ニュース
» 2010年09月10日 07時40分 公開

Apple TV対Google TV、勝つのはどちらか (2/2)

[Clint Boulton,eWEEK]
eWEEK
前のページへ 1|2       

 Google TVは数十年にわたって定着してきたCox、ComcastなどのCATV会社の慣行を変えようとしている。Apple TVはユーザーがもっとコンテンツを視聴するためにテレビに接続する「もう1台のデバイス」を目指している。

 皮肉なのは、ジョブズ氏が6月に、世界はもう1台のデバイスを求めていないと言っていたことだ。今やAppleがそれを提供している。サイズが4分の1になっただけで。

 ガーテンバーグ氏は、一般の消費者に訴求する上ではApple TVの方が有利だとしている。

 「入力端子1を追求するのは非常に難しいだろう」と同氏は指摘する。「テレビの1番目の入力端子を狙うのは、冬のロシア戦線を戦うようなものだ。実現しない」

 「だがAppleは、2番目の入力端子をうまく押さえられる見込みが大きい。もっと重要なのは、iPhoneで実現したのと同じように、テレビの楽しみ方を変え、進化させることを消費者に教えられるだろうということだ。Apple TVとテレビの関係は、iPhoneと携帯電話のようなものだ。Apple TVは今後の製品とサービスに向けた下地を整える」

 もちろん、ガーテンバーグ氏が自身のブログで指摘しているように、AppleにはApple TV向けのアプリストアがない。

 「テレビ向けにiPhoneのようなアプリのエコシステムを作るのは理にかなうと思うが、Appleはテレビ市場にパラダイムシフトを説く必要がある。Apple TVは多くの点でリセットであり、テレビは習慣や使い方が定着している。消費者がそのモデルにシフトできるようになるには、Appleがリビングルームで地位を確立する必要がある」

 もう1つ、皮肉な事態が迫っている。

 Apple TVは2006年の発売時から「Appleの趣味」と言われてきたが、新モデルの形や価格、Netflixサービスの統合は、そのレッテルを取り去る一助となりそうだ。だが、Google TVも同じような立場に立たされるかもしれない。

 これまでの報道では、テレビ局側は、非常に野心的なGoogle TVのサポートに消極的だという。Google TVがGoogleファンの間でしかはやらないという可能性もある。Apple TVが今も存続しているのは熱心なファンのおかげだ。

 実際、Google TVは次の「初代版」Apple TVになるかもしれない。いずれにしても、今年の年末商戦のリビングルームでのポジションをめぐるGoogleとAppleの戦いは、エキサイティングになりそうだ。

前のページへ 1|2       

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

注目のテーマ