞いてあげてほしい。この時「そうすべきではない」という批判や「その場合はこうしたほうがいい」というアドバイスをしないことがポイントだ。

 わたしの知り合いのカウンセラーは「『話す』ことで、相手は抱えているものを自分から『放す』んですよ」と言う。相手が頭の「内」に抱えているものを言葉によって「外」に出してあげることで、体から悩みが出て行くとイメージするといい。実際、わたしたちは悩み事を他人に話すだけで、すっきりとして癒された感じを得ることがある。あなたも悩んでいるときに「とにかく話を聞いてもらいたい」と思ったことがないだろうか。

 「何でも話していいよ」「そして?」「それから?」と、相手の目を見て、うなずきながら、相手の話を最初から最後まで聞いてあげることが大切だ。「わたしが若い頃は……」という武勇伝は必要ない。

 五月は街の緑が一段と増し、とてもすがすがしい。仕事に対して意欲的に取り組むにはもってこいの時期だ。五月病は「やる気がないことの裏返し」と思われがちだが、決して悪いことではない。悲鳴を上げている自分と上手に付き合いながら、みなさんが街の緑のように成長していくことを心から望んでいる。

著者プロフィール:竹内義晴(たけうちよしはる)

 竹内義晴

テイクウェーブ代表。自動車メーカー、コンピュータ会社を経て、現在は、経営者・起業家・リーダー層を中心としたビジネスコーチング、人材教育に従事。システムエンジニア時代には、プロジェクトマネジメントにコーチングや神経言語学を生かし、組織活性化を実現。この経験を生かして、クライアントの夢が現実になるよう、コーチングの現場で日々奮闘している。アイティメディア「オルタナティブ・ブログ」の「竹内義晴の、しごとのみらい」で、組織作りやコミュニケーション、個人のライフワークについて執筆中。


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ