連載
» 2019年07月25日 08時00分 公開

ディルバート(614):予測から利益を生むには

収益予測の見通しに基づいた戦略を立てるべく奮闘するディルバートに、ボスが授けたアドバイスとは? なんだか悪代官の高笑いが聞こえてきそうな……

[スコット・アダムス,ITmedia]

ボクの収益予測が、我が社の戦略に連動していないんですよ


変数を加えてみろ


どんな変数ですか?


収益予測が戦略に連動するような変数だ


でも……そうするとボクの予測は正確さを欠きます


すでに正確さを欠く。5年後の複雑なものを予測できる奴なんておらんからな


どうせ正確に予測できないならば、直近でわれわれにとって都合が良い間違いの方がいいだろうが


悪を肯定する驚くほど説得力のある反論を展開しますね

朝飯前さ!


  


 あくどい反論を唱えさせれば右に出るものはいないボス。なんか納得してしまうところが実に邪悪ですねぇ。

 “barely”は低い程度や可能性を表す副詞ですが、「かろうじて」と訳されるように、「ギリギリ最低限の状態でも成功する」という肯定的な意味で使われる方が多い語です。例えば、“He barely passed the exam.”(彼はかろうじて試験に合格した)とか、“We barely made the last train.”(かろうじて最終列車に間に合った)のように使います。

 “I was barely trying.”とは、「最低限しか努力していない」というボスの嫌みだったので、ここでは「朝飯前」と訳しました。「絶対量が少ないこと」を表す似たような言葉に“hardly”がありますが、こちらは、「なんとかできる」という意味の“barely”とは異なり、「ほとんど……ない」と訳される通り、否定的な使い方が多い語です。例えば、“I can barely hear you.”は「かろうじて聞こえる」ですが、“I can hardly hear you.”は「ほとんど聞こえない」となります。

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


photo 職場のバトルファイターたち! 「ディルバート」連載一覧はこちらから

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -