ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「本田技研工業」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「本田技研工業」に関する情報が集まったページです。

ホンダ「CBR1000RR-R」30周年記念モデルをミラノショーで発表 初代トリコロールCBRカラー復活
日本でも販売予定!(2021/11/27)

製造IT導入事例:
間接材調達プロセスの標準化に向け、ホンダが調達管理システムを採用
日本オラクルの調達管理システム「Oracle Fusion Cloud Procurement」を、本田技研工業が採用した。データの一元管理により、間接材の調達コストの最適化と業務効率向上を目指す。(2021/11/24)

電子ブックレット(メカ設計):
ホンダ、フロントローディングの実践に向けリアルタイム解析活用
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、自動車外装部品の性能検討における業務負荷の軽減を目的とした「Ansys Discovery Live」の活用事例を紹介した講演レポート「ホンダ、フロントローディングの実践に向けリアルタイム解析活用」をお送りします。(2021/11/22)

ホンダドリーム戸田美女木の独自施策 レンタルバイク専用店舗「クラブハウス」が営業スタート
「休日だけバイク生活」もいかがですか〜!(2021/11/13)

自動車大手、相次ぐ販売見通し引き下げ
自動車大手7社の令和3年9月中間連結決算が11日、出そろった。新型コロナウイルス禍で前年同期に落ち込んだ販売が回復したほか、円安も追い風となり、全ての社が増収。トヨタ自動車、ホンダ、スズキ、SUBARU(スバル)の4社が増益を確保し、日産自動車、マツダ、三菱自動車の3社が黒字に転換した。一方、東南アジアのコロナ感染再拡大による部品調達難や半導体不足で減産幅が拡大したことを踏まえ、通期の世界販売見通しを下方修正する動きが相次いだ。(2021/11/12)

ホンダ、50cc原付スクーター「タクト」をリニューアル
まだまだ元気! 原付スクーター。(2021/11/9)

令和の原付二種HY戦争勃発!? ヤマハNMAX vs. ホンダPCX「試乗インプレッション比較」編
快走快適125ccスクーターの王者「ホンダ PCX」、新型投入で攻める「ヤマハ NMAX」。令和の原付二種HY戦争、勝つのはどっちだ……?(2021/11/6)

「これがホントに最後」 ホンダ、S660「最後」の追加生産 11月12日抽選開始
Web抽選は限定50台、欲しい人で争奪戦必至です。(2021/11/4)

トヨタ、ホンダが中国販売減 10月も半導体不足の影響続く
【北京=三塚聖平】トヨタ自動車が3日発表した中国市場における10月の新車販売台数は、前年同月比19.2%減の14万2000台だった。ホンダも17.9%減の14万8377台。世界的な半導体不足による影響を受け、2桁のマイナスが続いている。(2021/11/4)

お客の要望に応え:
ホンダ、スポーツカー「S660」を650台追加生産 最終販売となる
本田技研工業は2シーター・オープンスポーツ「S660」を650台追加生産を発表した。2021年の生産終了後にすぐに売り切れてしまい、一部のお客が購入できなかったことが背景にあるという。(2021/11/1)

電気自動車:
ホンダがインドで電動三輪タクシー、エンジン車より安く、走行距離は気にならない
ホンダは2021年10月29日、2022年前半からインドで電動三輪タクシー(リキシャ)向けにバッテリーシェアリングサービスを開始すると発表した。(2021/11/1)

岡崎静夏のホンダ レブル1100DCT試乗インプレ ただのバイクとはひと味違う、病みつきになる不思議感覚
本格的クルーザーに乗るのはほぼ初体験という岡崎静夏さん。レブル1100DCTの新鮮な乗り味に「車とバイクのいいとこ取りね!」と大盛り上がり。DCTの賢さにも驚きながらの試乗でした。(2021/10/30)

電気自動車:
ホンダに3車種目の電動バイク、交換式の新型バッテリーで走行距離1.2倍
ホンダは2021年10月28日、ビジネス向けの電動三輪スクーター「GYRO CANOPY e:(ジャイロキャノピー イー)」を同月29日に発売すると発表した。(2021/10/29)

ホンダ新型「NT1100」正式発表!! アフリカツインの心臓と骨格を持つ旅バイク
ホンダが欧州で新型スポーツツーリングモデル「NT1100」を発表。旅や長距離移動ラクラクな快適ツアラーを求めている人は要チェックです!(2021/10/27)

材料技術:
トヨタとホンダでモータースポーツを脱炭素の実験場に、2022年から燃料でスタート
全日本スーパーフォーミュラ選手権を開催する日本レースプロモーションは2021年10月25日、サステナブルなモータースポーツ業界を目指したプロジェクト「SUPER FORMULA NEXT 50」を開始すると発表した。ホンダやトヨタ自動車がパートナーとして参加し、カーボンニュートラルに向けた実験的な技術開発や、新たな楽しみ方を提供するファン向けのデジタルプラットフォームの提供を進める。(2021/10/26)

丸山浩の2021ホンダGB350/S最終解説【試乗インプレ編】 違いは「ライフ」か「スポーツ」か
2021年4月の登場早々売れ筋モデルとなった「GB350」と派生モデル「GB350S」。実は「STDとSには意外に大きな差があった」!。乗り比べインプレッションをどうぞ。(2021/10/24)

電動自転車をモバイルバッテリーで充電、ホンダが開発 シェアサイクルの充電不足解消に
ホンダは、シェアサイクル用電動アシスト自転車の充電に、モバイルバッテリーを使えるシステムを開発したと発表。車両本体の電源に加え、モバイルバッテリーを2つ目の電源として利用できる。(2021/10/22)

電動システム:
電動自転車の電池切れをモバイルバッテリーが助ける、ホンダが2電源システム
ホンダは2021年10月21日、シェアサイクルで使用する電動アシスト自転車向けに「2電源システム」を開発したと発表した。ユーザーが持ち歩いているモバイルバッテリーを自転車につなげることでバッテリー残量の減少を補う。2022年中にシェアサイクル事業者と共同で実証実験を行い、将来の事業化に向けて検討を進める。(2021/10/22)

落ち着いた色味でいいね! ホンダ「CT125 ハンターカブ」2022年モデルに新色「パールオーガニックグリーン」追加、2022年1月に発売
これで全3色のラインアップに。(2021/10/19)

PR:Honda「動画で泣いた? ではティッシュをどうぞ」 ユーザーのコメントにマジレスする企画「VEZEL_Reply」がシュール
Hondaさん何やってるんですか!(2021/10/18)

ホンダ、中国への新車種投入は全て電動車に 2030年以降
ホンダが、2030年以降に中国で新たに投入する四輪車は全てEVやHVなどの電動車にする計画を発表した。中国でEVシリーズを今後5年間で10車種投入し、生産体制の拡充へEVの工場も新設する。中国から世界の各市場に輸出することも視野に入れる。(2021/10/15)

電気自動車:
ホンダが新型EVとコンセプトモデルを披露、中国から他地域へのEV輸出も視野
ホンダは2021年10月13日、オンラインで「中国電動化戦略発表会」を開催した。(2021/10/14)

ホンダ、中国2030年電動化 工場新設 EV5年で10車種
【北京=三塚聖平】ホンダは13日、2030年以降に中国で新たに投入する四輪車は全て電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)などの電動車にする計画を発表した。中国では初となるホンダブランドのEVシリーズを今後5年間で10車種投入し、生産体制の拡充へEVの工場も新設する。中国から世界の各市場に輸出することも視野に入れる。世界最大の自動車市場である中国はEV拡大へかじを切っており、ホンダは取り組みを加速させる。(2021/10/14)

HondaJet 2600 Concept:
ホンダ、新型ジェットのコンセプト機を公開 独自技術の進化で米大陸の横断可能に
ホンダの航空機事業子会社が、米ラスベガスのビジネス航空機ショーで新型「HondaJet」のコンセプト機を公開した。(2021/10/13)

半導体不足が日系自動車大手の中国販売直撃 9月はトヨタ、ホンダ、日産軒並みマイナス
【北京=三塚聖平】トヨタ自動車が11日に発表した中国市場における9月の新車販売台数は、前年同月比35.9%減の11万5千台だった。主に世界的な半導体不足による影響を受けた。同日に発表したホンダと日産自動車も前年実績を大きく下回った。好調が続いてきた中国自動車市場の変調が鮮明になっている。(2021/10/12)

空冷4気筒CBは生産終了へ ホンダ「CB1100」シリーズにファイナルエディション登場
ホンダのCBもついに……。(2021/10/11)

製造マネジメントニュース:
ホンダが新車のインターネット販売、オンラインで済ませたい「4.3%」を取り込む
ホンダは2021年10月4日、新車を取り扱うオンラインストア「Honda ON」を開設したと発表した。来店せず、オンラインと郵送で新車購入の契約まで完了できる。(2021/10/5)

ホンダ、新車購入用のオンラインストア開設 FITなどの人気車種をサブスク形式で利用可能に
ホンダがスマートフォンなどで新車を購入できるようオンラインストア「Honda ON」を開設した。オンライン上で購入に向けた商談や見積もり、査定、契約ができるようになる。サービス開始時は都内在住者が主な対象ユーザーだが、順次対象エリアを拡大する。(2021/10/4)

ホンダ、新車のオンラインストア開設 国内メーカー初 サブスクで月額約3万円から
本田技研工業が国内自動車メーカー初の新車オンラインストア「Honda ON」を開設。オンライン上で新車の商談、見積もり、査定、契約、自動車保険の手続きが可能。サブスクリプションで購入でき、「N-BOX」や「FIT」など4車種を用意する。(2021/10/4)

近未来くるー!! ホンダが本気で事業化目指す空飛ぶクルマ「Honda eVTOL」がかっけぇぇ!
おぉぉー!! ホンダがやるとなるとそう遠くない話かもと思えてしまいます。(2021/10/4)

研究開発の最前線:
ホンダが「空飛ぶクルマ」、ガスタービンのシリーズハイブリッドで航続距離4倍に
本田技術研究所は2021年9月30日、新領域の技術開発の取り組みを発表した。公開したのは「eVTOL(電動垂直離着陸機)」「多指ロボットハンド」「循環型再生エネルギーシステム」の3つだ。“ホンダのコア技術”と位置付ける燃焼、電動化、制御、ロボティクスの技術を活用する。(2021/10/1)

いまさら聞けない自動車業界用語(17):
トヨタ系、日産系、ホンダ系……「ケイレツ」の今とこれから
今回は日本自動車業界の特徴の1つ、「ケイレツ」について解説します。(2021/10/4)

ホンダの新型車、ナビに直接「Googleマップ」表示へ スマホ不要に
ホンダがGoogleと車載サービスで連携。スマホを使わず、ナビ画面から直接Googleマップなどを利用できる。(2021/9/24)

環境性能を向上させた新エンジン搭載 ホンダ、新型「スーパーカブ C125」を発売 カラバリ2種を用意
令和2年の排気ガス規制に対応したモデル。(2021/9/17)

Ansys INNOVATION CONFERENCE 2021:
実験をCAEに置き換える、ホンダが外装部品の性能検討にリアルタイム解析を活用
「Ansys INNOVATION CONFERENCE 2021」の事例講演において、「Ansys Discovery Liveを活用した外装部品の開発事例」をテーマに、ホンダ 四輪事業本部 ものづくりセンター 完成車開発統括部 車両開発二部の下田雄太郎氏らが登壇。自動車外装部品の性能検討における業務負荷の軽減を目的とした「Ansys Discovery Live」の活用事例を紹介した。(2021/9/15)

ホンダ、GMらと自動運転の技術実証 自動運転車を使ったモビリティサービスの日本展開に向け
ホンダが自動運転に関する技術実証を9月中に開始する。将来的には、ホンダ、GM、GMクルーズの3社が共同開発する専用車を使い、自動運転モビリティサービスの日本展開を目指す。(2021/9/9)

モビリティサービス:
ホンダとGMが日本で自動運転車による移動サービス、独自の高精度地図作製から開始
ホンダは2021年9月8日、自動運転車による移動サービスの実現に向けて、9月中に技術実証を開始すると発表した。(2021/9/9)

ホンダの新クロスオーバー「CB200X」登場! 空冷単気筒で約21万4000円?!【インド】
ホンダがインドでCB200Xという名の新型クロスオーバーモデルを発表。(2021/9/6)

’80s国産名車・NSR250R [MC18]完調メンテ【識者インタビュー:現代の視点でも戦闘力は十分】
今も絶大な人気を誇る‘80年代の名車たち。個性の塊であるその走りを末永く楽しんでいくには何に注意し、どんな整備を行えばよいのだろうか? その1台を知り尽くす専門家から奥義を授かる本連載、今回は’80〜’90年代の2スト全盛時代を象徴する名車・ホンダNSR250R[MC18]を紹介。本記事ではモトールエンジニア・藤田浩一氏のインタビューとおすすめモデルをお届けする。(2021/9/3)

ホンダ公式限定カスタム! 「CB1000R 5Four」がイギリスで突如発表された!
ホンダが英国のカスタムビルダーとコラボした限定モデル「CB1000R 5Four」を発表。(2021/9/1)

ホンダ「モンキー125」限定版! ホットウィール・コラボ仕様がタイで登場!
モンキー125×Hot Wheelsコラボダイキャストモデルが発売。(2021/8/31)

ホンダ、NSXの最終モデル「NSX Type S」発表 究極の性能と美しさを追求、日本30台限定・2794万円から【写真で見る】
シビれるかっこよさ……! 新デザインで迫力マシマシ、出力向上も。(2021/8/30)

世界で350台:
ホンダ、最終モデル「NSX Type S」 日本では30台限定で販売
ホンダが「NSX Type S」を発売すると発表した。世界で350台、日本では限定30台だという。予約は9月2日からで、販売価格は2794万円だ。最終モデルとなる「NSX Type S」。特徴は?(2021/8/30)

乗って楽しい業務用電動3輪スクーター「ホンダ ジャイロe:」試乗インプレッション
ホンダの「ジャイロ」といえば、配達などでも人気のある、原付3輪スクーターの代表的な存在だ。すでに日本ではビジネス用“電動”3輪スクーターが走っており、ホンダは後発になってしまったが、いよいよ電動版ジャイロが発売された!(2021/8/30)

モビリティサービス:
「○○まで所要時間××分」を一般道にも自由に設置、ホンダが渋滞解消を提案
ホンダは2021年8月19日、渋滞路や迂回(うかい)路の通過にかかる時間を路上で表示する「旅行時間表示サービス」の有償提供を開始したと発表した。(2021/8/20)

F1日本グランプリ、今年も中止 海外関係者の入国が確実にならなかった
モビリティランドは18日、「2021 FIA F1世界選手権シリーズ Honda 日本グランプリレース」を中止すると発表した。昨年に続き2年連続の中止となる。(2021/8/18)

宿題終わったか〜? ホンダ、「Honda e」と学べる夏休み自由研究コンテンツを無料公開
そのまま提出できる自由研究シート付き。こりゃ便利〜。(2021/8/10)

シリーズ11代目:
ホンダ、新型シビック9月に発売 22年には「タイプR」の発売も予定
ホンダが、ハッチバックスタイルの新型「CIVIC(シビック)」を9月3日に発売すると発表した。(2021/8/6)

車両デザイン:
新型シビックは9月発売、「乗る人全員が爽快になるクルマ」に
ホンダは2021年8月5日、全面改良した「シビック」の新モデルを同年9月3日に発売すると発表した。新型シビックは、2021年度下期の販売のけん引役としてホンダが期待をかけている。新型シビックの月間販売計画台数は1000台で、税込みメーカー希望小売価格は319万〜353万9800円とした。(2021/8/6)

ついに、まさか生産終了? ホンダ、2代目NSXの「最終」モデル「NSX Type S」チラ見せ ネットでは早速「3代目期待」「なくさんといてや」の声
NSX、終わりませんよね……? 終わっちゃうの……?(2021/8/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。