ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「DIGNO R 202K」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「DIGNO R 202K」に関する情報が集まったページです。

「Disney Mobile on SoftBank DM015K」一言レビューまとめ
(2014/7/1)

「DIGNO R 202K」一言レビューまとめ
(2014/7/1)

ITmediaスタッフが選ぶ、2013年の“注目端末&トピック”(編集部平賀編):
“恵体”電話化するスマホ 2014年はコンパクトモデルに期待
2013年もAndroidスマホの大型化が止まらず、ラインアップのほとんどが5インチ以上のディスプレイを搭載する端末になってしまった。2014年は4インチクラスの、それもハイエンドなモデルの台頭に期待したい。(2014/1/7)

最新スマートフォン徹底比較(2013年夏モデル編):
ベンチマークスコアの高い機種は?――Quadrant、AnTuTu、Basemark X、Browsermarkでテスト
スマートフォンの性能を図るうえで、ベンチマークアプリのスコアも1つの判断材料になる。今回はAndroidスマホ23機種で、「Quadrant Professional Edition」「AnTuTu Benchmark」「Basemark X」「Browsermark」のスコアを比較した。また、電源を入れた後の起動速度も比べた。(2013/10/9)

ソフトバンク、「ARROWS A 101F」「DIGNO R 202K」の不具合を改善するアップデート
ソフトバンクは、富士通製「ARROWS A 101F」と、京セラ製「DIGNO R 202K」の不具合を改善するソフトウェア更新を開始した。101Fには、ソフトウェアを自動更新する機能を追加する。(2013/10/8)

最新スマートフォン徹底比較(2013年夏モデル編):
バッテリーが持つ機種は?――Androidスマホ23機種でYouTube/待受テスト+AQUOS PHONE比較も
スマートフォンで特に気になる性能がバッテリーの持ちだが、実際にどれだけ持つかはスペックからは分からない。そこで、Androidスマートフォン23機種でYouTube連続再生時間と24時間放置後のバッテリー残量を調べた。また、AQUOS PHONE 3機種で“ディスプレイ”に着目したテストも行った。(2013/10/8)

最新スマートフォン徹底比較(2013年夏モデル編):
第6回 内蔵ストレージとメモリ容量が大きな機種は?
最新スマートフォンを横並びで比較するコーナーの第6回では、夏モデルを中心に内蔵ストレージやメモリ容量のスペック値とをまとめた。(2013/8/30)

最新スマートフォン徹底比較(2013年夏モデル編):
第5回 持ちやすい/片手で操作しやすいスマートフォンは?――23機種を採点
スマートフォンは毎日使うものだからこそ、持ちやすさも重要だ。今回は23機種の丸さ、細さ、薄さ、軽さ、片手での操作性を採点した。あわせて、ディスプレイ下のキーや、片手操作に配慮したUIについても調べた。(2013/8/30)

最新スマートフォン徹底比較(2013年夏モデル編):
第4回 大容量バッテリー搭載、Micro USB端子が防水キャップレスのモデルは?
スマートフォンを使う上で気になるのがバッテリー。夏モデルを横並びで比較するコーナーの第4回では、バッテリー容量、連続待受時間、卓上ホルダ対応・同梱の有無、バッテリーパック交換の有無などを調べた。(2013/8/29)

最新スマートフォン徹底比較(2013年夏モデル編):
第3回 ディスプレイ、基本スペック、通信サービスをチェック――Android 23機種
2013年夏モデルを含む23機種を横並びで比較するコーナーの第3回では、ディスプレイ、基本スペック、通信サービスについてまとめた。大きくて高精細なディスプレイを備えていて、機能が充実しているモデルは?(2013/8/28)

開発陣に聞く「DIGNO DUAL 2 WX10K」:
“通話料を下げたい”に応えるPHS+4G対応モデル――だれスマ第1弾「DIGNO DUAL 2」はこう作られた
京セラの「DIGNO DUAL 2 WX10K」は、スマートフォンとして初めて4G通信とPHS通話の両方に対応した“デュアル”モデルだ。その開発背景や4G対応で苦労した点について京セラに聞いた。(2013/8/15)

最新スマートフォン徹底比較(2013年夏モデル編):
第2回 Android 23機種のプロセッサーまとめ――「Snapdragon」は何種類?
夏モデルが搭載するスマートフォンのプロセッサーは、すべてがQualcomm製で、同社の存在感が高まっていることが、あらためて浮き彫りになった。今回はどのスマートフォンにどのプロセッサーに採用されているのかをまとめた。(2013/8/15)

最新スマートフォン徹底比較(2013年夏モデル編):
第1回 小型で軽い機種は? Androidスマホ23機種を比較
2013年夏モデルとして発表されたスマートフォンは、4キャリア合わせて計21機種。これにドコモの2機種を加えた23機種を横並びでレビューしていく。第1回ではサイズと重さについて比較した。(2013/8/13)

開発陣に聞く「DIGNO R 202K」:
世界一をもう一度 京セラが“世界最軽量スマホ”に挑戦した理由
ソフトバンクが発売した「DIGNO R 202K」は、重さ94グラムと世界で一番軽いスマートフォンだ。開発した京セラに、軽量化の狙いとどのように世界最軽量を実現したのかを聞いた。(2013/8/9)

「DIGNO R 202K」の“ここ”が知りたい:
第3回 ベンチマークスコアはどれくらい? どんな省電力機能がある?
スマホ初心者向けの工夫がこらされた京セラ製の「DIGNO R 202K」だが、ベンチマークスコアはどれくらいなのだろうか。また、豊富な省電力機能や、京セラ独自の「すぐごえ」「すぐ文字」機能も紹介しよう。(2013/8/1)

「DIGNO R 202K」の“ここ”が知りたい:
第2回 UIの使い勝手は? エントリーホームって何?
ハイエンドモデルのスマートフォンが続々と登場する中、スペックを抑えてスリムさと軽さを実現した「DIGNO R 202K」。今回はケータイユーザーでも親しみやすい「エントリーホーム」など、UIの使い勝手を紹介しよう。(2013/7/31)

「DIGNO R 202K」の“ここ”が知りたい:
第1回 DIGNO Rの持ちやすさはどう? バッテリーは交換できる?
ソフトバンクが2013年夏モデルとして投入した「DIGNO R」は、幅60ミリで重さ約94グラムと“世界最軽量”ボディの防水/防塵スマホだ。“ここ”知り第1回では、その持ちやすさやサイズ感などハード面をチェックする。(2013/7/30)

14種類の選べるケースも:
好みのディズニーキャラでカスタマイズできる4G対応スマホ「DM015K」、8月2日発売
ソフトバンク版ディズニー・モバイルの新機種として、京セラ製スマートフォン「DM015K」が8月2日に発売する。14種類から選べるキャラクターケースとライブ壁紙を用意した。(2013/7/26)

「AQUOS PHONE Xx 206SH」の“ここ”が知りたい:
第1回 203SHから何が変わった? 同梱品は?――「AQUOS PHONE Xx 206SH」
ソフトバンクの「AQUOS PHONE Xx 206SH」で注目したポイントをレビューしていくコーナーを開始。第1回では203SHとの違い、持ちやすさ、SIMの形状、同梱品などを調べた。(2013/7/8)

SoftBank SELECTIONから「DIGNO R 202K」専用ケースや保護フィルムが発売
ソフトバンクBBは、京セラ製スマートフォン「DIGNO R SoftBank 202K」向けアクセサリーを本体と同時に7月5日に発売する。(2013/7/4)

防水・防塵対応:
ソフトバンク、世界最軽量スマホ「DIGNO R 202K」を7月5日に発売
ソフトバンクは京セラ製の「DIGNO R 202K」を7月5日に発売する。重さは94グラムで防水スマホとして世界最軽量。SoftBank 4Gやおサイフ、ワンセグにも対応する。(2013/7/3)

写真で解説する「URBANO L01」
幅広いユーザー層を意識したデザインと使いやすさを合わせ持つ京セラの「URBANO」。スマートソニックレシーバーや物理キーの採用、オプションでの「おくだけ充電」対応など、ほかのau夏モデルとはひと味違うモデルだ。(2013/6/19)

石野純也のMobile Eye(5月27日〜6月7日):
au通信障害の原因は?/使いやすさと軽さで勝負する京セラ/日本語化も進む「Firefox OS」
5月27日から6月7日の2週間で特に大きなニュースだったのはKDDIの通信障害。なぜ相次いで障害が発生したのか。その原因を聞いた。このほか、夏モデルの説明会を開催した京セラのスマートフォン戦略と、ワイヤレスジャパンで披露されたFirefox OSも解説する。(2013/6/7)

エレコム、2013年夏モデル対応スマートフォン/タブレットアクセサリ15種を発売
2013年夏モデルのスマートフォン/タブレット向けアクセサリがエレコムから登場。シェルカバーやアルミパネル、液晶保護フィルムなど15アイテムを追加する。(2013/6/5)

石野純也のMobile Eye(5月13日〜24日):
auの“厳選”夏モデルとエリア誤表記の関係/Google I/Oから垣間見えたメッセージ
5月20日にKDDIが新製品を発表したことで、夏商戦向けのモデルがすべて出そろった。iPhone 5の4G LTEエリアの実人口カバー率の誤記について、消費者庁から措置命令が出たことも話題を集めた。これら2つに加え、開発者向けイベント「Google I/O」について取り上げる。(2013/5/24)

世界最軽量であ〜る:
写真で解説する「DIGNO R 202K」
幅60ミリのボディに4.3インチのHD液晶を搭載した“世界最軽量”の防水・防塵スマホ「DIGNO R 202K」。スマートソニックレシーバーや進化した省エネ機能など、高い実用性が特徴だ。(2013/5/22)

Mobile Weekly Top10:
スマホでもフルセグが見られる時代
大画面・高解像度化が進むスマートフォン。確かにワンセグでは画質的に厳しい面がありました。(2013/5/13)

石野純也のMobile Eye(4月30日〜5月10日):
ソフトバンク夏モデルと“最強のネットワーク”の中味/au LTEエリア化の今後
連休の狭間を挟んだ今回は、4月30日にKDDIとソフトバンクが決算会見を開催し、5月7日にはソフトバンクモバイルが夏商戦向けの機種他サービスを発表した。今回はソフトバンクの新機種やau決算会見で挙がったトピックを解説したい。(2013/5/11)

製品担当者に聞いた、ソフトバンク2013年度夏モデル“一言アピール”
ソフトバンクモバイルがラインアップした2013年夏モデルは、スマートフォン6機種、キッズ用端末2機種、モバイルWi-Fiルーター1機種。発表会の会場にて、各製品担当者に2013年夏モデルを一言でアピールしてもらった。(2013/5/8)

「つながりやすさナンバーワン」を目指す:
孫社長が語る、スマホ時代に求める“世界最強”ネットワークの条件
「世界で最も高速でつながりやすいネットワークがソフトバンクのシナジーである」とソフトバンクの孫社長。「Wi-fi」「小セル化」「ダブルLTE」を3本柱に、同社が誇る"世界最強"のネットワークについて語った。(2013/5/8)

2013年夏モデルに対応したアクセサリ17アイテム、SoftBank SELECTIONから登場
ソフトバンクBBが展開する「SoftBank SELECTION」ブランドから、ソフトバンクモバイルの2013年夏モデル5機種用のアイテム17製品が順次発売される。(2013/5/7)

「世界最強のネットワークにつながるスマホ」 ソフトバンク夏モデルにフルセグ対応機 機種数は絞り込み
ソフトバンク夏モデルはフルセグ対応機やシニア向けスマホなどを投入したが、機種数は絞り込んだ展開に。孫社長はネットワーク品質の高さを訴え、Sprint買収に向けたアピールも。(2013/5/7)

どれを選ぶか迷っちゃう:
14種類のキャラクターケースとライブ壁紙を楽しめる──「Disney Mobile on SoftBank DM015K」
ソフトバンク版ディズニー・モバイルの新機種は、コンパクトな「DIGNO R 202K」をベースにしており、多彩なキャラクターケースを組み合わせて楽しめる。(2013/5/7)

5インチフルHD、フルセグ、Android 4.2搭載――ソフトバンクモバイルが2013年夏モデルを発表
ソフトバンクモバイルが、2013年夏モデルを発表した。スマートフォン6機種とモバイルWi-Fiルーター1機種などをラインアップする。スマートフォン3機種はAndroid 4.2を搭載し、うち2機種は5インチフルHD液晶や「フルセグ」といった高いスペックが特長だ。(2013/5/7)

SoftBank 4G対応:
防水スマホで世界最軽量 重さ94グラムの片手で使いやすいコンパクトモデル――「DIGNO R 202K」
ソフトバンクで初の“DIGNO”ブランドスマホが登場。片手で使いやすいスリムなボディに、通話音声が聞きやすくなる「スマートソニックレシーバー」を搭載した。(2013/5/7)

仕事で使える魔法のLAMP(15):
ライブラリが足りなくてビルドできないときは?
前回、Apache HTTP Serverをビルドしてみたところ、ライブラリが足りないために失敗しました。このようなときに打つ手を紹介します(編集部)(2011/7/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。