ニュース
» 2014年02月26日 09時00分 公開

IBM Pulse 2014 Report:クラウドやアナリティクスで競争力を高める米国ホンダとF1レッドブルレーシング (2/2)

[浅井英二,ITmedia]
前のページへ 1|2       

レッドブルが追求するのはF1マシンのはスピードだけではない

Red Bull Racingのマット・カデューCIO

 スピードを追求するF1レーシングチーム、その頂点に立つのが、4年連続でワールドチャンピオンに輝く英国のRed Bull Racingだ。しかし、同社に課せられたのは、単にクルマの速さだけではない。いかに迅速にF1マシンをデザインし、シーズンを通じて改良を繰り返して行けるかだ。

 「華やかなF1だが、レース場に行けるのは社員の1割に過ぎない」と笑うのは、Red Bull RacingでCIOを務めるマット・カデュー氏だ。

 F1はその年のレギュレーションに合わせてクルマを開発すれば終わりではない。不具合もあれば、レース場ごとに異なるパーツを組み合わせ、最高のパフォーマンスを叩き出せるように改良を繰り返す。

 「エンジニアリングの変更は年間3万件に上る。スピードが命だ」とカデュー氏。

 週ごとに19の国を転戦するF1では、常にイノベーションが求められ、改良されたパーツをパドックまで確実に届ける必要もある。ビジネスプロセスも柔軟かつリーンでなければならない。

 もちろん、Red Bull RacingではITのパワーをフル活用している。マシンのデザインはすべてコンピュータの仮想世界で行い、パーツも3次元CADから直接作られる。ほかのメーカーと同様、PLMやERPも導入するなど、アプリケーションの数は200を超えるという。

英国にあるRed Bull Racingのデータアナリティクスセンター

 中でも特筆すべきは、テストもかなりの部分をコンピュータによるシミュレーションで済ませたり、マシンから発生する膨大なデータを分析し、マシンの改良やセッティングからレースの戦い方に至るまで、その洞察を役立てていることだ。

 右の写真は、英国にあるRed Bullのデータアナリティクスセンター。金曜日と土曜日の予選、そして日曜日の本戦と、レース中もリアルタイムでフル稼働し、チームのマシンデータはもちろん、ライバルのデータも加えて分析と格闘する。

 「ITのパワーがなければ、もはやレースには勝てない」とカデュー氏は話す。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -