ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「IBM Pulse」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「IBM Pulse」に関する情報が集まったページです。

IBM Pulse 2014 Report:
クラウドやアナリティクスで競争力を高める米国ホンダとF1レッドブルレーシング
2日目を迎えた「IBM Pulse 2014」カンファレンスでは、米国ホンダやF1のレッドブルレーシングなどが登場し、クラウドのパワーや高度なアナリティクスによって競争力を高めている顧客事例が紹介された。(2014/2/26)

IBM Pulse 2014 Report:
クラウドが変えるクルマの未来、IBMはBlueMixでPaaSのオープン化を推進
ラスベガスのMGMグランドホテルで「IBM Pulse 2014」カンファレンスが開幕した。「プレミア・クラウド・カンファレンス」として装いも一新、規模も1万人超へと膨れ上がっている。IBMは、「クラウド」こそがコンピューティングの未来だとし、大きく舵を切ることを改めて宣言した。(2014/2/25)

相互運用性がカギ、「オープンクラウド」を推進する日本IBM
日本IBMがベンダーに囲い込まれないオープンなクラウドを推進していくことを改めて強調した。同社でクラウド事業を統括する小池氏は、「肝心なのは必要に応じて異なるクラウド環境を行き来できるかどうかだ」と話す。(2014/2/10)

戦略転換を図るIBM、HP、Oarcleたち
クラウド戦争 ――従来型ITベンダーはクラウド時代を生き残れるか
クラウド専業プロバイダーがゲームを変えた。従来型メガサプライヤーは巻き返しを図る必要がある。(2013/10/2)

IBM Pulse Japan 2013 Report:
イノベーション時代のビジネスをリードするITインフラの最適化は今こそチャンス
モバイル・ソーシャル・ビッグデータ・クラウド――企業のビジネスに劇的な変化をもたらしている4つのキーワードを取り込んでいくためのITインフラの最適化に、今こそ取り組むべきとIBMは提唱する。(2013/5/24)

クラウド環境の運用管理を自動化するソフトウェアを発表 日本IBM
OpenStackなどのオープンテクノロジーを採用したクラウド運用管理ソフトウェアを日本IBMが発表した。(2013/5/22)

IBM Pulse Japan 2013 Preview:
PR:ビッグデータやモバイルという機会を収益に変えるには?――情シス部門に指針を示すIBM
ビッグデータやモバイルという新たなITの潮流が生まれる半面、セキュリティアタックは巧妙化・複雑化している。最前線でビジネス基盤を支える情報システム部門は何を指針にすべきだろうか? 日本IBMは「Pulse Japan 2013」でその解答を用意するようだ。(2013/4/24)

IBM Pulse 2013 Report:
パナマ運河の拡張は国家的なビジネスチャンス? 世界遺産の港湾都市が取り組む「M2M」
Pulse 2013で予定される約500のセッションのうち、実に75%がユーザー自身による講演だ。開催2日目のゼネラルセッションも医療、運輸などエンドユーザー業界による成功事例が取り上げられた。(2013/3/7)

IBM Pulse 2013 Report:
IT部門の「効率とイノベーションのジレンマ」を解消する「第4のクラウド」
クラウドが一般化し、モバイルやスマートアセットが増大するなか、それらが生み出すデータ量は莫大だ。効率とイノベーションの板挟みにあるIT部門に対し、IBMが指針を示す。(2013/3/6)

IBM Pulse Japan 2012 Preview:
PR:クラウド、モバイル、資産管理のスマート化――あらゆるインフラ管理を最適化する答えはあるか
ビジネスを取り巻くIT環境が目まぐるしく変化する中、それぞれの課題に個別対応していては、ITをビジネス価値に転ずることは難しい。企業のITインフラを総合的に、そして最適化した形で管理できる仕組みはあるのか? IBMはその問いにPulse Japanで答える。(2012/4/10)

ホワイトペーパー:
ストレージをコントロール! ビッグデータ時代の安定稼働とコスト削減
2011年10月6日に開催されたPulse Japan 2011にて【C-4】セッションの『ストレージをコントロール! ビッグデータ時代の安定稼働とコスト削減 』で使用した資料です。(2012/4/10)

ホワイトペーパー:
いま、実践のとき! サービスマネジメント最前線
2011年10月6日に開催されたPulse Japan 2011にて【C-1】セッションの『いま、実践のとき!サービスマネジメント最前線』で使用した資料です。(2012/4/9)

IBM Pulse 2012 Report:
BIOSレベルでPCの電力とセキュリティを制御する仕組みを出展 東芝
東芝は自社カスタムのBIOSとTivoli Endpoint ManagerによるPC管理の仕組みをすべてのビジネスPCに実装予定。国内では「暑くなる前」のリリースを目指す。(2012/3/9)

IBM Pulse 2012 Report:
「漏えいの86%は外部の指摘により判明」 信用調査大手が明かすセキュリティの罠
クラウド化により企業システムには従来と異なる視点のセキュリティ施策が求められる。情報漏えい対策に大きな穴があった米Equifaxはどのように対策したのだろうか。(2012/3/8)

IBM Pulse 2012 Report:
「流行りものでよいなら他社を」――クラウドの実行力に自信を見せるIBM
ママのアップルパイを食べる時のように「まあこれでいいか」とITを導入してはいけない――とTivoliのサバ―GMは指摘する。CIOに求められるのはテクノロジーをソリューションのコンテクストで捉えることだという。(2012/3/7)

IBM Pulse Japan 2011 Report:
PR:サービスマネジメントは、ポスト3.11の日本企業のビジネス価値を高めるか
2011年10月6日に開催された、サービスマネジメントを主題とするIBMのカンファレンス「Pulse Japan 2011」で示されたのは、ITのみならず電力や水をもビジネス価値の源泉として捉え、事業の継続を果たす新世代のサービスマネジメントだ。(2011/10/24)

IBM Pulse Japan 2011 Preview:
PR:ポスト3.11を見据えた本当の事業継続――「実行力」の鍵はサービスマネジメントにあり
東日本大震災以降、企業の事業継続性をITで確立する動きが高まっている。だがIBMは、この流れを一過性のものとしては捉えず、企業のレジリエンシー(再生力)を向上させるという観点から、継続して取り組む構えのようだ。ここで重要になるのが「実行力」。今年のPulse Japanでは、成長につながる本当の事業継続ソリューションが一堂に会す。(2011/8/24)

IBM Pulse 2011 Report:
南北戦争当時の水道管をスマート化――米国首都の水道事情にサービスマネジメントの真髄を見た
Pulse 2011を通じて実行力にこだわりを見せるIBM。複数のユーザー企業が「サービスマネジメントの実装を主導できるのはビジネス視点を有した部門」と証言する。イノベーションの主役たるサービスマネジメントはどのような革新をビジネスにもたらしたのだろうか?(2011/3/3)

IBM Pulse 2011 Report:
「実行されない戦略は妄想である」――サービスマネジメントが“Execution”を問う
サービスマネジメントを主題にしたIBMの年次カンファレンス「Pulse」も4回目を数え、ゼネラルセッションのテーマはコンセプトから「実行力」へと移りつつある。無定見なオープン化を「愚かなこと」とし、ワークロードの統合を訴えるIBMの真意はどこに?(2011/3/2)

IBMのクラウドCTOに聞いた:
IBM Cloudの国内提供は2010年末――Tivoliのサービスマネジメントが礎に
IBMでクラウド担当CTOを務めるクリストフ・クロークナー博士が来日。“IBM Cloud”の国内提供を2010年末と表明し、特に開発業務の大半はクラウド上で行われることになるだろうと述べた。(2010/5/19)

IBM Pulse Japan 2010 Preview:
PR:クラウド時代のサービスマネジメント――その未来が示される
日本IBMは5月18日に実施を予定する「Pulse Japan 2010」で、クラウド、そしてサービスマネジメントの活用について、企業が進むべき方向性を示すようだ。(2010/4/5)

IBM Pulse 2010 Report:
「もし転職しても、Tivoliに頼る」――ピッツバーグ大学医療センターの証言
「ISM(統合されたサービスマネジメント)なんて言ったって、そううまくは行かないんじゃないの?」――このような聴衆内の“懐疑派”に対しIBMが提示したのは、企業や行政、そして医療機関による各種証言である。(2010/2/25)

IBM Pulse 2010 Report:
「スマートなマンホール」にアセットマネジメントの未来を見た
米国ラスベガスでTivoliの年次カンファレンス「Pulse 2010」が開幕。例年にも増してIT資産と非IT資産の統合管理に重きが置かれ、TivoliポートフォリオにおけるMaximoの存在感が増しつつあるようだ。(2010/2/24)

CloudBurst V1.2もお披露目:
CIOはクラウドに「責任ある効率化」を求める――IBM Pulse Japan
IBMのカンファレンス「IBM Pulse Japan 2009 Autumn」が、11月5日に開催。基調講演では、市場で注目を集めるクラウドに対しサービスマネジメントの観点から展望が述べられるとともに「CloudBurst V1.2」もお披露目された。(2009/11/5)

Pulse Japan 2009 Autumn:
PR:「クラウド時代のサービスマネジメント」――その鼓動を聞け
企業IT基盤の新たな選択肢として注目されるクラウドコンピューティング。この秋に開催されるPulse Japan 2009 Autumnでは、その確立に必要な製品とサービスをはじめ、実行環境や運用手法、そして事例が一堂に会し、紹介されるという。(2009/10/1)

Pulse Japan 2009 リポート:
プライベートクラウドによるコスト削減に実効性を――日本IBM
IBMはクラウドコンピューティングの仕組みを自社内に導入し、コスト削減と新規ビジネスの開発につなげている。ここで得たノウハウを、同社が提唱するコンセプト「ダイナミック・インフラストラクチャ」につなげ、企業のサービス改善やリスク管理を支援する。(2009/4/16)

IBM Pulse 2009 Report:
「Smarter」で聴衆を熱狂させた伝説の“マジック”
IBM Pulse 2009のゲストスピーカーは、直前まで明らかにされなかった。期待と不安の中にいる聴衆を熱狂の渦に包み込んだのは、伝説の“マジック”である――。(2009/2/12)

IBM Pulse 2009 Report:
クラウドの世界にサービスマネジメントを実装するTivoli
ラスベガスで開幕したIBM Pulse 2009。サービスマネジメントについて、都市の特徴にちなみギャンブル的な手法を提示する……わけではなく世界戦略に基づいた緻密なメソッドが示された。それはサービスマネジメントの産業化という従来のビジョンから一歩進んだ、動的なインフラ管理である。(2009/2/11)

企業競争力のカギ:
インフラ部門をビジネスドライバーへ導くサービスマネジメント
IBMはTivoliで実現するITSMがインフラ部門のビジネス的価値を向上させ、企業競争力を高めるカギになると考えているようだ。(2008/7/31)

ITSM=単なる運用ではない:
可視化、管理、自動化の3段活用でITSMを最適化――Tivoli
Tivoliは「VCA(Visibility、Control、Automation)」というキーワードに基づき、サービスマネジメントの最適化を図るという。(2008/7/22)

IBM Pulse 2008 Executive Interview:
システム運用をサイエンスへ昇華する。それがTivoliの答えだ
約4500名の参加者を集め、盛況のうちに終幕したTivoliの年次カンファレンス「IBM Pulse 2008」。Tivoliゼネラルマネジャーのアル・ゾラ氏は、「テクノロジーおよびハードウェア、ソフトウェアの融合を紹介し、ユーザー間でベストプラクティスを共有できたことが成果だ」と話す。(2008/5/26)

IBM Pulse 2008 Report:
ITサービスマネジメントに産業革命を起こすTivoli
IBMのソフトウェアブランド、Tivoliのカンファレンス「Pulse 2008」では、ITサービス/アセットマネジメントの進化に向けたIBMの戦略を読み取れる。(2008/5/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。