ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  8

  • 関連の記事

「特集 ついにやってくるギガビット無線LAN「802.11ac」」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ワタシはどのモデル/構成を選べば幸せ?:
自宅Wi-Fiを高速な「802.11ac」にしましょう──事例別「802.11acホームルータ」導入ガイド(前編)
“より高速・快適”になる無線LANの最新規格「802.11ac」対応機器がいよいよ普及しはじめてきた。今回は仕様/導入シーン別に802.11acルータのラインアップを拡充するNECのAtermシリーズを例に、「自宅ではどんなルータを、どんな構成で選ぶとよいか」を考察しよう。(2014/3/14)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
WiMAX 2+の「Try WiMAX」と、通信サービスの「2年長期契約」に思うこと
2014年1月〜2014年2月初旬のモバイル通信&ルータ事情で注目したい項目をピックアップ。モバイラー好みの機能と特長を多く備えたクアッドバンドLTE対応ルータの登場、2年契約と“お試し”について紹介する。(2014/2/20)

LTE/WiMAX 2+で高速化、長時間、高機能化……:
2013年にグッときたポータブルWi-Fiルータ“ベスト3”
2013年に発売されたモバイルWi-Fiルータの「ベスト3」を紹介しつつ、この1年間のポータブルルータ事情を振り返る。(2013/12/30)

第4世代Core+11acの実力は?──「LaVie L(LL850/MS)」パフォーマンスチェック
NECの新LaVie Lは、話題の第4世代Core iシリーズに、新規格の802.11ac対応無線LAN、タッチパネル搭載のフルHD IPS液晶ディスプレイと、トレンド機能満載のA4ノートPCに一新された。その実力はどうか、早速検証していこう。(2013/6/3)

最大1300Mbps対応:
アイ・オー、802.11acルータの上位機種「WN-AC1600DGR」など2モデル
アイ・オー・データ機器が802.11ac対応ルータの上位モデルを追加。WN-AC1600DGRは最大1300Mbps通信に対応、さらにUSBデバイスサーバなどのネットワーク連携機能も備える。価格は1万5700円前後。(2013/5/22)

2013年PC夏モデル:
高機能AVノートが新世代CPUに進化、11acにも対応──「LaVie L」
15.6型サイズの高性能AVノートPV「LaVie L」は、デザインチェンジ+インテルの新世代CPUを採用し、フルモデルチェンジ。タッチ+フルHDのIPS液晶ディスプレイ、802.11ac対応無線LANなどハイクラス志向な機能も実装する。【更新】(2013/5/14)

特集「ついにやってくるギガビット無線LAN」:
第3回 802.11acは実際にどれだけ速いか──バッファロー「WZR-1750DHP」パフォーマンスチェック
無線LANの新規格「802.11ac」は、実際にどれだけ高速になるのか。第1弾として、理論値最大1300Mbpsのスペックを持つバッファロー「WZR-1750DHP」の機能と実通信速度をじっくりチェックする。(2013/5/10)

次世代の無線LANはどう進化する?:
近未来の無線LAN、802.11ad+acを含むトライバンド対応へ──11acクライアントは2013年夏〜末には拡充
Wi-Fi Allianceが“ギガビットクラス”に達したWi-Fi技術に関する現状を説明。普及が期待される高速な新世代無線LAN規格のロードマップや現状を示した。802.11acは6月に認定プログラムを開始、2014年予定「11ad」対応機器は60GHz+5GHz+2.4GHz帯のトライバンド対応となるようだ。(2013/4/15)

特集「ついにやってくるギガビット無線LAN」:
第2回 「802.11ac」の特に優れたポイント──「電波干渉対策」
国内でも販売されるようになった次世代無線LAN規格「IEEE802.11ac」。これまでのWi-Fiとは何が違うか、なぜ高速か、どこにメリットがあるか。第2回めはこれまでの2.4GHz帯Wi-Fiで問題になりがちだった“干渉問題”の対策、そして第2世代にはどんな機能が備わるかを解説する。(2013/4/3)

特集「ついにやってくるギガビット無線LAN」:
第1回 「IEEE802.11ac」とは何か
無線で100Mbpsを超えた802.11nドラフト対応製品が市場に登場してから約6年、ついにギガビットを超える無線LAN規格「IEEE802.11ac」対応製品の登場が間近に迫った。家庭向けとしては有線接続を超える──仕様となる802.11ac、まずはどんな特長があるか、これまでと何が違うかを解説しよう。(2013/3/29)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。