ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「レッドブル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「レッドブル」に関する情報が集まったページです。

駅ナカで始まる「サブスク自販機」、狙いと勝算を仕掛け人に聞く 「反対意見が出て当然。それでこそ知ってもらえる」
8月末に発表され、「使ってみたい」「メリットが分からない」などとネットで賛否両論を呼んだ「サブスク自販機」。このサービスを仕掛けた、JR東日本ウォータービジネスの担当者に、狙いと勝算について聞いた。認知度アップや消費増税への対応など、さまざまな狙いが隠されているという。(2019/9/30)

Facebook、テレビで動画チャットもできる「Portal TV」(149ドル)など、新デバイス発表
Facebookが昨年立ち上げた動画チャット端末「Portal」のラインアップを拡充し、テレビのHDMI端子に接続して大画面での動画チャットを可能にする「Portal TV」などの新製品を発表した。北米の他、欧州などで発売する。(2019/9/19)

「メジャーストリーマー移籍」がもたらす衝撃 ゲーム配信者がヒットを生み出す時代
大型移籍が話題になるのはメジャーリーグばかりではない。メジャーストリーマー、つまり有名な動画配信者が本拠地を変えたことが大きな話題となっている。(2019/8/16)

人気プロゲーマー「Ninja」が配信拠点をAmazonのTwitchからMicrosoftのMixerに
「Fortnite」の実況などで人気のプロゲーマー「Ninja」ことリチャード・タイラー・ブレヴィンス氏(28)が、配信拠点をAmazon傘下のTwitchからMicrosoft傘下のMixerに完全移行すると発表した。(2019/8/2)

レッドブル・エアレース、2019年で終了
9月に千葉で開催される日本のレースが最後に。(2019/5/29)

イオンのエナジードリンク「トップバリュ エナジーハンター」発売 手ごろな価格で国内最高クラスのカフェイン量
キャップ付きが良い。(2019/5/20)

リュウのフィギュアがレッドブル缶にコンボを決めるコマ撮りアニメが極まってる 大ゴス、中P、昇龍拳!
打撃の重みがひしひしと伝わる完成度。(2019/3/26)

梅原大吾が提示する「新しい仕事」【後編】:
“286連勝”したプロゲーマー「ウメハラ」が明かす勝負哲学――高く飛ぶためには深くしゃがめ
プロゲーマー「ウメハラ」こと梅原大吾の勝負哲学とは――。そして現在の日本人の働き方をどのように捉えているのか。ITmediaビジネスオンラインに語った。(2019/2/22)

東京の公道をF1マシンが走る! レッドブルが明治神宮外苑で新マシンを使ったショーラン開催
2019年シーズンの新マシンが近くで見られる。(2019/2/22)

梅原大吾が提示する「新しい仕事」【前編】:
プロゲーマー「ウメハラ」の葛藤――eスポーツに内在する“難題”とは
プロゲーマー「ウメハラ」の知られざる過去――。そしてeスポーツが抱える“難題”をITmediaビジネスオンラインに語った。(2019/2/19)

「ストV」公式世界大会「カプコンカップ2018」でガチくん選手が優勝
ベスト3は日本人が独占。(2018/12/17)

フィギュアNHK杯優勝の紀平梨花さんはN高生
「NHK杯フィギュア」女子シングルで優勝した紀平梨花さんは、「N高等学校」(N高)の1年生だ。(2018/11/12)

ロックマン、レッドブルとコラボで翼をさずかる E缶ならぬ「R缶」も登場
ブラウザで遊べる無料ゲームを公開中。(2018/11/9)

これが世界王者の余裕……! MotoGPライダー、マルケスが箱根の峠を疾走 ハコスカやデコトラとも共演
さすプロ。余裕ありすぎ!(2018/10/20)

水曜インタビュー劇場(液色公演):
マツキヨのエナジードリンクが、たった1日で10倍も売れた秘密
マツキヨのPB商品「エナジードリンク」が売れている。2017年12月に発売したところ、あっという間に火が付き、売り上げが伸びているのだ。「マツキヨ=エナジードリンク」のイメージは強くないのに、なぜヒットしたのか。同社の仕掛人に聞いたところ……。(2018/10/17)

まもなくホームにライブハウスがまいります レッドブルが山手線一周ライブイベントを1日限定で開催
いつもの電車がライブハウスに変身。(2018/9/11)

PR:これがF1レーシングチームが求めた腕時計 カシオ“エディフィス”「ECB-800」の攻め方
「EDIFICE」(エディフィス)シリーズは、数あるカシオの腕時計の中でも、とりわけ男性のハートをくすぐるメカニカルなデザインが特徴だ。8月に発売される新製品「ECB-800」の詳細について、3人のキーパーソンに話を聞いた。(2018/8/10)

「任天堂から内定もらってた」「小学校で洋ゲーにハマった」 eスポーツ実況へ転身した元テレビ局アナウンサーに話を聞いた
決断の背景。(2018/8/4)

レッドブル、エナジードリンクじゃない「ORGANICS by Red Bull」を発売 リフレッシュできるオーガニックな味わい
オーガニックなレッドブルとは。(2018/6/7)

レッドブル・エアレース千葉2018:
「紙一重の差だった」 室屋義秀、痛恨のオーバーG失格で千葉大会連覇逃すも総合ランク3位をキープ
予選では3位につけ、優勝を狙えるポジションでした。(2018/5/28)

プロライセンス制度、「消費者庁と相談して決めた」 eスポーツ団体の見解とプロゲーマーの思い
「ゲームと金」をテーマにプロゲーマーや有識者らがゲーム業界の課題や未来を語り合う座談会が開催された。日本eスポーツ連合(JeSU)の「プロライセンス制度」が議題に。(2018/2/19)

ITはみ出しコラム:
カバー範囲は宇宙、地底、脳内チップ、自動運転、そして火炎放射器まで イーロン・マスクってどんな人?
米TeslaのCEOとして知られるイーロン・マスク氏ですが、それ以外にも幅広い事業を手掛けています。先日はなぜか火炎放射器を発売して注目されたりもしましたが、どんな人なのでしょうか?(2018/2/4)

なぜ現実世界でレベル上がった……!? ドラクエXにハマって、世界中をサイクリングするようになった“リアル冒険者”
「私に最初に冒険というものを教えてくれたのはドラクエです」。(2018/1/23)

帰ってきたパパに「羽だー!!」 幼い女の子と羽が生えたパパの漫画が胸にグッとくる切なさ
温かくも切ないお話です。(2017/12/17)

レッドブルすごいな! 佐倉綾音が炭酸の刺激で“心も体もぴょんぴょん”してしまう姿が話題に
ぴょんぴょんココア尊い。(2017/11/29)

個性派カート65台が赤坂サカスに集結! レッドブル・ボックスカート・レースでみんなおバカになる【画像300枚】
人気YouTuberの「水溜りボンド」や「Fischer’s」のメンバーも参加!(2017/10/24)

「最強のエコカーを手に入れた」 UVERworldがレッドブル・ボックスカート・レースで疾走! 単独インタビューで見えたUVERの素顔
(画像追加)どうだ? こんな感じがUVER!(2017/10/22)

「(憧れの)アムロ・レイに一歩近づいた」 レッドブル・エアレース年間王者・室屋義秀が語った栄光と挫折
決して順調なパイロット人生ではなかった。満足な練習環境ではなかった。それでも彼は世界一のパイロットになった。(2017/10/19)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
シンギュラリティに向け勝ち残る企業とは――人生140年時代の今、中堅こそ起業を
2045年に訪れると予測されている「シンギュラリティ」。人工知能が人類を超越する時代に生き残ることができるのはどのような企業、そして人なのだろうか。(2017/10/18)

【速報】サムライパイロット・室屋義秀が日本人初のレッドブル・エアレース年間総合優勝! 
両手で操縦かんを握る“サムライ・スタイル”で知られる室屋選手が悲願の年間総合優勝です!(2017/10/16)

もしアスリートが江戸の町にタイムスリップしたら……? 日光江戸村で武士と忍者から逃げるパルクール映像がかっこいい
ドイツ人のジェイソン・ポールさんが跳んで登って逃げまくりです。(2017/9/17)

常見陽平のサラリーマン研究所:
「エナジードリンク率高い系」はもう限界がきている
エナジードリンクは徐々に「社畜アイテム」に変わってきた。そろそろ、普段の食生活や睡眠時間のコントロールで難局を乗り切るという発想になってもいいと思うのだが、「気合いで何とかする」という日本人の体質は変わらないようだ。(2017/9/15)

レッドブルレーシング事例で紹介
企業がマルチクラウド環境に向かうべき“必然”と普及へのハードル
多くの企業は複数のクラウドサービスを利用する「マルチクラウド」体制を取っているだろう。だが複数のクラウドサービスを管理することは容易でない。合理的なマルチクラウド管理戦略とは。(2017/8/25)

「プロゲーマーって引退したらどうするの?」 現役プロゲーマーにeスポーツの将来について聞いた
「プロゲーマーってモテるの?」など、いろいろな話を聞いてみました。【訂正】(2017/8/13)

防滴仕様のUSBゲーミングキーボード「Cerberus Arctic Keyboard」
最近レッドブルこぼしました。(2017/8/10)

缶の「高さ」と「周」、長いのはどっち? 10秒で答えが分かる方法
実は小学生でもできる!(2017/7/27)

セキュリティ・アディッショナルタイム(17):
情報危機管理コンテストで考える――人材は育てるもの? それとも育つもの?
さまざまなセキュリティインシデントに対応する能力をコンテスト形式で鍛える「第12回情報危機管理コンテスト」の決勝戦が、2017年5月25〜27日に和歌山県田辺市で開催された。競技シナリオにもない脆弱(ぜいじゃく)性を見つけたチームあり、意識的に初参加者を加えたチームあり、これまでのコンテストの枠を超えた戦いが繰り広げられた。(2017/6/21)

レッドブル・エアレース、室屋選手優勝レースを画像で振り返る 天使のはしごとレース飛行機の共演も
レッドブル、翼を授ける。(2017/6/6)

【厳選画像80枚】レッドブル・エアレースにハイレベルなレースクイーン&コンパニオンが大集合!
キレイなお姉さんは好きですか?(2017/6/5)

【画像60枚超】どこもかしこも世界チャンピオンだらけ! レッドブルエアレース2017、会場のパフォーマーを総力取材 BMXにスケボー、JETDECKも
神業のオンパレード。(2017/6/5)

会場から「おかえり」の声 レッドブル・エアレース千葉で零戦がエキシビション飛行
「ブライトリング」が修復した商業旅客機・ダグラスDC-3も優雅に登場しました。(2017/6/5)

【画像36枚】レッドブル・エアレース千葉2017、室屋義秀が優勝! V2達成で年間ランク首位に
画像追加:優勝決定の瞬間、会場からは大歓声と「おめでとう」の声。(2017/6/4)

ゼロ戦がレッドブル・エアレースに登場 復元された貴重な実機が東京湾の空へ
映画「パールハーバー」の撮影にも使われた機体がサイドアクトで飛行。(2017/5/10)

称賛せざるを得ない仕上がりだが不確定要素も
徹底レビュー:「Galaxy S8」、Samsung史上最高の主力機種を詳しく見る
「Galaxy Note 7」で信頼を大きく損なったSamsung Electronicsが、2017年に主力製品「Samsung Galaxy S8」と「Samsung Galaxy S8 Plus」をリリースする。両機種をレビューした。(2017/4/8)

「黒い不眠症」の異名を持つ世界最強コーヒー「Black Insomnia」がアメリカで発売に
翼を7つほど授かりそう。(2017/4/4)

レッドブルの大容量版新商品「レッドブル・エナジードリンク330ml」 3月14日全国発売
これでより強靭な翼を授かれる。(2017/3/1)

事例で見るVRの訴求効果 後編:
VRが創造する「あり得ない体験」で広告はもっと楽しくなれる
VRのマーケティング活用例を知る企画の後編。「非日常体験(シミュレーション)型」「イベント連動アトラクション型」「エンタメ訴求型」について紹介する。(2016/12/5)

Google、「Chromecast Ultra」を発表 4K・HDR・Dolby Vision対応で9000円
Googleの映像デバイス「Chromecast」に4K対応の上位モデルが登場する。HDRやDolby Visionに対応し、データの伝送にはEthernetを使うこともできる。(2016/10/5)

Xiaomi、米国でAndroid TV搭載の「Mi Box」を69ドルで発売
中国Xiaomi(小米科技)が米国でGoogleの「Android TV」ベースのSTB「Mi Box」を69ドルで発売した。4K/HDRをサポートし、「Google Cast」やGoogleの音声検索も搭載する。(2016/10/4)

車を愛すコンサルタントの学生フォーミュラレポ2016(1):
サークル活動と甘く見るな! 学生フォーミュラは企業も顔負けのモノづくり対決
車とバイクが大好きなモノづくりコンサルタントが「全日本学生フォーミュラ大会」をレポートします。第1回は審査のクライマックスでもあるエンデュランスです。数々の審査で好成績を収めた6校が20周の合計タイムを競います。マシンからはさまざまな設計思想が垣間見え、速さを競うだけではないモノづくり対決であることが分かります。(2016/10/3)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。