ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「サービスマネジメント」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「サービスマネジメント」に関する情報が集まったページです。

「COBIT 2019」基礎解説【前編】
いまさら聞けない「COBIT」とは? ITガバナンスとマネジメントの指針
ITサービスマネジメントもビジネス環境の素早い変化に適応できないと、停滞のリスクを負うことになる。組織のITガバナンスとマネジメントの成熟度を評価するのに役立つフレームワーク「COBIT」について解説する。(2019/5/30)

ITILは「終わっていない」
ITIL第一人者に聞く 「ITIL 4に期待できるもの」とは何か
ITILはITサービスマネジメント(ITSM)のフレームワークだ。2019年初めに最新バージョンである「ITIL 4」がリリースされるが、この新たなバージョンにCIOが期待できることは何だろうか?(2018/12/12)

IT運用管理のベストプラクティス
「ITIL 4」公開へ 従来のITILとの違いはモジュール化
ITサービスの設計保守に用いるガイダンスの新版「ITIL 4」が公開される。本稿では企業のITサービスマネジメントにおける課題と、この新しいガイダンスの特徴について紹介する。(2018/9/21)

脱ITIL、CASBも検討――マルチクラウド時代のITサービスマネジメント、東京海上日動の選択
クラウドサービス利用の増加により、管理タスクの増加に苦しんでいるという東京海上日動。この課題を解決するために、同社はどのような対策を考えているのだろうか。(2018/6/20)

久納と鉾木の「Think Big IT!」〜大きく考えよう〜(11):
日本ハムファイターズの本拠地移転、本当の狙いとは?〜野球場とERPの意外な共通点〜
前回はサービスマネジメント=運用ではない! 新しいサービス、素晴らしい体験、新たな価値を創造する取り組みもサービスマネジメントそのものである! と述べた。今回は野球場を題材に、ビジネス革新へのサービスマネジメントの適用を一緒に考えてみたい。(2018/6/8)

久納と鉾木の「Think Big IT!」〜大きく考えよう〜(10):
サービスマネジメントとは、システムのお守りや定型作業のことではない
当連載では、IT、サービス、ビジネス、そしてサービスマネジメントについて論じてきた。いったんここで、前後編の2回に分けてサービスマネジメントの全体像を見つめ直したい。前編の今回は、身の回りのサービスマネジメントからビジネス貢献への発展について考えてみたい。(2018/5/25)

久納と鉾木の「Think Big IT!」〜大きく考えよう〜(7):
プロ野球ユニフォーム戦争の裏側 〜やはりユーザー体験が生命線〜
今回は、自社が持つコアコンピタンス(企画力やIT/ITサービスマネジメント)を結集させれば、思わぬ新規顧客開拓のポテンシャルがあるのではないか? という可能性を一緒に探ってみたい。(2018/4/6)

久納と鉾木の「Think Big IT!」〜大きく考えよう〜(4):
しょうもないROI算出に時間を使ってはいけない
社内にはERPをはじめさまざまなITサービスがある。しかし、「ITサービスをサービスとして成立させるために不可欠」な、ITサービスマネジメントに関わる費用にまでROIが求められるのはおかしなことではないだろうか? しょうもないROI算出に時間を使ってはいけない。(2018/2/23)

サービタイゼーション:
「計画外のダウンタイムをゼロに」GEとサービスマックスの統合が生む価値
フィールドサービスマネジメント(FSM)プラットフォームを展開するサービスマックスは年次ユーザーイベント「MAXIMIZE TOKYO 2017」開催。2017年1月に同社を買収したGEデジタルが手掛けるアセットパフォーマンスマネジメント(APM)とサービスマックスのFSMを統合する方針を打ち出した。(2017/10/18)

山のような情報を分類し、重要なインシデントから効率よく対応するために:
PR:「ServiceDesk Plus」が実現する効率的なインシデント対応体制とは
頭では分かっていても、目の前の業務やインシデント対応に忙殺されていると、ついないがしろになるのが「記録」「報告」「連絡」のタスクだ。しかしその体制がしっかりしていないと、かえって余計な手間と時間がかかることになる。ITサービスマネジメントソフトウェア「ServiceDesk Plus」の活用によって、効率的なインシデントレスポンス体制を実現できるのをご存じだろうか。(2017/3/31)

ホワイトペーパー:
ITサービスマネジメント製品導入戦略ガイド
ITサービスマネジメント市場が変わりつつある。本稿では技術のコモディティ化やオープンソース、SaaSがIT部門に与える影響と、インソーシングのトレンド、そしてアウトソーシングしたサービスの統合と管理の概念について解説する。(2016/11/7)

Computer Weekly製品ガイド
破壊の波が変革するITサービスマネジメントの展望
技術のコモディティ化やオープンソース、SaaSはサービスマネジメントツール市場をどう変化させるのか。(2016/8/12)

日立とServiceNow、JP1とSaaS型ITサービス管理で連携
JP1とSaaS型ITサービスマネジメントを連携させる取り組みを開始した。(2016/7/19)

きっかけはFAQシステムのリプレース
グリーがわずか3カ月でIT資産状況のリアルタイム可視化を実現、その手法とは?
インターネットビジネスを多岐にわたって展開するグリーは、FAQシステムのリプレースをきっかけに、ITサービスマネジメントの標準化・効率化を進めている。IT運用の最適化を進める同社の取り組みを紹介する。(2016/6/30)

ホワイトペーパー:
次世代サービスマネジメント製品導入戦略ガイド
ITサービスマネジメントの未来は、マシンデータの静的な分析から動的なビッグデータ運用インテリジェンス分析、そしてリアルタイムで反応できるデータ分析に基づいて全く新しい製品を創出できる能力へと重点が移りつつある。(2016/4/18)

ホワイトペーパー:
これからの「ITサービスマネジメント」の話をしよう〜進化するIT部門
ITシステムが進化する中、IT部門もシステム運用管理から一歩進んだ役割を求められている。これからのITサービス管理をどう実現していくか。本資料でその答えを確認してほしい。(2016/4/1)

Computer Weekly製品導入ガイド
アジャイルITとBYODに対応したITSMの進化
ITサービスマネジメントは現代の新興技術や将来のイノベーションの必要性にどう対応しているのか。(2016/3/14)

そのプレゼンに審査員も驚いた
10カ月でISO/IEC 20000認証の取得を可能にするITサービスマネジメントの効果とは
ISOやIECの認証取得は“企業品質”を分かりやすく訴求でき、ビジネスにおける効果は絶大だ。しかし、その取得作業は膨大でかつ困難を極める。その難題を“ツール”でたやすく乗り越えた企業が群馬県にある。(2016/2/8)

製造マネジメントニュース:
フィールドサービスマネジメントに関する調査結果を発表
サービスマックスは、「フィールドサービスマネジメント(FSM)に関する調査 2015」を発表した。FSMにおいては初期対応スピードが重視されており、予防保全やIoT/M2Mへの関心の高さがうかがえる結果となった。(2016/1/4)

ホワイトペーパー:
3つの失敗パターンから学ぶ「成果を出せるITサービスマネジメント」
IT部門におけるITサービスマネジメントの重要度は高まっているが、予想通りの効果を得られないケースも少なくない。陥りやすい3つの失敗パターンから、成功するITサービスマネジメントの極意をつかもう。(2015/12/2)

ITIL準拠で高品質な運用業務を実現
自治体向けクラウドの強みにマッチしたサービスデスクツールとは?
自治体行政システムのクラウド化が急速に進んでいる。富士電機の「行政クラウド・モール」は代表的なサービスの1つだ。その高品質なITサービスマネジメントを支えているのがサービスデスクツールの存在だ。(2014/11/27)

従業員の「おもてなし力」向上:
ジェネックスソリューションズ、多店舗/多業態展開型のサービスマネジメントツール「ClipLine」の提供を開始
経営コンサルティングサービスおよびデジタルソリューション事業を手掛けるジェネックスソリューションズは10月6日、店舗のサービスの品質管理/向上を支援する「ClipLine」の提供を開始した。(2014/10/6)

ホワイトペーパー:
運用管理コストの削減とITサービス品質の向上を両立させる、ITサービスマネジメントの8つのプロセス改善
今日の企業経営にとって極めて重要なテーマである、運用管理コストの削減とITサービス品質の向上。これらの両立を実現 する、ITサービスマネジメントにおける8つの管理プロセスの継続的な改善と、サービスの効率化について解説する。(2013/12/11)

サービスの提供効率とガバナンスをどう両立するか?【第4回】
低コストかつ少ない工数で構築、ITIL準拠のサービスデスク構築術
ITIL準拠のITサービスマネジメントを導入する機運は高まったが、中堅・中小企業にとっては導入へのハードルが高く、大手企業でも導入したものの運用が回らず効果が上がっていないケースも少なくない。その解決策を探る。(2013/10/31)

サービスの提供効率とガバナンスをどう両立するか?【第3回】
サービスデスク効率化の秘訣は、ITILをいったん忘れること
ITサービスマネジメントのベストプラクティス集であるITILや、その国際認証規格であるISO 20000を意識しすぎるがゆえに、サービスデスクの工数がいたずらに増えてしまっている例が多い。その回避策とは何か?(2013/8/20)

松岡功のThink Management:
富士通の新SIコンセプトにみるマネジメントの核心
富士通が先週、「トータルサービスマネジメント」と呼ぶ新たなSIコンセプトを確立したと発表した。今回はこのコンセプトを題材に、マネジメントについて考えてみたい。(2013/1/24)

ホワイトペーパー:
成功事例に見るITサービスマネジメントの実践
有用性、信頼性、経済性を満たしたサービス提供を要求されるIT部門。その実現には専門的なノウハウが不可欠である。IT部門が行うべき改善点と、2つの成功事例を紹介する。(2012/10/10)

ホワイトペーパー:
いま、実践のとき! サービスマネジメント最前線
2011年10月6日に開催されたPulse Japan 2011にて【C-1】セッションの『いま、実践のとき!サービスマネジメント最前線』で使用した資料です。(2012/4/9)

ホワイトペーパー:
運用プロセス管理のTips
ITサービスマネジメント実現には運用プロセスの改善が不可欠である。本資料では運用プロセスを改善する12の工夫を紹介する。(2012/2/22)

ITサービス管理「Remedyforce」を日本市場に投入 BMCとsalesforce.com
BMCは、salesforce.comのプラットフォームサービス「Force.com」で開発されたITサービスマネジメント製品を日本市場で本格展開していく。(2011/12/19)

IBM Pulse Japan 2011 Report:
PR:サービスマネジメントは、ポスト3.11の日本企業のビジネス価値を高めるか
2011年10月6日に開催された、サービスマネジメントを主題とするIBMのカンファレンス「Pulse Japan 2011」で示されたのは、ITのみならず電力や水をもビジネス価値の源泉として捉え、事業の継続を果たす新世代のサービスマネジメントだ。(2011/10/24)

ホワイトペーパー:
変更管理と構成管理の統合
ITサービスマネジメントのベスト・プラクティスの概要を示すとともに、変更・構成管理製品用に IBM が開発したベスト・プラクティス・プロセスの詳細を示します(提供:日本アイ・ビー・エム)。(2011/10/19)

IBM Pulse Japan 2011 Preview:
PR:ポスト3.11を見据えた本当の事業継続――「実行力」の鍵はサービスマネジメントにあり
東日本大震災以降、企業の事業継続性をITで確立する動きが高まっている。だがIBMは、この流れを一過性のものとしては捉えず、企業のレジリエンシー(再生力)を向上させるという観点から、継続して取り組む構えのようだ。ここで重要になるのが「実行力」。今年のPulse Japanでは、成長につながる本当の事業継続ソリューションが一堂に会す。(2011/8/24)

柔軟なデータ活用を目指す:
PR:“ストレージクラウド時代”におけるサービスマネジメントのあるべき姿
コンピューティングリソースを共用するクラウド環境において、最も注力して取り組まなければならないのが、データを格納するストレージである。これまでシステム単位で扱われてきた運用体系を見直し、ストレージを統合的に管理するための仕組み作りが急務となっている。その成功の鍵を握るのは、ストレージ管理に最適なサービスマネジメントの導入だ。(2011/5/11)

Force.comで構築:
BSP、SMB向けのクラウド型ITサービスマネジメントツールを発表
BSPはクラウド型のITサービスマネジメントツール「LMIS on cloud」を発表した。Force.com上に構築しており中堅中小企業でも導入しやすい価格帯だという。(2011/4/18)

必要な構成情報を見極めよう:
PR:サービスマネジメントに学ぶ――失敗しない構成・変更管理への取り組み方
システム管理に欠かせない業務でありながら、多くの企業で取り組みが遅れているのが「構成管理」「変更管理」である。その理由は、構成管理・変更管理に対する誤った認識が原因だ。今回は、クラウド環境によってますます重要度が増している構成管理・変更管理について考えてみよう。(2011/4/11)

監視・資産管理・セキュリティ・自動化:
PR:クラウドを見据えたサービスマネジメントに求められる4つの視点
リソースの平準化や、コスト削減といった効果をもたらすクラウド環境だが、情報システム部門にとっては、従来の物理環境に比べて、仕事の負担は増える一方。クラウド環境の導入を成功させるには、管理負荷の軽減に取り組むことが必須である。それを実現するソリューションについて、「監視」「資産管理」「セキュリティ」「自動化」という4つの視点から考えてみた。(2011/4/11)

ホワイトペーパー:
ストレージクラウドの鍵を握るサービスマネジメントの重要性
クラウドコンピューティング時代にストレージはどうあるべきか、またあるべき姿を実現するためのサービスマネジメントの重要性について動画で解説する(提供:日本アイ・ビー・エム)。(2011/4/6)

IBM Pulse 2011 Report:
南北戦争当時の水道管をスマート化――米国首都の水道事情にサービスマネジメントの真髄を見た
Pulse 2011を通じて実行力にこだわりを見せるIBM。複数のユーザー企業が「サービスマネジメントの実装を主導できるのはビジネス視点を有した部門」と証言する。イノベーションの主役たるサービスマネジメントはどのような革新をビジネスにもたらしたのだろうか?(2011/3/3)

IBM Pulse 2011 Report:
「実行されない戦略は妄想である」――サービスマネジメントが“Execution”を問う
サービスマネジメントを主題にしたIBMの年次カンファレンス「Pulse」も4回目を数え、ゼネラルセッションのテーマはコンセプトから「実行力」へと移りつつある。無定見なオープン化を「愚かなこと」とし、ワークロードの統合を訴えるIBMの真意はどこに?(2011/3/2)

IT部門主導でビジネス機会の創出を:
PR:可視化・管理・自動化を通じたITサービスマネジメントの確立が企業価値を高める
ビジネスのグローバル化が進み、急増する海外からの市場参入によって競争が激化するなか、企業においては、どのようなIT投資を行うべきなのだろうか。また、ビジネスに貢献するために、IT部門はどう進むべきなのだろうか。日本IBMの久納氏は「ビジネスに貢献するIT部門を確立するには、ITサービスマネジメントとそれを実現するソリューションが必要だ」と説く。(2011/3/1)

HP Software Universe 2010 Report:
ランタイム サービスモデルはCloud-Readyを加速するか?
HPはそのプライベートカンファレンスにおいて、サービスマネジメントツールの新版を発表。既存IT環境の“Cloud-Ready”化を図るとした。日本における“対JP1”戦略についても聞いた。(2010/6/18)

IBMのクラウドCTOに聞いた:
IBM Cloudの国内提供は2010年末――Tivoliのサービスマネジメントが礎に
IBMでクラウド担当CTOを務めるクリストフ・クロークナー博士が来日。“IBM Cloud”の国内提供を2010年末と表明し、特に開発業務の大半はクラウド上で行われることになるだろうと述べた。(2010/5/19)

IBM Pulse Japan 2010 Preview:
PR:クラウド時代のサービスマネジメント――その未来が示される
日本IBMは5月18日に実施を予定する「Pulse Japan 2010」で、クラウド、そしてサービスマネジメントの活用について、企業が進むべき方向性を示すようだ。(2010/4/5)

IBM Pulse 2010 Report:
「もし転職しても、Tivoliに頼る」――ピッツバーグ大学医療センターの証言
「ISM(統合されたサービスマネジメント)なんて言ったって、そううまくは行かないんじゃないの?」――このような聴衆内の“懐疑派”に対しIBMが提示したのは、企業や行政、そして医療機関による各種証言である。(2010/2/25)

ホワイトペーパー:
【調査報告書】ITサービスマネジメントをビジネス部門で生かす
ITIL発祥の地、英国では「ITIL」をコールセンターなどのビジネス部門でも活用する企業が増えている。IT部門に注目されるITサービスマネジメントをより幅広い視点で活用するヒントが得られるレポート(提供:マクニカネットワークス)。(2010/2/19)

CloudBurst V1.2もお披露目:
CIOはクラウドに「責任ある効率化」を求める――IBM Pulse Japan
IBMのカンファレンス「IBM Pulse Japan 2009 Autumn」が、11月5日に開催。基調講演では、市場で注目を集めるクラウドに対しサービスマネジメントの観点から展望が述べられるとともに「CloudBurst V1.2」もお披露目された。(2009/11/5)

Pulse Japan 2009 Autumn:
PR:「クラウド時代のサービスマネジメント」――その鼓動を聞け
企業IT基盤の新たな選択肢として注目されるクラウドコンピューティング。この秋に開催されるPulse Japan 2009 Autumnでは、その確立に必要な製品とサービスをはじめ、実行環境や運用手法、そして事例が一堂に会し、紹介されるという。(2009/10/1)

NEWS
日本CA、無駄のない“リーンIT”実現のためのサービスマネジメント製品群を発表
日本CAが、従来のITサービスマネジメント製品群を6つの製品に統合した「CA Service Management」を発表。これら製品により、無駄を削ぎ落としたITサービス、すなわち「リーンIT」が可能になるという。(2009/5/26)

ITSMでコスト削減を
ITサービスマネジメントの助けを借りて不況を乗り切るには
景気後退の中にあっても、プロセスとワークフローを整理してコスト削減と顧客サービス向上を図るというITSMの利点は活用できる。(2009/3/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。